« リヒャルト・アルトマンの文献 | トップページ | ストロンチウム@福島第一原発 »

2013年7月 4日 (木)

参議院議員選挙です

1参議院議員選挙です。東京都選挙区における民主党の候補が1本化されたということは大きく報道されました。そして生き残ったのが鈴木寛氏です。彼のHPをみて驚きました。

経歴は杉並区から灘高→東大→通産省→慶応大学という絵に描いたようなエリート。それで民主党というのは、ある意味奇特な人物と思われます。しかしそのホームページは、今回の選挙で争点になっている原発・TPP・経済政策などについてはほとんどスルーしています。憲法についても表現の自由を守るという主張は張ってありますがそれだけです。これじゃあお話になりません。

HPの内容がプロフィール・実績・国会活動・提出法案・法律法案相関図・お問い合わせというメニューになっていて、どこにも政策提言とかの項目がありません。首都の候補がこれでいいのでしょうか?

鈴木寛氏のホームページ:
http://suzukan.net/profile.html
http://suzukan.net/

自民党はその点明快です。善し悪しは別にして、原発推進・TPP容認・憲法は大幅に変える・アベノミクスの経済政策(国家が青天井で借金して景気を良くする)などフェアーに政策を打ち出しており、民主党とは好対照です。民主党はこれで選挙を戦えると思っているのでしょうか?

国家の根幹である憲法についてみてみると

自民党 憲法改正草案(PDF):
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&frm=1&source=web&cd=1&ved=0CCkQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.jimin.jp%2Fpolicy%2Fpolicy_topics%2Fpdf%2Fseisaku-109.pdf&ei=nOHTUe_vOI2okQXG6IHwDg&usg=AFQjCNEDy0XdFGKmRJxUhCp4B7rAvAl4WA&sig2=JRPTLvmF75yGmw8jQ0KFdA&bvm=bv.48705608,d.dGI

特に注目すべき点 (9条よりも重要かもしれない)

----------------------------
憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他いっさいの表現の自由は、これを保障する」

これが自民党改憲草案に追加された条文では↓

「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、 並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」

となっています。これでは公益にならないという理由で集会を禁止し、焚書坑儒も辞さずという北朝鮮のような政府になることも可能です。60%の多数派にとって、40%の少数派は公益にならないと判定することは可能でしょう。デモは通行の妨害となるので、秩序破壊と判定することも可能でしょう。とんでもないことです。

----------------------------
憲法11条 「 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる」
憲法12条  「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」

この基本的人権に関する条項が、自民党案では公共の秩序を維持するためなら基本的人権を無視しても良いと受け取ることも可能な文章になっています。

自民党案↓

憲法第11条 「国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である」
憲法第12条 「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」

----------------------------

自民党に一票を投ずるということは、このような日本になることを容認するということです。

意見:
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/chunitiKensho.htm#top
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm
http://www.magazine9.jp/morinaga/120523/

私的には自民党とは別の方向で、天皇は世襲で職業選択の自由がない上に定年もない ・・・ というのは基本的人権が侵されているという意味で、憲法改正は必要だと思います。第1章は全部削除してよいのではないでしょうか。ある意味第1章は、生身の正常なひとりの人間に、「あなたの基本的人権は認めませんよ」という例外条項を定めたものです。職業を定められた上に、仕事の内容まで細かく規定されているのです。

そもそも第1条の「日本国民の総意に基く」というのはウソでしょう。前文に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴である」という文を入れて、あとは法律で定めれば良いと思います。

|

« リヒャルト・アルトマンの文献 | トップページ | ストロンチウム@福島第一原発 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/57724944

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院議員選挙です:

« リヒャルト・アルトマンの文献 | トップページ | ストロンチウム@福島第一原発 »