« ケンウッド R-K731-B がやってきた | トップページ | 小泉-都響のグラズノフ「四季」@サントリーホール2013年7月22日 »

2013年7月20日 (土)

バルサ激震 ティト開幕直前に突然辞任!

Braugranaバルセロニスタにとっては驚愕のティト辞任です。おそらく再発でしょう。この件については、私は以前からティトは辞任して治療に専念すべきだとブログにも書いていましたが、この時期の辞任は最悪のタイミングとなりました。後任も決まっていないということは、本当のドタバタです。

やはり悪性の耳下腺腫瘍という難しい病気を軽視していたことのツケが回ってきたんですね。ティトが「ペップがお見舞いに来てくれなかったのは残念」などと情けない発言をしたりしてびっくりしましたが、やはり病状悪化で弱気になっていたのでしょうか。なんとかしっかり治療して、無事に生還してほしいと思います。

シーズン直前とあって、次期監督の有力候補者はほとんど他チームのスタッフになっているので、後任を探すのは大変だと思います。ロウラがまた代役というのは勘弁して欲しい。フランクに戻ってきて欲しいですが、さてどうなることやら。そういえばCBの補強もまだなんですね。順調に進んでいるのは、ネイマール以外は若手の放出とレンタル移籍だけというのは情けない限りです。本当に今シーズンは泥縄バルサです。

(以下は 7月23日記)

新監督はアルゼンチンのヘラルド・マルティーノ(愛称タタ)に決定したようです。

こちら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E

彼がパラグァイ代表の監督を務めていたとき、南アフリカワールドカップでJ代表と死闘になりました。結局日本をPK戦で負かしてベスト8に進出したのは記憶に新しいところです。駒野がはずしたのを思い出してしまいました。

|

« ケンウッド R-K731-B がやってきた | トップページ | 小泉-都響のグラズノフ「四季」@サントリーホール2013年7月22日 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/57829810

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ激震 ティト開幕直前に突然辞任!:

« ケンウッド R-K731-B がやってきた | トップページ | 小泉-都響のグラズノフ「四季」@サントリーホール2013年7月22日 »