« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

西島三重子 ニューシングル

西島三重子さんのニューシングルが発売になるそうです。

西島三重子NEWシングル 2013.6.19発売
「ありがとう ふじさん」/「こころのふるさと~富士山~」(C/W)

発売予定日:2013/6/19
商品番号:YZME-15031
税込価格 \1,200
税抜価格 \1,143

収録曲   
01.ありがとう ふじさん 作詞・作曲:西島三重子
02.こころのふるさと~富士山~ 作詞・作曲:西島三重子
03.ありがとう ふじさん (オリジナル・カラオケ)
04.こころのふるさと~富士山~ (オリジナル・カラオケ

http://www.youtube.com/watch?v=e8NX6YScta8

そしてライヴも予定されています。

Imgnishijima

ラドンナについて、2年半ほど前の私の記事です↓

http://morph.way-nifty.com/grey/2010/12/post-8168.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

アルバート・ケテルビ-

P5220911a

しばらくネット環境のないところに行くので、ブログ更新をお休みします。
では、ケテルビ-の音楽など・・・

そのうち都響がとりあげてくれないかと期待しています。
写真は夜叉神峠からの南アルプス眺望です。

エジプトの秘境にて
http://www.youtube.com/watch?v=vX7alYyAkgI
http://www.youtube.com/watch?v=btdHvddDp8Q

時計とドレスデン人形
http://www.youtube.com/watch?v=E46on0-eNtY
http://www.youtube.com/watch?v=3PDSkdIqHH0

修道院の庭にて
http://www.youtube.com/watch?v=Pqy1xix7ml4
http://www.youtube.com/watch?v=q2aYDWb676Q

Bells across the meadows
http://www.youtube.com/watch?v=52MwPjZzrLM
http://www.youtube.com/watch?v=xgGNn96MJpY

ペルシャの市場にて
http://www.youtube.com/watch?v=Xk0zvAtGLyU (オーケストラ版 朝比奈・大阪フィル)
http://www.youtube.com/watch?v=zkD7TRmRLRw (オーケストラ版 アマチュアオケ)
http://www.youtube.com/watch?v=7IMIM5gYmxI (オーケストラ版 小編成)
http://www.youtube.com/watch?v=9G4zHEVOtNk (合唱付き)
http://www.youtube.com/watch?v=E46on0-eNtY (合唱付き)
http://www.youtube.com/watch?v=GMbiLa0KCjs (コントラバス合奏 笑)

ウェブサイト:http://www.albertketelbey.org.uk/archives.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

JPOP名曲徒然草121: 「100℃ バカンス」 by 中森明菜

Imgakina中森明菜のアルバムの中で、最も私の印象に残っているのは「Anniversary」です(ワーナー・パイオニア 32XL-73、1984年刊、 ウィキペディアには35XL-40というレコード番号が記載してありますが、私の盤には確かに32XL-73と記してあります)。こんな陽気な雰囲気のアルバムが印象に残っているというのは、私的にはとても不思議なことで、どちらかといえばバラード曲が好きで、以前にとりあげたのも「駅」という曲でした。
http://morph.way-nifty.com/grey/2011/05/by-1700.html

このアルバムはカリブ海の陽光と明るいムードが横溢した明菜の全盛期の作品で、中心はヒット曲の「北ウィング」のようにみえますが、この曲はアルバムの中では異質で、やはり「100℃ バカンス」(作詞:売野雅勇、作曲:細野晴臣、編曲:瀬尾一三)とか、「アサイラム」あたりがアルバムを代表する曲ではないかと思います。細野さんは寝たきりプロデューサーと自称していますが、こんなに元気で明るい曲を書けるのかとびっくり。ああそうでした、彼はYMOのメンバーだったんですね。

「夢をみさせて」は自作(作詞)曲ですが、当時破竹の勢いのアイドルだったので、その内容には衝撃をうけました。このような歌詞がすんなり許容されたということは、彼女のまわりの雰囲気がおおらかで良い時代だったのでしょう。一部は麻布十番のアオイスタジオなど日本で制作されたそうですが、バハマのナッソーで制作された曲もあるそうです。ナッソーに行く小型飛行機の操縦席の窓ガラスがなくて、まるでオープンカーのような飛行機で着陸したという話を聞いたことがあります。

100℃ バカンス
https://www.youtube.com/watch?v=vZftosLE650
https://www.youtube.com/watch?v=ats8nJKRvoY

アサイラム
https://www.youtube.com/watch?v=5_OiD5B3dfc
https://www.youtube.com/watch?v=muZ8UBwXDP4

まぶしい二人で
-cover- moco momo
https://www.youtube.com/watch?v=neYvkzB9BdQ
-covwe- misty
https://www.youtube.com/watch?v=njTsOIq4YGY

夏はざま
https://www.youtube.com/watch?v=VRBU6vTzbkw
https://www.youtube.com/watch?v=Thexv3PsUEE

バレリーナ
-cover- moco momo
https://www.youtube.com/watch?v=MgazL7ET5uI
-cover- misty
https://www.youtube.com/watch?v=D-SETgdeqhA

Easy
http://www.youtube.com/watch?v=74490usJv3w
http://www.youtube.com/watch?v=UKl9e57_AEY

メランコリーフェスタ
https://www.youtube.com/watch?v=Mj1-Byxx890

夢をみさせて
https://www.youtube.com/watch?v=XmxNUCAengw
-cover- misty
https://www.youtube.com/watch?v=JWOtsxzPG7I

-------------------
北ウィング
https://www.youtube.com/watch?v=LO0o3H2k8Bo
https://www.youtube.com/watch?v=dAL3TiuBN9w
https://www.youtube.com/watch?v=xq1GhApWDi4
https://www.youtube.com/watch?v=820TNDAH0ms

-------------------
瑠璃色の夜へ
https://www.youtube.com/watch?v=LisWNEhvSng

-cover- moco momo   
https://www.youtube.com/watch?v=n8LUOu4L6Xs

-cover- misty
https://www.youtube.com/watch?v=BH41qZ87BXc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

Youtube 軽量版

 最近 Youtube が重くて、途中で再生が止まったりしませんでしょうか?

そんなとき一番下までスクロールして、最下行にある「軽量版を試してみませんか」をクリックするか(字が小さいので注意)、直接
http://www.youtube.com/feather_beta にアクセスして、β版を有効にすれば、かなり改善されると思います。

再生画面右に元に戻すかという表示が出ますので、何か不具合があった場合は簡単にもどせます。または
http://www.youtube.com/feather_beta からβ版を無効にしてもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

バルサ 2012/2013 リーガ優勝セレモニー

Aaa

バジャドリード戦に勝利し、試合後にカンプノウでバルサのリーガ・エスパニョーラ優勝セレモニーが行われました。選手・スタッフ全員で輪になって優勝を祝います。

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で、FCバイエルン・ミュンヘンにボロ負けして大いに株を下げたバルサですが、それでも1年間頑張って勝ち取ったリーガ優勝のタイトルは格別でしょう。 おめでとう! お疲れ様!

思えばアビダルが肝臓移植、ティトが耳下腺腫瘍という生命の危機に翻弄されたバルサの1年でした。

Aaa2

カンプノウに花火が舞い、メッシとご子息がみつめています。最高の瞬間。

試合: http://footballingtube.blog93.fc2.com/blog-entry-17465.html

セレモニー: 

http://www.youtube.com/watch?v=lpjE8uScar4

http://www.youtube.com/watch?v=Gy7MBr84Uow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

横浜紀行:三浦友里枝と猫の美術館

土曜日の横浜駅はすごい人出でごった返しています。やっと地下鉄に乗り換えて、元町・中華街駅の6番出口をめざします。これがすごい出口でした。駅が地下4Fにあるのでエスカレータを乗り継いで1Fにたどり着いたと思ったら、なんとそこからさらに5F(R)まで上がらなければいけません。結局十数本のエスカレータを乗り継いでやっと地上に。途中に結婚式場や保育園のような施設があったのには驚きです。しかし最後のエスカレータを降りると、そこはほっとするような公園でした。

Yokohama0

やっぱり横浜はすごいと思いました。駅の出口がこれですから。アメリカ山公園というそうです。犬の散歩をしている人が多いと思いました。この公園を抜けると車道に出て、左に岩崎ミュージアムが見えます。

岩崎ミュージアムの地下にある山手ゲーテ座に向かいます。

Yokohama1

列ができていたので並びます。バラやマリンゴールドの植栽があって気持ちの良い小径です。

Yokohama2三浦友里枝さんのショパン・バラード全4曲演奏を聴きました。演奏に先立って三浦さんのミニレクチャーがあって、バラード各曲の解説や、間にはさんだシマノフスキのマズルカについての説明がありました。クラシックの演奏会でも、このようなMCがはいるのは素晴らしいことだと思います。欲を言えば、音楽と関係ないブログ的な話題とかジョークとかがはいると楽しいと思いますが。

そして華奢な風貌に似合わず、ヴァルキリーが重量級のメイスを自在に操っているような、強靱な演奏を聴かせてくれました。

ゲーテ座の会場は小さなホールですが、ミュージアムの一室のように思っていたのが恥ずかしくなるような素晴らしい音響でした。変な反響音がなくて聴きやすいホールです。アンコールはショパンOp.59-1のマズルカでした。

ヤマハがサポートしているようですが、ピアノはスタインウェイでした。三浦さんはフェリスのご出身だそうで、セレブな雰囲気を漂わせています。それは彼女の弱点でもあり、美点でもあるのでしょう。

夫婦共演?: http://www.youtube.com/watch?v=QWxmpdlpT-4

終了後近くにある猫の美術館を訪れました。

Yokohama3

普通の家みたいなところですが、なかなか興味深い美術品が置いてありました。

http://www.galerieparis.net/cat.html

おみやげはブローチ↓

Yokohama4_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

サラとミーナ117: キャットタワーの混雑

Img_2677a

キャットタワーの頂上に2匹が共存するのははじめてです。普通は一騒ぎの末どちらかが追い出されます。いつもの初夏と違って、今年はケヤキの緑がしょぼいのがさみしい。これはケヤキの下にある駐車場が当たった人が騒いだせいで、業者が入ってズタズタに剪定したためです。

ケヤキは樹液が多くて、ポタポタ落ちると掃除が大変なのです。自分もその場所が当たったことがあるのでよくわかっているのですが、ここまでやらなくてもいいのではないかと思います。

ケヤキは成長が早いのでよく団地の植栽に使われますが、上記の問題点もありますし、弱々しい感じの樹木で、単独では人が保護してあげないと幹が折れるおそれなどもあり、本当はあまり植栽として適切とは思えません。

Img_2731b

私の腕にもたれて眠るミーナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

JPOP名曲徒然草120: 「Rainy day girl」 by 安部恭弘

Abe部恭弘さんはミュージシャンとしては珍しい早稲田大学理工学部出身だそうで、ちょっと親近感を感じます(実は1年だけですが、在籍したことがあります)。「Rainy day girl」は1984年の作品。甘酸っぱくもあり、妙にリアルでもある青春の1ページです。カッコいい男のやるせない挫折が描かれていて心に残ります。

私が持っているCDは「ゴールデン☆ベスト」EMIJapan TOCT-10974で、これは現役盤。そのほかDVDなども出版されているようです。実は行方不明中で、まあうちのどこかにはあるはずなのですが さて・・・。iPod でばかり音楽を聴いていると、こういうことがおこりがちです。

「Rainy day girl」 作詞:松本隆 作曲:安部恭弘
ウィキペディアをみると、ご本人が音楽をやるために大手ゼネコンを退職したと書いてあるので、これってひょっとして実話?

http://www.youtube.com/watch?v=h-3o0NySDD8

「アイリーン」
http://www.youtube.com/watch?v=F6vRmHq2zXY

「Close your eyes」
http://www.youtube.com/watch?v=hqiKRSnsQ-Q

「Calling you」
http://www.youtube.com/watch?v=7M4x4LB4bV0

「五線紙 (with EPO)」竹内まりやに提供された曲ですが、EPOの歌もいいですね
http://www.youtube.com/watch?v=_dKzN856xjY

「ポートレイト~ローレンスパークの想い出」これも竹内まりやに提供された名曲。
ここでは作曲者本人が歌っています。このブログでもとりあげたことがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=vWgp5wjdQCk&list=PL6C589B4F1B5559C3

http://morph.way-nifty.com/grey/2011/01/post-f838.html
(竹内まりやバージョン)

「想い出にゆれないで」
http://www.youtube.com/watch?v=zDntbLJTkQM&list=PL6C589B4F1B5559C3

「一瞬(ひととき)の夏」
http://www.youtube.com/watch?v=h05dZoEQU-w

「Memories」
http://www.youtube.com/watch?v=7gvIfGUFyvs
http://www.youtube.com/watch?v=jz2iBKqnArU (by SAYO)

ウェブサイト:http://love-pop.music.coocan.jp/Yasuhiro_Abe/main.html
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/Yasuhiro_Abe/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

バルサ 2012/2013 リーガ・エスパニョーラ優勝

1


Braugrana時間の問題ではありましたが、レアル・マドリーの引き分けによって、たなぼたでラ・リーガ優勝が転がり込んできました。勝って優勝を決めたいところでしたが、こればかりは仕方ありません。ともあれ、おめでとうバルサ。

来季はコンディションをきちんと調整し、ディフェンスもしっかり固めて、クラシコやチャンピオンズリーグでもがんばりましょう。

1.

声を あげよう

われら ブラウグラナ

地の涯からも 集いし友よ

掲げる旗のもと 拳(こぶし)を合わせよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

2.

嬉しい日 悲しい日

どんなときも

心ひとつに 合わせし友よ

掲げる旗のもと 勝利を信じよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

南極観測の犠牲になった樺太犬の像を撤去

800pxsakhalin_husky_jiro

東京タワーにある、南極観測隊に同行したタロ・ジロなど15頭の樺太犬の像が撤去されるそうです。その理由が、像の場所にオリンピック招致のシンボルマークを設置するためというので驚きです。どうしてその場所にシンボルマークを設置しなければいけないのでしょうか?

(写真はウィキペディアからひろったジロの剥製)

この犬たちは、戦争でも無いのに、政府(南極観測隊)の失敗の巻き添えで、生き残ったタロ・ジロ以外は見殺しにされたのです。首輪さえはずされなかったのです。これは日本の科学者達にとっても、大きな失敗として反省とともに記憶されなければなりません。うがった見方をすると、このモニュメント撤去は、過去の失敗は消し去ろうとする日本のスタイルなのでしょうか? しかも像の移転費用は用意されてないそうで、これでは呪いがかかっても仕方が無いでしょう。

そもそも猪瀬知事の暴言で、もはやお手上げのオリンピック招致に、こんな無駄金を使うのもやめてほしいですね。反対運動が盛り上がらないように、撤去直前に公表するというのも姑息なやり方です。

http://www.asahi.com/national/update/0511/TKY201305110054.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

インバル都響のブルックナー交響曲第9番@東京文化会館2013/05/09

Imgimbal今日私は微熱も出て体調がかなり悪かったのですが、インバル-都響の演奏を聴きに東京文化会館にでかけました。貧民席Exで4Fのサイドでしたが、ここは同じ4Fでもセンターよりかなり高度感がありゾクッとします。さらに急傾斜で、足は床ではなくサイドバーの上に置くことになります。音はそんなに悪くないです。S席とRサイドのEx席は聴衆でぎっしりでした。チケット完売ではなかったようです。

本日のコンマスは山本さん、サブはマキロンです。マキロンは例によって左足をうんと前に出す半身の演奏スタイル、ゆづき(2列目)はむしろ右足を前に出すスタイルで好対照です。山本さんのコンマスは久しぶりのような気がします。

「ブルックナー第9交響曲」は、ブルックナー最後の作品で、死亡した日の午前中まで第4楽章の作曲をやっていたそうです。しかし結局完成せず、普通は第3楽章までが演奏されます。インバル先生は私的には、マーラーよりブルックナーの方がフィットしているように感じます。

今日の演奏は特にスケルツォの素晴らしいアンサンブルと推進力、第3楽章後半の夢のように美しい演奏に感銘を受けました。高いところで聴いている利点として、弦楽器を演奏するプレイヤーの手が、まるで一匹の生き物のパーツのように動く様子が見えて、これは結構テンション上がります。

順序が逆になりましたが、前半に演奏されたモーツァルトの「ジュノム」はテンションが上がる曲ではありませんが、児玉桃さんが暖かい雰囲気のピアノ演奏を聴かせてくれました。

文化会館の大ホールはいつきても窮屈でがっかりします。小ホールや東京芸術劇場とは天と地の違いです。どうしてこんな設計にしたのでしょうかねえ。Exが窮屈なのはまあ我慢するとして、SやAでは納得出来ません。ここでは盲導犬も受難です。

ブルックナー交響曲第9番 スケルツォ
http://www.youtube.com/watch?v=YFJbvO_OPuM

最後に散歩しているときにみつけた国立科学博物館に生息する猫(機関車はD51)。

Img_2707b

Img_2712b

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

リーガ・エスパニョーラ第34節: バルサ リーガ優勝へ王手

BraugranaUEFAチャンピオンズリーグ・スペイン国王杯のタイトルを失ったバルサ、あとは確実にリーガの覇者となるしかありません。カンプノウにベティスを迎えてのゲームです。スタンドにはサンドニの聖人エジミウソンの姿がみえました。

バルサはFW:テージョ・ビジャ・サンチェス、MF:イニエスタ・チャビ・ソング、DF:アルバ・アドリアーノ・ピケ・ダニ、GK:ピント。ベティスはFW:ルベン=カストロ・モリーナ・パボン、MF:イギエボル・ペレス・セビージャ、DF:アレックス・アマージャ・マリオ・チカ、GK:カスティージョ。

開始2分、ピントのゴールキックをひろわれて、ヘディング2発でつながれ、パボンに抜け出されて失点。当然アルバが対応すべきところですが、帰りがおくれてしまいました。バルサは9分、イニエスタが左を突破してサンチェスへのショートクロス。これをサンチェスがうまく頭で決めました。1:1です。

ベティスはあまりしつこい守備はしてきませんが、攻撃は鋭いものがあります。15分にはパボンがからきれいなクロスがモリーナにでたり、カストロからセビージャにクロスがでたり、いずれもシュートは決まりませんでしたが危険です。バルサもビジャがフリーのシュートを決められず、テージョもバーにはじかれたりして決まりません。そうこうしているうちに、43分ペレスに強烈なロングシュートを打ち込まれてしまいました。前半は1:2で終了。

暗雲がただよいはじめたバルサですが、11分にやっとダニのロングクロスをビジャがヘッドで決めてくれました。これでビジャはお役御免。メッシの登場です。足に不安があるメッシの強行投入にはベンチのあせりが感じられます。しかしさすがはメッシ、出たとたんのFKを決めて3:2とバルサリード。

26分サンチェスが右に突入して、シュートを打てそうでしたが、あえて打たずメッシにパス。メッシが楽々とゴール。サンチェスがいかにメッシを気にしているかがわかります。ともかくこれであと一週間以内に優勝が決まる可能性が高くなりました。あと一息です。

http://www.youtube.com/watch?v=2oQpO2Vl11I
http://www.youtube.com/watch?v=VYSmkLqDeCA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

JPOP名曲徒然草119: 「Let Me」 by Sayulee

Imgsayulee_2シンガーソングライター Sayulee はニュージランドと日本のハーフだそうですが、本人のブログプロフィールではダブルだと言っています。つまりニュージランドも100%、日本も100%、50%づつじゃないよということでしょう。風貌はマオリを感じさせるものがあります。

YouTube の女王のような人で、オリジナル曲以外にも多数のカバ-曲をアップしています。Let Me が収録されている「365」というアルバムは、365日連続して毎日1曲づつ YouTube にアップした記念なのでしょう。
WeavMusic 2012年release(レコード番号なし) 現役盤 他に365, You Can Do It, You'are not alone, Me も収録されています。新品買っちゃいました。

「Let Me」 は生理的な高揚感がある曲で、言葉以前の動物的な悦楽にひたれる感じ。

これだけうまい歌と演奏。作曲家・作詞家と相談しながらオリジナルナンバーを制作するという手もありだと思う。これでヒット曲がなければ、あまりにももったいない。

Original numbers:

「Let Me」 作詞・作曲:Sayulee, 編曲:Nic Manders
http://www.youtube.com/watch?v=6R62aJLDttI
http://www.youtube.com/user/SayuleeMusic

↑傘が ・・・ ひょっとしてバルセロニスタ?

「You'are not alone」
http://www.youtube.com/watch?v=4CNqvm0gHuY

「おかえり」
http://www.youtube.com/watch?v=QjRnv1DEopg

Covers: なんでもこいなのね ~ 現代のながしか?

夏色
http://www.youtube.com/watch?v=wbUV6Yt4L4g

ハナミズキ
http://www.youtube.com/watch?v=HC3_MrzwN0Y

さくら
http://www.youtube.com/watch?v=YhSgHZIb3y4

ありがとう
http://www.youtube.com/watch?v=jjq8YXuytLE

Forever love
http://www.youtube.com/watch?v=5tetNZ2wgI8

粉雪
http://www.youtube.com/watch?v=bWdlFJQ3xO0

ロビンソン
http://www.youtube.com/watch?v=rem5dXIb_aU

真夏の Sounds Good
http://www.youtube.com/watch?v=BOFsaYhNB-U

やさしくなりたい
http://www.youtube.com/watch?v=W_yq2QzOLBs

I love you (尾崎豊)
http://www.youtube.com/watch?v=YCyIohAKPmA

晴れたらいいね・・・ピアノの弾き語り
http://www.youtube.com/watch?v=OpkS2QNOypA

Last christmas (Wham)
http://www.youtube.com/watch?v=KYZbqv3Rgj4

Don't know why (Norah Jones)
http://www.youtube.com/watch?v=x5bZEgR3Aak

Unchained melody (Righteous Brothers)
http://www.youtube.com/watch?v=j6vXGssa_HA

I Just Called To Say I Love You  (Stevie Wonder)
http://www.youtube.com/watch?v=CGzhuv8YF5g

365日目
http://www.youtube.com/watch?v=p8rsX98BOvc

OFFICIAL HP: http://www.sayulee.com/

more  もっとみたい または上記のチャンネルが閉鎖された場合
http://www.youtube.com/channel/UCpJYKiSaM8GvGGUok2tddaA?sub_confirmation=1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日でこのブログも7年続いたことになります。読んでくださっている方々、「いいね」の評価をいただいた方々、有り難うございます。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

UEFAチャンピオンズリーグ: バルサ カンプノウでもぼこぼこの歴史的敗退

Braugranaもう勝敗はアリアンツ・アレーナで終わっていたので、ホームで意地だけでも見せて欲しいと思いましたが、0:3でFCバイエルン・ミュンヘンに完敗です。

FCバイエルン・ミュンヘンは近年低調が続いて、選手も監督もどんどん入れ替えてもがき苦しんでいましたが、ついに黄金時代を迎えたようです。この時期に主力もベンチ選手も絶好調とは恐れ入ります。バルサは昨年の11・12月は絶好調で無敵な感じでしたが、今年に入ってからはかなりバテがきて、なんとか勝ちをひろってここまでたどり着いたというのが実情でしょう。

メッシ・プヨール・ブスケツが故障がち、マスチェラーノは間に合わず、アビダルは病気上がりで使えずというのはききました。出場選手もセスク・イニエスタ・チャビ・ダニあたりは動き・精度が落ちていました。バルトラはよく頑張っていましたが、プヨールやマスチェラーノの代わりをしろといっても無理。CBっぽい選手では無いですね。次期も使うなら、私なら右SBをやらせたいと思います。ダニはブラジル代表のときのようにMFで起用すべきでしょう。

バルサに求められるのは、昨年の11・12月のような好調を、年を越えても肝心の試合では維持出来るようなローテーションです。ティトの失敗はメッシ・イニエスタ・チャビ・ブスケツ・ダニを連続で使いすぎて、故障や疲労を招いてしまったことと、セスクをCFで起用したことですね。彼はチャビの位置の人です。

バルサのせいではありませんが、私は墓参りに行ってきました。

Img_2668a

隣にある、私も昔通っていた幼稚園では竹馬の練習をしていました。

Img_2666a

今では幼稚園はスクールバスで通っていますが、当時は園児みんな歩いて通っていました。私も15分くらい歩いて通っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »