« サラとミーナ112: 続・ロイヤルカナンの景品 | トップページ | 菅直人 著 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »

2013年1月18日 (金)

核燃料サイクル・・・どれだけ放射性物質を放出すれば気が済むのか

ファイル:Radiation warning symbol.svg

政府・経産大臣は核燃サイクルを継続することを明言しました。
私はこのような政府を選択した国に住んでいることを残念に思います。
核燃サイクルで多額の電気代や税金をとられるのは、身から出たサビですからしょうがないですが、大量の放射性物質を大気や海にまきちらすのはひどい話だと思います。いずれ世界中から非難されることになるでしょう。

核燃サイクル「継続」 茂木経産相、青森県知事に明言
http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/politics/kahoku_K201301180A0A303X00002_211439.html

ーーーーーーーーーーーーーーー
核燃料サイクルのばかばかしさ
こちら

核燃料サイクル断念の歴史

1991 ドイツが断念
1994 米国・英国が断念
1997 フランスが断念

まだ未完成の六ヶ所村の再処理工場の建設費用はもう2兆円を超えている。
実際に稼働させると、その10倍のコストがかかる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

六カ所村の再処理工場から排出される放射性物質は膨大なものです。
ウィキペディアに記載されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

福島第一原発事故もまだまだ継続中 2号機が冷却不能になっているようです。
http://www.tax-hoken.com/news_aug14G68gQ.html

(1月21日記)
アルジェリアのテロで日本人7名が死亡したとの情報がTVで流れています。
会社の仕事のために死亡するとは誠にお気の毒で、ご冥福をお祈りします。

私が不思議に思ったのは、テロリストが日本人を指名して殺したという報道があったことです。調べてみると下記のような情報がありました。
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-867.html

マリのウランは日本が独占契約しているという話です。日本は軍隊を使ってこの権益を守ることができないので、フランスと密約してマリ北部反乱軍の掃討をお願いしたのではないかという疑惑がわいてきました。それなら日本人が特に恨みを買っていたという可能性があります。原発をやめていれば、彼らも亡くならずにすんだのかもしれません。

|

« サラとミーナ112: 続・ロイヤルカナンの景品 | トップページ | 菅直人 著 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核燃料サイクル・・・どれだけ放射性物質を放出すれば気が済むのか:

« サラとミーナ112: 続・ロイヤルカナンの景品 | トップページ | 菅直人 著 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »