« バルサ屈辱のクラシコ コパ・デル・レイ敗退 | トップページ | JPOP名曲徒然草116: 「少年の日」 by 西島三重子 »

2013年2月28日 (木)

リシッツァのショパンDVD

PhotoYouTube でお馴染みの魔女風ピアニスト、ヴァレンティーナ・リシッツァですが、のぞき見だけでは申し訳ないということで、DVDを購入しました。ショパンのエチュードです。

リシッツァはピアノを弾いているのではなく、触れている・・・いやまさぐっているという感じです。天才とは言っても、ここにいたるまでには自らに無茶苦茶にハードな練習を課したのでしょうが、ピアノと奏者の一体感がすごい。

このエチュード (Op.25)について言えば、終曲(No.12) で少しブーストする感じですが、他のすべての曲では特別に気合いを入れるとか、ルバートなどでみせびらかすというパフォーマンスはなく、日常の出来事のように演奏しています。彼女なりに流れが自然です。

それでもいつも聴き手である私は、彼女の大きな手で心臓をまさぐられているような感じがします。No.10 などでは心臓をつかんで激しく揺すぶられるイメージです。この曲はすごい曲ですね。人間のやるせない思いが凝縮されています。No.7 の深い情緒も印象的です。Op.10 についても、新鮮でさわやかな風が吹き渡っています。

Cisco Music Inc. VCD-2057 (2005)

Chopin Etude Op 25 No.7
http://www.youtube.com/watch?v=sRrduXWh0Ag

Chopin Etude Op 25 No.10
http://www.youtube.com/watch?v=gHz4OjARK88

Chopin Etude Op 25 No.11
http://www.youtube.com/watch?v=tx6-Z0nsWnw

Chopin Etude Op 25 No.12
http://www.youtube.com/watch?v=RFPcy2h-H9E

公式サイト
http://www.valentinalisitsa.com/

|

« バルサ屈辱のクラシコ コパ・デル・レイ敗退 | トップページ | JPOP名曲徒然草116: 「少年の日」 by 西島三重子 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/56861097

この記事へのトラックバック一覧です: リシッツァのショパンDVD:

« バルサ屈辱のクラシコ コパ・デル・レイ敗退 | トップページ | JPOP名曲徒然草116: 「少年の日」 by 西島三重子 »