« リーガ・エスパニョーラ第34節: バルサ リーガ優勝へ王手 | トップページ | 南極観測の犠牲になった樺太犬の像を撤去 »

2013年5月10日 (金)

インバル都響のブルックナー交響曲第9番@東京文化会館2013/05/09

Imgimbal今日私は微熱も出て体調がかなり悪かったのですが、インバル-都響の演奏を聴きに東京文化会館にでかけました。貧民席Exで4Fのサイドでしたが、ここは同じ4Fでもセンターよりかなり高度感がありゾクッとします。さらに急傾斜で、足は床ではなくサイドバーの上に置くことになります。音はそんなに悪くないです。S席とRサイドのEx席は聴衆でぎっしりでした。チケット完売ではなかったようです。

本日のコンマスは山本さん、サブはマキロンです。マキロンは例によって左足をうんと前に出す半身の演奏スタイル、ゆづき(2列目)はむしろ右足を前に出すスタイルで好対照です。山本さんのコンマスは久しぶりのような気がします。

「ブルックナー第9交響曲」は、ブルックナー最後の作品で、死亡した日の午前中まで第4楽章の作曲をやっていたそうです。しかし結局完成せず、普通は第3楽章までが演奏されます。インバル先生は私的には、マーラーよりブルックナーの方がフィットしているように感じます。

今日の演奏は特にスケルツォの素晴らしいアンサンブルと推進力、第3楽章後半の夢のように美しい演奏に感銘を受けました。高いところで聴いている利点として、弦楽器を演奏するプレイヤーの手が、まるで一匹の生き物のパーツのように動く様子が見えて、これは結構テンション上がります。

順序が逆になりましたが、前半に演奏されたモーツァルトの「ジュノム」はテンションが上がる曲ではありませんが、児玉桃さんが暖かい雰囲気のピアノ演奏を聴かせてくれました。

文化会館の大ホールはいつきても窮屈でがっかりします。小ホールや東京芸術劇場とは天と地の違いです。どうしてこんな設計にしたのでしょうかねえ。Exが窮屈なのはまあ我慢するとして、SやAでは納得出来ません。ここでは盲導犬も受難です。

ブルックナー交響曲第9番 スケルツォ
http://www.youtube.com/watch?v=YFJbvO_OPuM

最後に散歩しているときにみつけた国立科学博物館に生息する猫(機関車はD51)。

Img_2707b

Img_2712b

|

« リーガ・エスパニョーラ第34節: バルサ リーガ優勝へ王手 | トップページ | 南極観測の犠牲になった樺太犬の像を撤去 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

文化会館が狭いのには大いに同意します。
札幌のキタラが広くていいですよ。

投稿: PIYO | 2013年5月15日 (水) 11:33

>PIYO様

ウェブサイトでみましたが、キタラは豪華ですね。
パイプオルガンもシックな感じで好感が持てます。

投稿: monchan | 2013年5月15日 (水) 22:27

good articles

投稿: insanity workout cheap on ebay | 2013年5月24日 (金) 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/57348937

この記事へのトラックバック一覧です: インバル都響のブルックナー交響曲第9番@東京文化会館2013/05/09:

« リーガ・エスパニョーラ第34節: バルサ リーガ優勝へ王手 | トップページ | 南極観測の犠牲になった樺太犬の像を撤去 »