« JPOP名曲徒然草124: 「ためらい」 by darcy117117 | トップページ | 西島三重子ライヴ@原宿ラ・ドンナ »

2013年6月18日 (火)

コンフェデ (J vs ブラジル)

adidas(アディダス)【AS480】コンフェデ2013 cafusa(カフサ) キッズ サッカーボール4号球

長友選手がブラジル戦を「まるで中学生とプロの試合」と言ったそうですが、そうでもなかったと思いますよ。リーガ・エスパニョーラでも、ダニはたいていDF一人はドリブルで抜けます。長友はほぼ抜かれてないので、リーガでプレイしても最上級のSBでしょう。

ただ「今の日本人選手では誰もブラジル代表に入れない」というのは事実でしょう。今回のブラジル代表は、日韓ワールドカップで優勝したときより優秀なメンバーがそろっている感じがします。ただ今回優勝出来るかというと、スペインという壁がありますね。スペイン代表はブラジル代表と違ってほとんどが国内リーグで戦っている選手で、しかもバルサの選手が中心になっており、あとマドリーの選手も知りすぎるくらいよく知っているのでチームワークが抜群です。

私は日本チームがちぐはぐなのは、本田という日本人の感覚・技術・テンペラメントと異質な人物がチームの中心になっているためだと思います。彼が球を持つとリズムがはずれてしまうのですね。みんな彼にリズムを合わせようと神経質になってしまいます。ですから使うならバロテッリのようにトップに隔離するか(4231)、ボランチの位置に置く(433)かがベストだと思いますね。攻撃の起点は清武と香川が担当し、二人のワンツー・壁パス突破から活路を見いだすべきでしょう。岡崎によるこぼれ球の押し込みとか、本田を後ろに置くときはもどしてミドルシュートとかが狙いです。

あと得点しなきゃというあせりがひどくて、スルーパスが強すぎたり、トラップすれば良いのにボレーを狙ったり、遠くから無理なシュートを打ってしまったりというのがありました。落ち着いてプレーすれば、今の代表でもイタリアとは互角に戦えると思いますよ。バロテッリはマンマークでいらいらさせる必要があります(できれば退場して欲しい)。

余談ですが、あの悪漢マルセロが優等生みたいなプレーをしているのには驚きました。なめられたかも。

|

« JPOP名曲徒然草124: 「ためらい」 by darcy117117 | トップページ | 西島三重子ライヴ@原宿ラ・ドンナ »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/57614335

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ (J vs ブラジル):

« JPOP名曲徒然草124: 「ためらい」 by darcy117117 | トップページ | 西島三重子ライヴ@原宿ラ・ドンナ »