« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

Iori Mochizuki: You can ignore the truth but the truth won’t ignore you.

我が頭領はシリア攻撃でUSA支持のフライイングをやったそうですが、わが国は(そしてUSAも)シリアなんかにかかわっている場合じゃないって事がどうしてわからないのでしょうかねえ。福島第一原発はすぐに尾瀬みたいになってしまいそうです。しかも木道から転落すると被曝してしまう地獄の木道ですよ。

A0030_000001

8月28日東電発表によると、汚染地下水が地下10cmまで迫っているそうです。下記の記事で赤丸で囲ってある図の部分に注意してください。

http://fukushima-diary.com/2013/08/groundwater-reached-10cm-to-the-surface-of-the-ground-on-the-seaside-of-reactor2-tepco-no-details-are-verified/?utm_source=feedly

これが地面まで出てくると(もう出てきているかもしれません)、木道敷かなければ歩けなくなりますし、そんなところで作業ができるでしょうか? それは常識的には不可能でしょう。

どうするの!!!!!!

どうも東電は規制委員会の指示で、注水量を減らすというギャンブルに出るらしいです。日本の未来を賭ける、当たっても1銭ももうからない壮大な負のギャンブル。寒い・・・。

いずれにしても東電と政府が死に物狂いでやらないと、福島第一原発は放射能を無限に放出する巨大温泉沼になってしまうでしょう。そうなると冗談のように語られていた(いや受け止められていた)全人類、そして巻き添えを食った哀れな生き物たちのゆるやかな壊滅が現実味を帯びてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

JPOP名曲徒然草128: 「ひこうき雲」 by Bebe

A0002_011237


映画「風立ちぬ」でリバイバルした荒井由実作詞・作曲の「ひこうき雲」。もちろんユーミンの歌もいいのですが、この Bebe の歌唱は格別の印象を受けました。声が美しい上に、この曲にぴったりはまってると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=bNt115ADMlM


http://www.youtube.com/watch?v=pgbDgMdsXEg

ハナミズキ
http://www.youtube.com/watch?v=kBzUOkw77Bs

エール
http://www.youtube.com/watch?v=k1lZOt8eMBA

I dreamed a dream (in English)
http://www.youtube.com/watch?v=YVTFkxJcJRI

残酷な天使のテーゼ
http://www.youtube.com/watch?v=DIwXuVBfnck

愛をこめて花束を
http://www.youtube.com/watch?v=Swo7sh790Ko

ライヴ
http://www.youtube.com/watch?v=10a1yPHS9Ns

HP http://www.bebe-b.com/
BLOG http://ameblo.jp/be-be-vo/

同じ人かと思っていたら別人でした↓

Imgcc
ジャケットはキャバクラ風なのですが、中身は全然違っていて大変静かな雰囲気の音楽です。ベートーヴェンやラフマニノフの曲をアレンジして歌ったものもあります。まだ現役盤ですが、すぐになくなりそう。

Sweet Vox 試聴:
http://www.amazon.co.jp/Sweet-Vox-bebe/dp/B000BDJ3K4

HGCR-7002 Universal Music

こちらもとても素晴らしい音楽!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

最近驚いたこと

2chというのは、いわば電子井戸端会議です。井戸端会議には企業や国は関与出来ませんが、電子井戸端会議はいろんなところから干渉されるようです。2chの記事は誰でも見られますが、ディープにかかわるには2chビューワーを購入しなければなりません。その購入記録が漏洩したので騒ぎになっています。

なんと多くの会社や官庁が、自社や公的なメールアドレスからこのビューワーを購入していたことが判明したのです。つまり会社の経理などを通っているということで、これは驚きです。各社や官庁が担当者を置いて、職務として電子井戸端会議に干渉し、世論誘導・洗脳や都合の悪いスレッドの破壊工作を行っていた可能性が高いと思われます。

関与したのは多くの大企業や官庁ですが、特に外務省や米国海兵隊がかかわっていたというのは問題があるのではないでしょうか?

ソース:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1377453411/

メルアドをグーグルなどにコピペ検索すれば、どの企業・官庁かわかります。これは氷山の一角だと思われます。というのは発覚したらすぐバレバレの上記のようなケースはむしろ少なくて、情報機関や、スレッドのコントロールを業務にしている会社などは、そんな脇の甘いことをやるはずもありませんから。

原発関連のサイトなどときどき見ますが、明らかに無関係なこと、閲読者に嫌悪感を感じさせるようなことなどを連続的に書き込んで、なるべくそのサイトから人を遠ざけようとする工作をする者が跳梁跋扈しています。逆にそういう連中が多数出没するサイトには、彼らにとって不都合な真実が書き込まれているとも言えるでしょう。

ニートの雑談ボードと思い込まされていた(洗脳の成果?)2chが、実は一流企業・官庁・軍、そしておそらく各国政府情報機関やウェブ監視企業などの戦場だったわけで、唖然とするしかありません。それにしてもアドレスなどの漏洩が発覚してから、一気に工作員が撤収してきれいなサイトになったようです。まあ一時的なものだと思いますが。

それにしてもよくわからないのは、同一人物が15枚ものクレジットカードを使ってビューワーを購入しているという不思議。私には全くわからないようなからくりが、たかが2chビューワーという世界にも存在するのですね。コワイコワイ。・・・かと思えば、某女性議員は4枚のクレジットカードで購入しているそうですが、そのカードがすべてマネーロンダリングで有名な海外の銀行とか。何やってるんでしょうね、この人は。

(チベット自治区氏↓)

一般人の書き込みを大量規制しといて
2chビューワーを買ったやつだけが書き込める。

その2chビューワーを大量買ってた奴がマスコミや大企業って
言うんだからひどい話。

だからやけに原発動かせ動かせって書きまくる
人数のほうが多かったのかと納得。

まるでテレビのヤラセインタビューみたいな
汚い手法使ってくる。

ネットの総会屋みたいなもんだ。
ヤクザだよ。ヤクザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第2節: アドリアーノ会心の一発でマラガに勝利

Braugranaミッドウィークにはスーペルコパでアトレチコとの激戦でした。アトレチコは一昔前のバレンシアのようなクリンチサッカーを繰り広げ、こういうチームとはレフェリーがゆるいとバルサにとっては非常に厳しい戦いになります。なんとか1:1で切り抜けたのはラッキーかもしれません。また今週のミッドウィークにカンプノウで対戦します。

そして今度はアンダルシアのマラガまで遠征し、ラ・ロサレダでマラガとの対戦。バルサはFW:ペドロ・セスク・サンチェス、MF:イニエスタ・チャビ・ソング、DF:アルバ・マスチェラーノ・ピケ・アドリアーノ、GK:バルデス。メッシは足に問題がありますが、ブスケツ・ダニ・ネイマールを休ませたのは選手のやりくりを意識してのことで、タタの現実的な対応は歓迎出来ます。とはいえチャビとCBの二人が出ずっぱりなのはやはり問題です。

マラガはFW:ファブリス・サンタクルス・パヴロウスキ、MF:ダルデール・ティッソーネ・カマーチョ、DF:アントゥネス・アンヘレリ・セルヒオ=サンチェス・ガメス、GK:カバジェロ。実際にはサンタクルスのワントップで451で、堅守からカウンターをめざします。

こういう作戦のチームにはなれているので、バルサとしては歓迎しますが、メッシとネイマールという決め手を欠いているので、なかなか困難な試合です。18分にアドリアーノからのクロスにセスクが頭を合わせますがGKがキャッチ。27分イニエスタがDF二人を抜いてシュートしますがGK正面。ピケも期を見てゴール前に出てヘディングしますが、得点は出来ません。

前半終了間際になって、右サイドに進出したサンチェスから左後方にもどした球を、アドリアーノが受けてまさかのミドル。これが超低空のバナナシュートでゴールに突き刺さりました。今シーズンが終わる頃にはシュート・ベストテンにカウントされるのではないでしょうか。

後半にはダニやネイマールを出して追加点を狙いましたが、結局得点はアドリアーノの一発のみ。バルデスの活躍や、GK不在のゴールにファブリスがシュートをしくじるなどで、なんとか勝利しました。しかし攻撃要員5人のコンビネーションがまだまだズレていて、あまり感心しない試合でした。

http://www.youtube.com/watch?v=fQ3OYVYYlGg
http://www.youtube.com/watch?v=bpwmclGXeGg
http://www.youtube.com/watch?v=ZpySWIAng1M
http://www.youtube.com/watch?v=tDzGm-ihPIA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

都響 チャイコフスキー 作曲家の肖像@東京芸術劇場2013年8月24日

Imgaaa土曜日の東京は異常に暑く感じました。特に池袋は暑かったのでしょうか? 東武デパートの地下ではローストビーフの特売に30人くらい並んでいました。私は買い物はそこそこに芸術劇場へ。芸術劇場では相変わらず冷房代わりの巨大扇風機が回っていました。

チャイコフスキー作曲家の肖像ですが、チケットはほぼ完売だそうで大盛況でした。コンマスは山本さん。サブはマキロンです。山本さんはスタイリッシュな方で、団員が全員席に着いてからおもむろに登場して、拍手→礼→音合わせ という儀式をきちんとすませます。指揮者はリュウ・シャオチャという台湾の方で、非常に独特なスタイル。例えればまるでピエロのような感じの動きです。よく言えば曲想を全身で表現ということになるでしょうか。個人的にはこういうのはちょっと?で、前回のオリカイネンのようなスタイルが好きですが・・・。

前半のバイオリン協奏曲のソリストはコリア・ブラッハー。多数のCDを出版している方ではないようで、特に国内盤はバッハのバイオリン協奏曲集しかみつかりませんでした。しかしベルリンフィルのコンマスまでつとめた方だけあって演奏はすごいものがありました。特に第二楽章の仄暗い雰囲気には、すっかりはまりましたね。こういう感じの演奏には初めて接しました。都響も特にクラリネットは渋い演奏で、うまくこの演奏の雰囲気をサポートしていました。ただブラッハーさん、指揮者に接近しすぎじゃないでしょうか? アンコールはバッハの無伴奏パルティータ第3番からガヴォットでした。最近アンコールはバッハが多いような気がします。

後半のオーケストラスーツ第3番は大熱演で、都響もノリノリでしたが、曲はいまいちでした。チャイコフスキーらしい美しい曲で、部分的には聴き所がたくさんあるのですが、さっぱりまとまりがなくて散漫な感じです。バレエ音楽だとあれだけすごい音楽が書けるチャイコフスキーが、どうしてこうなってしまうのか謎です。まあ最後だけは盛り上がりましたが。

こんな曲です
http://www.youtube.com/watch?v=5QDz-LP8rkk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

汚染水が液体であることがいけないのなら

1g で 300ml の水を固体に出来るポリマーを売っているのですが(簡易トイレ用)、これで汚染水タンクの水を固めてしまえないのでしょうか?

こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

何もやる気がなくなる現状

福島第一原発の現状を考えると、がっかりして何もやる気がなくなってきました。現場で頑張っている方々がいることを考えると、そんなことではいけないと思うのですが・・・。

東電は少なくとも数十兆ベクレルのストロンチウムとセシウムの放射性同位元素を海に流しても(レベル3とか言ってるけど、本当はもっと大量に漏れていてレベル4か5なのでしょう)、人ごとみたいに話しています。レベル3だったとしても、政府首脳ときたらゴルフやっていたり、集団自衛権とかTPPとか、担当大臣に至っては何考えているのかわからないとか、日本という国はもはやまともな国ではありませんね。

タンクは同じ構造のものがたくさんあるので、毎週次々と漏れが発見された日にはどうなるのでしょうか? さらに漏れじゃなくて、一気にドーッと出てきたらどうなるのでしょうか? 放射線でシールドなどは劣化が進んでいると思われるのであり得るでことしょう。

福島第一原発の排水システムは【緊急事態】、高放射能汚染された水は2万トン以上
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_22.html

新たな汚染水漏れか 別のタンク周辺で高い放射線量 8月22日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2006836.html

BBC news
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-23768782
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-23776345

小海キリスト教会牧師所感
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20130822/p2

また福島第一原発で仕事をなさっているハッピーさんのつぶやきです↓。
絶対無理な被曝をしないよう、気をつけてお仕事を進めて欲しいと思います。

それにしても東電解体と言っている人の発信をつぶさないということは、東電はもうあきらめましたね。ハッピーさんの発言を利用して、政府に事故の後始末をやらせようという意図があるのでしょう。まあそうするにしても、東電は会社整理をしないとダメですが。それに東電はマスコミ・評論家・芸能人・学者・当時の野党などを使って政権転覆を謀った疑いもあるので、この点は事故の後始末とは別に追求する必要があります。

----------------------
引用開始

事故当初から「東電解体と1F収束作業は国家事業で」って、つぶやいてたんだけど、オイラのつぶやきじゃ変わるはずもなくて…(トホホ…)。最近は1Fは東電任せじゃダメだって沢山の意見も出て来たし、体制が変わる可能性も出て来たから、良い方向に転換するといいんだけどね。

政府が、今まで頑として事業者対応、責任を崩さなかったのは、やっぱり裏で官僚や経済界、銀行主体で糸引いてたと思うんだ。でも、もう限界で、このままだったら経済的に他への影響の方を心配して、手の平を返すように東電に見切りをつける動きが出てくるんじゃないのかなぁ…。

今回のトラブルがレベル3評価となると、少なからず色んな事に影響が出てくるだろうし、変わる可能性があると思うんだ。(そう思うのはオイラだけかなぁ…)とにかく1F収束作業を営利目的、コスト重視の事業者に任せて今までやってきた大きなしっぺ返しが来たんだ。

安倍首相も秋の国会戦略ばかり根回ししてないで、国会前にもっと真剣に1F収束作業の対応と組織体制の改革をやらなきゃでし。このままだと国会で、自らの戦略を実行する前に、10日間の夏休み中に起きたトラブルの責任問題を追求されるかもしれないですよ。

H4エリアは、今日も沢山の作業員が炎天下の中でエリアの除染をやってたよ。タンクの日陰になる場所と直射日光浴びる場所とでは全く体感温度が違うんだ。まだまだ明日以降も対応作業は続くだろうし絶対に無理しないで、体調に気を付けながら頑張って欲しいでし。

何か、今日のタンクパトロールでH3エリアにある二つのタンク低部フランジ付近で
線量の高い場所が見つかったみたい。70mSv/hと100mSv/hだったみたい。
ん~(>_<)

H4エリアの漏れたタンクは昨日の夜にタンクの水抜きは完了したみたい。そうなると次は漏えい箇所探しの調査なんだけど、もしかしたら結構時間かかるかも…って思うんだ。調査は、まずタンク側面のフランジつなぎ部分を外部から線量測定やスミア法で探すみたい。

これで発見出来れば、時間はかからないんだけど、問題は外部側面で発見出来なかった場合なんだ。その場合はタンク内の底部を調査するんだけど、タンク内は汚染水を抜いたから、かなりの線量なはずなんだよね。オイラの経験だとたぶんβγで500~1000mSv/h以上あると思うんだ。

オイラの知ってる範囲で、今まで一番高かった汚染水はβγで2300mSv/h。これは簡単にすぐタンク内に入って調査なんか出来ない線量レベルなんだ。だから除染しなきゃならないんだけど、その除染するのに除染工法も考えなきゃならないし、工法によっては時間がかかると思うんだ。

たぶんマスコミや世間の人は、水抜き後すぐに漏えい箇所調査が終わると思って結果を急ぐだろうけど、タンク内底部だと現場は大変なんだ。あとタンク内底部の板もボルト締めなんだけど、確かボルト締めて組立後に塗装とライニング処理してるから漏えい箇所見つけるのも困難な作業になると思うよ。

それに夏の炎天下でタンク内の全面カッパでの作業だと、サウナの中でフル装備みたいな状態だから作業員にとっては地獄の調査なんだ。だからオイラはタンク内からの漏えいだとしたら、すぐに結果出ないかもって思うんだよね。

もしタンク内底部からの漏えいで、他の同型350基タンクも対策ってなったら一気にやるには作業員は足りないだろうし、被ばくも沢山するし、時間も相当かかると思うよ。350基もタンク内の汚染水を空に出来るほど予備タンクもないし、現状だと1個か2個づつ位しか対策出来ないだろうし。

いずれにしても、タンクの問題は耐用年数含め今後どうリプレースしていくの?とか、将来に渡っての耐震対策は?タンクに移送している配管、パッキン交換、メンテナンスは?とか、いっぱいリスク要因はあるんだけど、具体的な計画も対策方法も全然決まってないんだよね。

このままだと、この先も新たな汚染水処理問題が次から次と続くだろうし、現場が大変な状況になるのは間違いないと思うでし。今までの東電には「転ばぬ先の杖」って考えはなくて、「転んだら細い杖買ってやるから」って姿勢だからね。姿勢…変わってくれるといいな。

あっ!もう一個つぶやくでし、そういえば昨日(21日)の会見で、H4エリア近くの排水溝内で確認された6mSv/hって、前日(20日)の夕方から雨が降った後の線量なんだよね。でも東電は排水溝で有意な汚染データが出たから「海への流出は否定出来ない」って態度が変わったのかもしれないでし。

本当はもっと高い線量だったかもなんだ。排水溝の行き先は、港湾内じゃなくて南側の海に直接流れてるんでし。オイラは一年以上前に、この海へと続く排水溝は塞がなきゃってつぶやいたんだけど、ずっと使ってるんだよね。だから今までの構内に落ちてた汚染も雨降る度に流されてたんだと思うよ。

今まで調べてるのかわかんないけど出口付近の海底土を採取して調べたら、今までの汚染が蓄積してるのかどうなのか、わかるんだけどね。東電の海洋サンプリングは上水だけの採取だから絶対に汚染なんて出てこないだろうしなぁ。構内に、直接海に流れる排水溝は他にもまだあるし…

あっ!また思い出したけど、今日タンクパトロールで二カ所の高線量が見つかったH3エリアって、同型のフランジタイプタンクの地下水バイパス用タンク9基がある同じエリアだったでし。

イチローさんは4000本打つのに8000回以上悔しい思いをしたらしい。オイラは二年半で200回以上悔しく残念な思いをしてる。でも、イチローさんと同じように、これからも引退するまでコツコツやるしかないでし(^O^)

引用終わり
----------------------

砂浜に流出跡
http://www.youtube.com/watch?v=96fF2luBt7U&feature=youtu.be&t=35s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

タカネマンテマ? その後

タカネマンテマ?について栽培記を以前にアップしました。

http://morph.way-nifty.com/grey/2013/06/post-b458.html

その後、写真撮影などしながら観察してきましたが、まだ種の同定ができていません。マンテマ関係のウェブサイトは結構たくさんあって、調べればわかるだろうと思っていましたが、甘かったようです。花の形でもわかればいいのですが、なにしろ下の写真の矢印のような感じなのです。朝早くみてもこんな感じなので困りました。カラフトマンテマや千島マンテマとはどうも違うようです。

Aaaa

そうこうしているうちに、すっかり枯れてしまって、この植物が1年草であることがわかりました。

Bbbb


しかし、右の種受けに置いていた鉢に芽が出てきました。さてこれはどうなることやら。

Cccc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第1節 バルサ、レバンテにプレイをさせず完勝

Braugranaバルサ緒戦は相手がレバンテで恵まれました。しかもカンプノウ。負けるわけにはいきません。しかしスタメンを見て衝撃を受けました。FW:ペドロ・メッシ・サンチェス、MF:セスク・チャビ・ブスケツ、DF:アドリアーノ・マスチェラーノ・ピケ・ダニ、GK:バルデス。イニエスタとアルバが出ていません。これはミッドウィークのスーペル・コパを見据えての温存作戦なのか? そうだとするとタタもしたたかです。ネイマールの名前がないのは、まだ体調が万全にはもどっていないからでしょう。毎年のことですが、バルサの敵はマドリーでもマンUでもバイエルンでもなく、超過密なスケジュールです。

レバンテはFW:バラル・エルザール、MF:ガルシア・ピント・マテ・シュナトラ、DF:ファンフラン・ナバーロ・ロダス・ロペス、GK:ナバス。前から厳しくプレスをかけてきますが、バルサとしてはそう苦労しないでパスを回せます。

(1点目 3分)早速3分チャビがきれいなスルーパスをセスクに出して、セスクはゴール前でフリーのサンチェスにパス。サンチェスはゴールに流し込むだけでした。

(2点目 12分)セスクがポストとなってメッシにつなぎ、メッシはペドロとワンツー。これがきれいに決まってメッシのゴール。

(3点目 24分)メッシがDFにプレスをかけて球を強奪。ダニがメッシからパスを受けてセスクに、セスクはゴールを横切るパスを出そうとしたところ、GKがさわってダニの前に。ダニがたなぼたゴール。

(4点目 26分)メッシから左を抜け出すペドロにスルーパス。これがきれいに決まってペドロがゴール。

(5点目 40分)アドリアーノが左から抜け出すところ、エリア内で後ろから足を踏まれて(スローでみると意図的)PK。メッシが左隅にきれいにきめてゴール。

(6点目 45分)右に進出したダニからチャビに。チャビがセスクとワンツーで抜け出し、浮き球をなんとかインサイドでさわってゴール。

これで前半終了。というか事実上試合終了。後半にはレバンテDFがFKをGKにもどす球がミスキックで短かすぎて、軽くセスクが奪い、最後はチャビにパスしてゴール(7点目)。7点取りましたが、守備も選手のコンディション万全で完璧。レバンテにほとんどチャンスを与えませんでした。後半はネイマールのお披露目もすませて、バルサとしては理想的な試合でした。

http://www.youtube.com/watch?v=aUtyZy2RfxU
http://www.youtube.com/watch?v=JCmqYYJcGvA
http://www.youtube.com/watch?v=Dx6Gt_By8yw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

沢田聖子ライヴ@2013柏WUU 浴衣 de Live

Cpsawada今日は沢田聖子(さわだしょうこ)さんのライヴ@柏WUUにいってきました。私の今夏最大のイベント。何しろここ10年くらいはPOPSのコンサート・ライヴはみーちゃんとクマッキーしか行ってませんし、沢田聖子は30年以上前から知っていますが、ライヴははじめてです。待っている間に「いろいろ野菜焼き」を頼んだのですが、これが美味でした。どうしてただの野菜がこんなに美味でいただけるのでしょうか?

2daysの2日目だったのですが満員の盛況でした。芸能人はお盆に仕事をすべしというのが私の持論。今日は浴衣ライヴということで、聖子ちゃん&バンドメンバーはみなさん浴衣/甚平です。私が普段聴いている曲は1曲もなかったのですが、なんと3時間近くの熱唱。こんなにお茶目で若々しくパワフルな方とは不覚にも存じませんでした。ギター弾いたり、ピアノ(スタインウェイ)弾いたり、ハンドマイク持ったりと大熱演でした。声は若い頃とちっとも変わりません。

アンコールになって、突然前の3分の1くらいのおじさん達が白い鉢巻きをしめたのには驚きました。そして「聖子 聖子」の大合唱。はるか昔のアイドル親衛隊そのものです。見てはいけないものをみてしまったという感じでした。こういう追っかけ軍団を率いて全国ツァーをするのは、ある意味大変だなあと思いました。でもそれで成り立っているのか・・・。

8月28日にクラウン時代の全アルバム・全シングル+αを収録するボックスが出版されるそうです。聖子ちゃんはみーちゃん・クマッキーのような天才とは思えないのですが、コツコツと努力して自分らしい作品をつくり、さらに性格の素晴らしさでファンを集めてここまでやってきたのでしょう。これからもますますのご活躍を祈っています。写真は現地物販で購入したフォルダー。

本日のライヴで演奏された曲目の一部を YouTube から

遠い日の夏休み
http://www.youtube.com/watch?v=SiMfSMlL7WI

風と少年
http://www.youtube.com/watch?v=UvkpZCItQM8
http://www.youtube.com/watch?v=6NFy6QzgA4o

ミモザの下で
http://www.youtube.com/watch?v=y5NT4qzEpQI

ポニーテール
http://www.youtube.com/watch?v=0K9Z2ixGO8o

ナンクルナイサ
http://www.youtube.com/watch?v=pqTufbx0zrY

月見草
http://www.youtube.com/watch?v=SFF0SDav5zU

渚でアプローチ
http://www.youtube.com/watch?v=Uyw5loAfgm4
http://www.youtube.com/watch?v=4Lx5_0Li-7c&list=PLD18D58078C1F93F7

シオン
http://www.youtube.com/watch?v=dmMSgFGnOC0

若き日の映像
http://www.youtube.com/watch?v=QVWjSEnfKSA

ライヴ
http://www.youtube.com/watch?v=IUI2DH1PRCM

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/shoko-sawada/

オフィシャルサイト
http://sawadashoko.boo.jp/

私の過去記事 JPOP名曲徒然草1です
http://morph.way-nifty.com/grey/2009/04/by-ab74.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

2013/2014 リーガ開幕 今シーズンのバルサは?

Braugrana17日・18日のリーガ開幕をひかえて準備万端のバルサ・・・と言いたいところですが、ついにCBの補強は間に合わなかったようです。手術明けのプヨールはやっとグラウンドでの練習を再開したばかりで、開幕からの出場は無理でしょう。元のパフォーマンスを取り戻せるのかも疑問です。結局ピケとマスチェラーノのCBでやっていくしかありません。これでどちらかが故障でもしようものならどうなってしまうのでしょうか? バルトラを使ったときはリーガの下位チームとの対戦でも危ない感じです。

バルサの場合ほどんどのメンバーが代表戦に出るので、今年いっぱいはびっしり週2回のスケジュールです。8日で3試合があるときとか、代表戦開けすぐの場合などは非常に厳しい試合になりそうです。ジョナタン・ドスサントス、セルジ・ロベルト、マルティン・モントヤ、マルク・バルトラあたりが、先シーズンより一皮むけたと思わせるくらいの活躍をしないと、12月頃には主力にバテが来て1月末までにはリーガで5~6敗しているかもしれません。

心配なのはCBだけではありません。メッシ・セスク・ダニ(SBですが、重要な攻撃要員)の3人が足に不安を抱えたままの開幕で、攻撃陣にも暗雲が漂っています。まあそれでもFWは新加入のネイマール(扁桃腺の手術をして体重が減ったそうですが、現在は回復して大丈夫とのことです)、若手のホープ・テージョ、絶好調のサンチェスがいるのでなんとかなるでしょう。そうそうペドロも忘れちゃいけません。

実はCBと同じくらい心配なのが中盤。中盤はチャビ・イニエスタがいれば安泰という時代は終わりました。チアゴがバイエルンに移籍したので、みんなが疲労する12月頃にはクエンカが復帰して戦列に加わってくれることを願いたいですね。チャビ・イニエスタを週2回づつスタメンで出すと、1ヶ月もたたないうちにバルサは崩壊します。セスクがどのくらいやれるかがキーポイントです。セルジとジョナタンは今シーズンはまだテスト段階。国王杯などに出て馴れていかなければ、大事な試合では使えないでしょう。ボランチはただただブスケツの無事を祈るのみですが、ブスケツを温存できそうな試合では、もう少しソングを使ってほしいと思います。先シーズンは出場機会が少なかったので、なかなか好調のときにプレーできなかったのではないでしょうか。潜在力はあると思います。

一番大丈夫そうなのが4人メンバーがいるSBですが、鉄人ダニも寄る年波のせいか故障がちになってきたので、モントヤがどれだけできるかですね。それでも一人長期故障者が出ると一気にピンチになるので、CBの補強ができたらバルトラをコンバートして欲しいですね。無理ならドスサントス。

バルサもマドリーも監督・選手が替わって、両者とも今シーズンは大きく変貌を遂げなければならない年です。今シーズンもこのブログはアニモ!バルサ!です。幸いにしてリーガ開幕節はWOWOW無料放映だそうで、初めての方も是非!

http://www.wowow.co.jp/sports/liga/

Himno de F.C Barcelona
http://www.youtube.com/watch?v=nQrdZJnCqk4
http://www.youtube.com/watch?v=7fQS7aB3fMQ

私的日本語イムノ

1.

声を あげよう

われら ブラウグラナ

地の涯からも 集いし友よ

掲げる旗のもと 拳(こぶし)を合わせよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

2.

嬉しい日 悲しい日

どんなときも

心ひとつに 合わせし友よ

掲げる旗のもと 勝利を信じよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

サラとミーナ123: サラとカセットデッキ

もう20年以上使用しているカセットデッキ、ソニー TC-K500R。どうしてまだそんなものを使っているかと問われれば、それでしか聴けないミュージックテープがあるからです。例えば写真の左に見える「イマージュ」西島三重子。デッキの調子はなかなか好調。一度も修理に出したことはありません。

Aaaa

Bbbb聴いているとサラがやってきて不思議そうに見ています。テープがぐるぐる回っているのと、レベルメータが伸びたりちじんだりするのが珍しいのでしょう。私は最近サラは音楽を楽しむことが出来るのではないかと思っています。まだ確証はありません。

「イマージュ」は1982年発売。今でもLPが販売されているとは思いませんでした。ジャケットもウェブサイトでみることができます。ミュージックテープも多分同時に発売されたと思います。30年以上経ちますが、問題なく再生出来るのはうれしいことです。

http://www.cdandlp.com/item/2/0-2101-0-1-0/2959321817/---.html

http://www.fanfan1.com/products/detail/564650

SIDE1:

午前0時のシンデレラ
http://www.youtube.com/watch?v=JB2o0YjTBsk
http://www.youtube.com/watch?v=JB1s0KWshio

私に賭けなよ

ドゴール・パーク
http://www.youtube.com/watch?v=gHg3WZm2YqY

火曜日にベルギーで
http://www.youtube.com/watch?v=xY0bkvb_NOo
http://www.youtube.com/watch?v=D80cYSpI8ZU

Self-portrait

SIDE2:


猫好きのみーちゃんにしては、猫に批判的な歌詞。これは相棒の作詞家門谷憲二氏が犬派だからでしょうか?

SIESTA(真昼の夢)
http://www.youtube.com/watch?v=_bpCEfU3WIA

サウスポー・ベースマン
http://www.youtube.com/watch?v=Gzio5rUhoyw

Attention please

Jealousy
http://www.youtube.com/watch?v=SLQLN7yGY0s
http://www.youtube.com/watch?v=2jbw34rfLKs

-----
SONY TC-K500R
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/tc-k500r.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

真夏の方程式

Imgccc牧の原のシネコンに行ってきました。見たのは「真夏の方程式」。1日に1回しか上映してなくて、お客さんも十数人でしたが、予想を上回る良い映画でした。西伊豆の温泉街と海の美しい風景の中でおこった事件を、例によって湯川学と岸谷美砂が切れ味鋭く解決していきます。

しかしTV番組のようなギャグは一切なくシリアスな展開。福山雅治は素でDJなどやっているときよりも、俳優やってるときが圧倒的に輝いています。科学者としての凜とした姿勢とともに嫌みな雰囲気が実にはまっていて、彼にとって湯川は当たり役。さすがに東野圭吾だけあって、ストーリーもきっちりまとまっていて、突っ込みたくなるところもありません。

「大人の事情を子供はどう受け止めたら良いのか」というテーマが全体の底流になっています。山崎光君の名演がこの映画には絶対に必要で、彼はきっちり難しい役割を果たしていました。銃撃戦・カーチェイス・軽いジョーク・ノンストップの展開などハリウッド的なものを一切廃したにもかかわらず、西谷監督の力でしょうか、最後まで飽きずにもっていかれました。それにすべてのカットがそれぞれ美しいのには感動しました。

最後に風吹ジュンはやっぱりすごい女優だと思いました。この映画の中で一番難しい役だと思いますが、わざとらしさが一切感じられない名演技。杏はさすがにモデルとしての矜持でしょうか、実に美しい日焼けでした。最後の海に潜るシーンはドッキリ。ただなんとなくNHK向きのキャラかなとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

JPOP名曲徒然草127: 「街が泣いてた」 by 伊丹哲也とサイドバイサイド

Imgbbb「街が泣いてた」作詞・作曲 伊丹哲也、編曲:サイドバイサイドは伊丹哲也とサイドバイサイドのファーストシングル(1980年出版)ですが、アルバム「TETSUYA ITAMI」(PCCA-00763 ポニーキャニオン)に収録されています。第19回ポプコングランプリ曲です。

このアルバム、アマゾンをみると1万2千円もするのでびっくり。伊丹さんはまだまだ現役で、もう30年以上もやっています。洋子SIDE BY SIDE 2012なども昔の曲ですが、現在なりになかなか良い感じです。

永年にわたって多くの歌手に曲提供やプロデュース業もやっておられるようです。チャゲ&飛鳥が有名なようですが、このブログでも、JPOP名曲徒然草4:「よそゆきの Smilin' Face」 by 石川優子 は彼の提供曲です。素晴らしい作品だと思います。
http://morph.way-nifty.com/grey/2009/05/fly-awayby-68e4.html

街が泣いてた
https://www.youtube.com/watch?v=XaUPfdJ2Bi4
https://www.youtube.com/watch?v=a3azCllaFVs
https://www.youtube.com/watch?v=M2GcbC740r4
https://www.youtube.com/watch?v=r7yQCjVfBhE

http://www.youtube.com/watch?v=anlVjC1r35M
http://www.youtube.com/watch?v=a3azCllaFVs
http://www.youtube.com/watch?v=M2GcbC740r4
http://www.youtube.com/watch?v=kwbYeh02MTQ
http://www.youtube.com/watch?v=EbTGZqkjaE4

洋子SIDE BY SIDE 2012
http://www.youtube.com/watch?v=31MhBivMqBg

午前0時のWedding Bell
http://www.youtube.com/watch?v=yX7yxdcqZl4

空っぽのグラス
http://www.youtube.com/watch?v=laE9J4X-l8g

ダウンタウン白書
http://www.youtube.com/watch?v=jZ32H5fXiZM

汚れなき天使のブルース
http://www.youtube.com/watch?v=vYbCw9cHp4Q

シャララ
http://www.youtube.com/watch?v=aGyEVxPMWig

靴磨きの唄
http://www.youtube.com/watch?v=XJER_q3kBXE

空をごらんよ 伊丹哲也2012.8弾き語り   
http://www.youtube.com/watch?v=guTA-91q3HE

素晴らしい人生 伊丹哲也2012.8弾き語り
http://www.youtube.com/watch?v=lLQBCDh6lOU

おいしいもの 伊丹哲也2012.8弾き語り
http://www.youtube.com/watch?v=gXC7TNsGL78

オフィシャルサイト:http://home.p02.itscom.net/fighting/2013.t.i.html

オフィシャルブログ:http://oyadama2012.blog.fc2.com/

オフィシャル動画サイト:http://www.youtube.com/user/fightingrecords
-------------
伊丹哲也に大きな影響を与えたと思われるトム・ウェイツ。伊丹哲也も2012年の弾き語りなどみていると、良い味が出てきたのではないでしょうか。

Jersey Girl - Tom Waits
http://www.youtube.com/watch?v=j-ROB8kI_fw
http://www.youtube.com/watch?v=AayN7lwNyRM

Walzing Matilda - Tom Waits
http://www.youtube.com/watch?v=XrkThaBWa5c

ブログサイト「恋する小鳥」に歌詞(訳あり)があります。
http://savannasahra.blog19.fc2.com/blog-entry-1611.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

サラとミーナ122: 記録的な酷暑

記録的な酷暑です。今朝のリビングは34.4℃でした。1時間くらいエアコンきかせて32℃くらい。それでも涼しく感じます。猫たちはエアコンの効いている部屋に移動かというと、そうでもなくて、ミーナはほとんどの時間、昼も夜も私のベッドの上で過ごします。夏バテ気味ですね。それに比べてミーナは活動的ですが、いつもいるタワーの最上階を避けて、廊下やカーテンの陰で過ごすことが多いようです。ときどきミーナのいるベッドも訪問します。

Aa

Bb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

福島第一原発: 堀割を作るしかないのでは?

海側にフェンスをつくれば、どんどん南北に汚染水が広がるという当たり前のことがおきているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130810-00000108-san-soci

結局山側に深い堀割を作って、堀割の山側だけに排水口をつくり、流入する水を原発の北と南から海にポンプで排水するしかないのでは? こんな事態になることはわかりきっているのに、どうしてこれまで有効な対策を打ってこなかったのか? 東電のバカさ加減にはあきれます。

汚染水の方はもうタンカーに積むしかないでしょう。巨大タンカーの接岸は危険かもしれませんが、沖に泊めて運ぶ方策を考えて欲しい。

ともかく一刻も早く、事故対策は規制委員会・原子力規制庁主導でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

食糧自給率

日本の2012年度の食糧自給率は39%となることが、農水省から発表されました。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/food_self_support/?id=6087178

これでは2009年度の40%からむしろ後退しており、2020年度に50%達成などという計画は夢のまた夢です。計画をたてればいいってものじゃないでしょう。これから放射能汚染により国内で食べられるものは減っていきます。ましてやTPPに参加すればさらにがっくり落ち込むことは確実で、日本の食料安全保障は危機的な状況に陥ります。日本政府は狂っているとしか思えません。

食料自給率(カロリーベース)

            1961年  2009年

日本       78%  40%
米国      119% 130%
フランス  99%  121%
ドイツ     67%   93%
イギリス  42%  65%
イタリア  90%  59%

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0310.html

上の表を見ると、イタリアをのぞき欧米諸国はここ50年ほどで自給率を増やしてきました。この中には同じ戦敗国であるドイツも含まれています。米国を除く各国は広大な土地を持っているわけではありません。集約的な農業をやっているわけでもありません。にもかかわらず、自給率が増えたのは政策によるものと思われます。日本も政策の大転換を計るべきで、もちろんTPP参加などあり得ません。減反などもってのほかで、米でパンをつくってでも自給率を増やすべきでしょう。

ドイツでは飛躍的に自給率が増えていますが、別に株式会社による農業を導入したわけではなく、家族経営が中心と言うことで、日本でよく言われる株式会社の参入というのとは別のやり方でも自給率上昇は不可能ではないことが証明されています。

会社員による農業というのはあまり好ましいとは思えません。冬は遊んでいてもよくて、あるいは別の仕事をして、夏は休みなしという会社員はめずらしいでしょう。9時5時というわけにもいかないでしょうし。結局会社は外国企業で、働き手は派遣の非常勤社員ということになりそうです。それに例えば日本海の漁業は会社主導で行われたため、もう資源が枯渇しそうだというのに、会社が赤字を出すわけにはいかないので根こそぎとりまくったため、本当に枯渇してしまって魚がいない状況を招いてしまいました。農業も会社でやれば、大量の農薬をまいてでも、モンサントの種を導入してでも、利益拡大につきすすみ、いきつくところまでいかないと歯止めがきかないという事態になりそうです。

http://www.jc-so-ken.or.jp/pdf/agri/research_report/izumi/eu15.pdf

いま政府がやるべき事は、戦争を回避するための外交を除けば重要な順に

1.福島第一原発事故の後始末をきちんとやる。
2.食糧自給率が10年後には60%くらいになるよう計画を立てて、断固実行する。
3.原発にかわるエネルギーを供給するための計画をたてて、ただちに着手する。

この三つが出来るめどが立たないと、次には進めないでしょう。

http://contents.kids.yahoo.co.jp/shokuiku/agriculture/worldfood3/01.html

最近「肉食の勧め」をテレビでやっているのを見ましたが、これはダメですね。特に牛肉はダメです。

肉1kgを生産するのに要する穀物量:
http://166.119.78.61/j/study/syoku_mirai/pdf/data2-1.pdf (7ページ)

牛肉 11kg、豚肉 7kg、鶏肉 4kg、鶏卵 3kg

牛肉を食べるためには、大量の穀物を消費することが必要になります。そのこと自体が世界の飢餓を促進することになります。いっそのこと牛肉・豚肉の消費を減らすべく、日本人は国内でも育てやすい鶏や、プールで飼育する魚を食べるべく誘導するという政策をやってはどうでしょうか。まあそこまでいかなくても、日本人に牛豚肉を主菜として食べるよう仕向けるCMやテレビ番組は、米国やオーストラリアの肉を日本人に食べさせるようしむけるという意図を持って流されていると警戒するべきでしょう。実際若い人の食生活はまんまとその意図にはまってきているわけで、ここまで食生活の変換を進めてきた、あるいは放置してきた政府の責任は重いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

なぜか阪神タイガース爆勝@東京ドーム2013年8月4日

Photo今年3回目の野球観戦。東京ドームに出かけました。今日は夏休み中の上に、藤浪vs菅野の新人対決で、チケット完売で立ち席も含めてすごい人です。藤浪はなかなかダイナミックなピッチングフォームで、新人の割には結構度胸もあり、阪神タイガースとしては来年のエースとして期待のピッチャーです。

Aa

打線では鳥谷・マートンが塁を埋めたあと、この新井さんの活躍がカギです。

Bb

今日も外野応援席に、プラカードを持つタイガース応援シスターズ「わらし」がみえます。彼女たちは埼玉在住の一般小学生(中学生?)だそうで、平日の関東のゲームはもちろん、休日の甲子園にもしばしば出没するとのことで、タイガースファンなら誰でも知っている応援席のエースです。はだしで応援しています。

Cc

試合は藤浪の好投でタイガースの圧勝。今年の私たちのツキはすごくて、3戦全勝です。スコアボードの向かって左側の一等地に「財宝」という見馴れないボードがありますが、この会社は、3.11以降水道水が放射性物質で汚染されたときに、関東に全力で売り込みをかけた鹿児島のミネラルウォータメーカーです。うちにもセールスにやってきました。

Dd

例によって打ち上げはデニーズで。いやはやピーチメルバが格別でした。

http://www.youtube.com/watch?v=sFdvcSn2PqA
http://www.youtube.com/watch?v=Z4juAksS5GM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

原発汚染水処理問題についてのハッピーさんのつぶやき

重要なつぶやきだと思うので貼っておきます。

ソース: https://twitter.com/Happy11311

-----------

今日は東電の考えてた崩れてしまった汚染水処理のシナリオについて、オイラの勝手な見解でつぶやくでし。汚染水処理の問題は冷却を始めた事故当初から懸念されてた。だけど一気に一般世間に不安が広がったのは、近隣各国や各関係方面に伝える前に汚染水を放出してしまった件からなんだよね。

あの時も今回の件と同じように現場と本店、東電広報、政府のコミュニケーションが悪くて、あんな結果になってしまったんだ。現場は今にも汚染水溢れてしまいそうで緊迫してて、すぐに海に流したかったけど結構待たされたんだ。

ようやく本店から放出許可出て現場は海に放出したんだけど、結果的には放出タイミングのフライングで各方面から物凄い非難をあびてしまった。オイラは、この時から現在まで海洋放出や流出の話は東電内でも安易に口に出す事が出来なくなっちゃって、タブー視されちゃった感じがするんだ。

いま現在も、トラブル対策に時間がかかり稼働の遅れてる多核種除去装置(アルプス)の計画や基本設計は2011年の夏から秋にかけて出来上がってた。アルプスを作るきっかけになったのも、地下水が建屋内に流入してるのがわかって、どんどん増えて行く汚染水の対策だったんだ。

地下水が建屋に流入して汚染水が増えてるってわかったのは、応急対策の循環冷却ラインが突貫工事でやっと出来上がって回し始めて、一週間か二週間位経ってからだったかなぁ…。タービン地下に溜まった汚染水を汲み上げて移送するんだけどタービン地下の水位ちっともが下がらなかった。

本来ならば注入量より多く汲み上げれば水位が下がるはずなんだけど、むしろ上がってきてたんだ。「なんか変だぞって」って事で検討した結果が地下水流入だった。東電は建屋は壊れてないと思い込んでたから、地下水が建屋に流入してるって見解に達するまで時間がかかったんだよね。

そこで、このままだと汚染水はどんどん増えてしまうって事でアルプスの計画が持ち上がったんだ。アルプスが出来上がり、稼働するまで(当初予定は2012年9月目標)の間は、毎日400t増える汚染水を貯めるタンクを造って対応する事にしたんだ。

遮水壁の話もちょうど、この時期だったかなぁ…。遮水壁は、馬渕議員が陸側も提案したんだけど、東電は陸側遮水壁を造るには他の工事との干渉も大きいしコストもかかる、また埋設物の調査にも時間がかかるという理由から東電は陸側は却下して作業干渉がない海側だけを選択したんだ。

東電は、アルプスが稼働して高濃度の汚染水を処理するようになったら、陸側の遮水壁は無駄なコストになってしまうと考えてたんだと思う。まさかアルプス稼働がこんなに遅れると思ってなかったはずなんだ。この時期から陸側遮水壁を造ってれば、もう少し違った現状だったかもしれない。

オイラが考える東電シナリオが崩れた最大の要因はアルプスだと思うんだ。当時の東電は、アルプス稼働日を基準にして常に汚染水タンクの計画と工事発注をしてた。アルプスが稼働すると汚染水タンクは沢山造っても余って無駄になるからね。

だからアルプス稼働が遅れる度に、次の稼働予定日までの分まで汚染水タンクの増設発注が出て、現場は急いでタンクと配管を布設してたんだ。あと東電はアルプスが稼働した処理水はトリチウムが除去出来ないのは計画段階からわかってた。

でも、世間が騒ぐほど東電にとってトリチウムはさほど大きな問題と思ってなくて、希釈して告知濃度未満にすれば海に流す計画だった。通常の原発でも普通に流してるからね。もし東電がトリチウム放出を気にしてたら、アルプス稼働後の処理水タンクが最初からもっとあったはずだしね。

最初のアルプス処理水の貯留はタンクじゃなくて、あの漏れた地下貯水槽だからね。1日1200t処理するはのに、地下貯水槽は処理水を一時的に貯めるだけの計画だったから数も少ないし、スペックも山の汚染瓦礫保管用の仕様にちょっと手を加えて造ったんだ。

タンクじゃなく地下貯水槽にする事によって電線の下のデッドスペースだった敷地も有効に使えるし、コストも安かったんだと思う。2012年9月のアルプス稼働に向けて、現場は突貫工事で頑張り、なんとか形は出来上がったんだけど、ここからシナリオがどんどん崩れていくんだ。

アルプス稼働準備は間に合ったんだけど、タイミングが悪かった。ちょうどその時期、保安院から規制委員会に変わるタイミングだった。それまで東電は保安院と認可手続きを進めてたんだけど、規制委員会に替わる事になり、これまでの手続きは白紙に戻され…、継続ではなく、新たに最初から規制委員会に認可手続きを行わなければならなくなったんだ。ようやく始まった規制委員会の審査もスンナリとはいかず色んなコメントが付き、キャスク改造や建屋建設を余儀なくやる事になってしまい、アルプス稼働は更に半年以上遅れる結果となってしまった。

この半年以上のアルプス稼働の遅れは、東電にとっては大打撃だった。シナリオが根本から崩れてしまったからね。そこで東電は、日々増えて行く汚染水の対策を新たに打たなければならなくなり、シナリオを書き換えたんだ。最初の書き換えは濃縮汚染水のタンク増設。

ところが、そのシナリオはすぐに崩れてしまう。タンク増設だけで対応出来ると思ってたんだけど、数ヶ月後のシュミレーションでタンク増設エリアの地盤改良や増設工事が予想以上に時間がかかり、このままだと対応出来ないという結果が出てきた。

またまたシナリオを替えるんだけど、その対策で浮かび上がったのが地下水バイパス。タンクが間に合わないなら増える汚染水の原因である地下水を汚染水になる前に汲み上げ少しでも減らす考えだね。これも現場は突貫工事でやらなくちゃならなくなり、地下水バイパス工事が休みなく始まったんだ。

この時期の東電は、とにかく一刻も早く地下水バイパスをやる為に色々な事を考えてたと思う。漁業関係者や自治体はじめ、水面下での根回しは必死にやってたはずだし、現場も元々汚染水貯留用で増設したタンクの内の9基を地下水バイパス用に切り替えた。その為にタンクの改造もやったしね。

現場は必死に頑張って、なんとか工期内に完了し地下水バイパスのサンプリング試験も始まった。ところが、悪夢というか、行き当たりばったりは許さないぞというお告げか、再びシナリオは崩れてしまう。この時は流石に、オイラもだけど突貫工事で頑張った作業員はガッカリしたと思う。福島漁連トップにも地下水バイパスの必要性を納得してもらい、致し方ないと言うことで、なんとか地下水バイパスの話は事前承諾を得、サンプリング結果を持って漁業関係者に説明してる最中に地下貯水槽の漏えいが起きてしまった。汲み上げる地下水の上流での汚染水漏えい。

地下貯水槽はトリチウムだけが残存するアルプス処理水を入れる予定だった。しかしタンク増設が思うように進まず、地下水バイパス貯留に汚染水タンクを9基持っていかれ、否応なく地下貯水槽に汚染水を貯めるほかなかったんだ。このトラブルにより、稼働直前まで現場工事も関連部署との調整も進んだ地下水バイパスの話は白紙に戻され、未だに目処が立たない。これまで、行き当たりばったりではありながら、なんとか打つ手はあったけど、この時点で現場は遂にお手上げ状態となってしまった。

なぜ東電のお手上げ状態がわかるのかと言うと、このトラブルの後に汚染水対策本部が作られた。その本部長が東電トップの社長だからなんだ。社長自らが乗り出す事自体がいかに今の東電が切羽詰まった状態かが見て取れるんだよね

これ以降は、最近の出来事だから多くの人が内容知ってると思うけど、オイラがもう一つ気になるのはサブドレンピットの工事が進んでないこと。サブドレンピットに入った瓦礫撤去はやってるはずだし、当初の予定では6月位から工事が始まるはずだったと思うんだ。ところが未だに工事は始まらないし、稼働は来年度って噂もある。遅れてる理由は何なんだろって気になるんだよね。確かにサブドレンピットから汲み上げた汚染水を貯めるタンクが無いっていう理由もあるけど、それだけの理由じゃないのかもしれないって最近思うんだ。

水ガラスの遮水壁で海側を固めたら地下水の水位は上がるし、当然汲み上げないと今みたいな状況になるってわかってたはずでサブドレンからの汲み上げも必要なはずなのに…。先日もつぶやいたけど、今すぐ再度、色んなパターンのシュミレーションを考察して検討、対策工事しなきゃって思うんだ。将棋ならば、考察時間の持ち時間なんか、とっくになくなって、いつ投了してもおかしくないところまで来てしまってる状況だし…。先日の参院選挙の時、自民党総裁は国主導で責任を持って全力で収束作業に取り組むって言ってたけど、具体的になにもしてないし…。

たとえ無駄な工事になったとしても、全てのシュミレーションパターンに於いて、今すぐに対策しないとって…。東電はいつも、調査する場所を検討し調査し、しっかり把握し、調査内容を考察し、対策内容を検討し、対策工事って流れだけど、今回はそんな時間ないはずなんだよね。

この前もつぶやいたけど、東電が収束作業にかける予算だって案件毎に目を光らせチェックされ、コストカットでかなり圧縮されてる。本当に無駄な部分のカットなら仕方ないけど品質面や人件費はじめ、リスクが低いだけの理由でカットするのは間違いだと思うんだ。オイラは先日発表された東電の4500億円以上の経費削減の中身が凄く知りたいんだけどね。東電が1F収束作業を含めて、単年毎の収支決算をしている間は今のコストカット状況はずっと続くし、収束作業に悪い影響がでるのは間違いないと思うよ。

東電も最初は、収束作業や賠償金など含めた試算を5兆円と見積もったけど、すでに10兆円。その額は、きっとまだまだ増えると思う。国も東電もちょこちょこ小出しにしないで一気に50兆円位予算を組んで欲しいんだけど…。このままの事業者である東電主体じゃ限界が来るよ。やっぱり1日でも早く、1F収束作業は東電から切り離し、国主体で「1F収束作業で少しでもリスクのあるものには予算をかけてでも最高の対策をしろ」ってならないとダメだと思う。東電責任問題もあるけど、今の東電体質じゃ収束は無理だし現場はそんな余裕のある状況じゃないしね。

この二年半を振り返ると収束作業は最初が肝心で、もっと予算をかけ様々な対策機器やシステムを品質を落とさず造るべきだったと思うんだ。一万円の最新のゲームが今欲しいのに千円づつちょこちょこお小遣い貰って買えるのは同じ一万円でも、すぐ壊れてしまう中古ゲームが10個並ぶだけだもん。

もう一つ振り返って見えるのは、1F収束作業が進む中で色んな影響を受ける政治家、官僚、自治体、多くの企業、様々な機関、様々な団体、マスコミ、そして原子力ムラの人達の思惑。みんな自分達にとって、都合の悪い情報や事実には決して正面から見ずに、目をそらそうとする。一度の原発事故の影響はあらゆる方面に計り知れないくらい損害を生み、また関連を含め多くの被害者が生まれる。その収束作業の過程で事実に真っ向から向き合わない様々な思惑が飛び交う現実が今の日本には沢山あるんだよね。このままの日本でいいのかなぁ…?

色々つぶやき過ぎて話がかなり逸れちゃったけど、汚染水処理の東電シナリオが崩れてしまった最大の要因はアルプス稼働が遅れたために、そのあと色んな問題が次々と出てきちゃって、汚染水問題がどんどん大きくなってしまったんだって言いたかったんだ。まぁオイラの見解は、現場作業の経験と想像で勝手につぶやいてしまったから真実はわからないけどね。でもいつか、何故いまのような1F収束現場状況になってしまったのか?何がそうさせてしまったのか?オイラは真実を知りたい。まだまだ長い収束作業で、また同じように繰り返さない為にもね。

1F収束作業はオイラが死んだ後も何十年と続くでし。今なら仕切り直しも出来るはず。いや、いま仕切り直さなければ、この先どうなるかわからない。予算、工程、環境、作業員確保、技術者養成、将来起こり得る作業員の健康障害、補償問題などなど、今考えなきゃならない懸案は山ほどあるでし。でも今は、アルプス稼働はまだまだ先になるし、規制委員会指示の海側ピットから汲み上げなきゃならない汚染水の行き場も決まってないし、切迫した現場状況を一日でも早く何とかしないとでし。つぶやき始めて今までで一番長いつぶやきになってしまった、指が痛い(>_<)でわでわ。よい休日を。

-------------

現場作業員のハッピーさん 長いつぶやき有り難うございます。おかげさまで状況がある程度理解出来ました。このままだと詰みますね。安倍総理の破格のがんばりに期待します。あと大量のトリチウム放出に鈍感な東電には猛反省してもらわないと困ります。ハッピーさんは、ひょっとして潜入ジャーナリストですか? 文章にソツがないですね。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE97406420130805

8月6日記: 上記のお話は8月6日の緊急ヒアリングで東電担当者がほぼ真実であると認めました。

重大なニュース

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

淺川凌氏の本

Imgxx福島第一原発事故については、東電や学者の意見だけではなく、現場の方の意見を聞いてみたいと思っていました。淺川凌というこの本の著者は、プロフィールを見ると具体的な経歴が隠されているので、ペンネームではないでしょうか。人物が特定されることを恐れているものと思われます。原子力マフィアはかなり怖いところのようです。原発の定期点検を請け負う会社の社員で、点検作業の現場監督をやっていたようです。

現場関係者だけあって生々しいお話満載で、今となってはさもありなんと思います。この本は2011年9月出版(宝島社)なのですが、2013年8月現在でも状況は大して変わっていない、というよりむしろ悪くなっている点もあるようで、かなり参考になります。興味深いエピソードはたくさん紹介されています。たとえば、格納容器の蓋をあけるときには、ボルトにレンチを当て、それを作業員が30kgの巨大ハンマーでたたいてゆるめるというお話(30kgのリュックサックの場合、背負うという体勢になるのも一苦労。私は2kgのマスコットバットもちゃんと振れません)。制御棒の5%は手動で引き上げるとか、思わずのけぞるようなお話もありました。

彼が全体で強調しているのは、配管破断がこわいという点です。福島第一原発事故においても、1号機ではデータから見て配管が破断して冷却水が漏れたと著者は指摘しています。配管の破断というのは、特に地震などなくても老朽化によって各地の原発で頻発していたそうです。配管を取り替えるためにいちいち原発を止めていたのでは採算が合わないという電力会社の方針があって、問題だと思っていても、現場関係者にはどうしようもなかったのでしょう。

私も昔高速液体クロマトグラフィーをやっていたとき、ステンレス製のパイプだったにも関わらず、食塩入りの溶液を流していたところ、1ヶ月もたたないうちに腐食して使えなくなりました。さすがにメーカーがよりハイグレードのステンレスのものに取り替えてくれて、こちらは2年くらいはもちました。そして福島原発には海水が注入されています。もう配管はボロボロでしょう。また著者の経験によると、30年くらい放射線にさらされたコンクリートはレンガみたいに柔らかくなるそうで、これも怖い話です。こんな原発が再稼働したらどうなるのか、背筋が寒くなります。

現在の福島第一原発は汚染地下水の漏洩が大問題で大変なのですが、著者は小出助教の地下ダム説に反対の立場をとっています。原発本体は岩盤の上に建っているので、地下水の心配はなく、むしろたまった汚染水がどうなるかが問題だとしています。下記は小出さんの反論です。

----------
小出「そうですね。ただ東京電力の入ってる地下ダムは深さ30メートルまでやると言ってるんですね。私はもうそんなものは後でもいいからとにかくあの原子炉の周辺だけでも、5メートルでも10メートルでもいいから、バリアーを作って欲しいと私は思っています」

吉田照美「なんでそういう方向に行かないんですかね。今の小出先生のようなアイディアが、やっぱ、考える人だっているはずだと思うんですけど……」

小出「ただ、私がこういうことを言ってることに対して、えー……他の技術者の方が、なんていう方だったかな……浅川さんという方が本を出されて。小出の言ってるのは間違えてると。原子炉は岩盤の上に立ってるから仮にめり込んだって地下水なんてないから大丈夫だと、いうようなことをあのご指摘なさっている人がいるらしいんですけども。私は日本というこの国にコンクリートのような頑丈な岩盤などないと思っていますので。一度地下に出てしまえば危ないと思っている、のですね、ですからとにかくコンクリートでも何でもいいからバリアーを作って欲しいと言っているのですが。え……、私のこの判断もどこまで正しいのかがわからない、のです。それで東京電力も、まあ、最後はやはりバリアーが必要だと彼らも思っている、のでしょうけれども。それをいつの時点でやらなければいけないかというところで、多分、判断が様々あるのだろうと思います」

吉田照美「なるほどねえー」

小出「私は早いのがいいと思っています」
-----------

結局地下ダムを造るしかないと思いますが、それはどんどん水がたまってくるという状況を回避できればの話で、ALPSが働いていないのでは、たとえ上流から流入する微汚染水を海に流しても苦しいでしょう。今でも原発に水をかけているわけですから、汚染地下水は増え続けています。あまりの濃厚汚染なので、原液をくみ上げて保管というわけにもいかないのでしょう。このままだと原発敷地に汚染地下水が湧き出す危機を払拭することはできない・・・というのが今の状況でしょう。ALPSが働きだしたとしても、タンクをつくるのが間に合わなければ大変なことになります。最悪の場合、敷地内にどんどん人が立ち入れない領域が増えてきて、全くコントロール不能になるという恐れがあるのではないでしょうか。

現在の状況:遮水壁(土を薬剤で固めてつくるらしい)は工法の制約で地下1・8メートルより深い部分しか造れない(東電発表)。すでに、観測井戸の水位が遮水壁の上端を上回っており、完成しても海への流出が止められないのではと懸念されている。このままのペースで上昇すれば3週間で水が地面にあふれ出す。

淺川さんのブログ:http://blog.goo.ne.jp/genshiryoku_2011
ツイッター:https://twitter.com/RyouAsakawa

---------------------
今頃になって突然出荷停止!!
http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/20130730siji_fukushima.pdf

そもそも総研
http://www.youtube.com/watch?v=4gYpai5e3O8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »