« 古舘氏とテレ朝の執念に拍手  | トップページ | サラとミーナ114: ツインベッド »

2013年3月10日 (日)

2012/2013 リーガ・エスパニョーラ第27節 最下位デポルにともかくバルサ勝利

Braugranaクラシコに連敗してどん底のバルサ。やっと1週間の間隔が空いてのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦。ここで立て直さないと、ずるずるいってしまいそうです。

カンプノウのメインスタンドから見て右サイドのゴール裏が完全に空です。あとでWOWOW情報で、バルサ最大の私設FCであるボイショス・ノイスが発煙筒を投げ込んだと批判されたため、応援をボイコットした影響だそうです。それにしても、あそこがすべてボイショス・ノイスの席だったとは、ちょっと驚きました。

バルサのスタメンはFW:テージョ・ビジャ・サンチェス、MF:セスク・チアゴ・ソング、DF:アドリアーノ・マスチェラーノ・プヨ-ル・ダニ、GK:ピント。ミッドウィークのACミラン戦をひかえて、このメンバーは妥当でしょう。バルデスはクラシコでの審判への暴言で、4週間の出場停止を食らってしまいました。あのひどい判定では切れるのもうなずけます。ピントに頑張ってもらうしかありません。

最下位デポルは1トップのオリベイラ、2列目ピッツィ・バレロン・ガマ、ボランチ:アギラーロ・アスンソン、DF:マヌエル=パブロ・インスア・アイタミ・シルヴィオ、GK:アランスピア。リキは残念ながら欠場です。

バルサはポゼッション重視で落ち着いたスタートです。詰まったら早めにサイドチェンジの指示も出ていたようです。まず14分セスクがミドルパスを受けてGKと1:1。しかしセスクはシュートをふかしてしまいます。直後に左からテージョがつっこみますが、GKにおさえられ不発。24分にはビジャがGKと1:1になり、慎重にシュートしますが、ここでGKアランスピアがスーパープレイを繰り出してストップ。こぼれ球をアドリアーノが再度シュートしますがこれもアランスピアが阻止。普通のおじさんのような風貌のベテラン選手ですが、なかなか頑張ります。

この膠着した状況を打開したのは、ダニのクロス一発。39分、ダニの右からのふわっとしたクロスがゴール前のサンチェスの頭にぴったり。サンチェスもしっかりあててゴール。シンプルで美しいゴールでした。ビジャは動きはいいのですが、この後も絶好のシュートチャンスを逸して、今日は成果なしです。

後半はメッシ、イニエスタ、ブスケツの足慣らしといいたいところですが、動きが垂れて停滞します。サイドからチャンスをつくっても、センターの動きが足りません。このいらいらを最後の最後で払拭してくれたのは、メッシとサンチェスのコンピネーションでした。後半44分、中央のメッシから右のサンチェスへパス。サンチェスは絶妙のワンタッチリターンを突入するメッシに返して絶妙のゴール。

この調子でACミランも撃破してもらいたいものです。後半ブスケツとソングが共存していましたが、これはACミランの攻撃陣には非常に有効だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=q9CFwc2LcP8

|

« 古舘氏とテレ朝の執念に拍手  | トップページ | サラとミーナ114: ツインベッド »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/56930072

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/2013 リーガ・エスパニョーラ第27節 最下位デポルにともかくバルサ勝利:

« 古舘氏とテレ朝の執念に拍手  | トップページ | サラとミーナ114: ツインベッド »