« 高山植物12(千枚岳から悪沢岳) | トップページ | 30年前の北岳1 »

2012年9月10日 (月)

遺伝子改変作物・・・第二の原発か?

農林水産省がモンサントの遺伝子改変作物栽培の申請を認可しようとしています。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/120706_1.html

GM(genetically modified) 作物=遺伝子改変作物というのは、原発と似ているところがあります。まず巨大企業が推進しているわけですから、下手をすると農協などもとりこまれてしまうので、企業のCMに依存しているテレビなどでは情報統制が行われて、反対派の意見が封殺されるということ。次に利権の塊なので、多額の研究費をもらって研究している大学教授などは推進派だけですから、非常に偏った意見ばかりが権威ある考え方として紹介されることになります。

もう一つ原発と似ているのは、完全に人間がコントロールできるところまで技術が進歩していないということです。暴走し始めると、もう止めようがありません。

さらに重要なのは、原発は推進派でも100%原発でという人は少なくて、火力など他の発電所も残そうという話ですが、GM作物は当初安価なので、非GM作物が価格競争の結果完全駆逐されてしまって、気がついたときには手遅れということになるかもしれません。

また抗生物質と似ているところもあります。抗生物質による治療は次々と多剤耐性菌ができてきて、手に負えなくなってきつつあります。抗生物質の場合困るのは病人だけですが、GM作物の場合健康人でも困るような問題が多数発生します。

もしTPPに加入すれば、米国は日本を食料支配するためにGM作物を栽培せよという圧力を強烈にかけてくるに決まっています。このような中途半端な発展段階にある科学技術を、すんなり受け入れてしまうと後で泣きをみることになるでしょう。

---------------------------------------

遺伝子組み換え作物の不安
(原発は人間が作ることを止めれば現状以上に増えることはありません。一方、遺伝子組み換え生物は、一度作り出され、環境に放出されれば、生物として増殖を続ける可能性が存在します)

http://www.g-live.jp/shokuanzen/shokuanzen18.html

モンサントの遺伝子組み換え作物を拒む欧州に米国が報復を検討
(モンサント社は米政府の後押しを受け、種子に知的財産権をつけることによって在来農法を駆逐し、農民を依存させ、世界の食糧資源を牛耳りました)

http://democracynow.jp/video/20101223-3

モンサントの遺伝子組み換え作物に耐性を持つ虫が繁殖

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/762/

ラウンドアップ耐性雑草・・・非常に重要
(ラウンドアップ=除草剤がかかった植物は木であろうと草であろうと枯れてしまう。それに耐える作物がモンサントの売りだが、同じ耐性を持った雑草が増えている)

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kumikae510.htm

http://www.juno.dti.ne.jp/tkitaba/gmo/news/06121901.htm

こちら

http://itiguuoterasu.blogzine.jp/blog/2011/12/post_7b98.html

綿花の問題

http://ourworld.unu.edu/jp/monsanto%E2%80%99s-cotton-strategy-wears-thin/

モンサントの不自然な食べ物

http://www.uplink.co.jp/monsanto/keyword.php

モンサントと住友化学

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65775032.html

http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf

http://blog.zokkokuridatsu.com/201110/article_19.html

日本はTPPで輸出を拡大できっこない

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65771051.html

http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related

農林水産省が認可しようとしているのもTPP参加を前提として、準備を進めているとしか思えません。遺伝子改変作物は氷山の一角ですが、それだけでもTPPに参加しない理由としては十分です。

----------------------------------------------

http://ameblo.jp/qptyan/entry-11319542372.html からの引用↓

モンサント社は日本固有の品種や米をGM化し、知的所有権を設定するだろう

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-bd04.html

http://naturalsociety.com/hungary-destroys-all-monsanto-gmo-corn-fields/

モンサントは NaturalSocietyにより、2011年のワーストNo.1企業と認定された

http://naturalsociety.com/monsanto-declared-worst-company-of-2011/

モンサントは従業員にはGM食品を食べさせない

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1108.html

制服向上委員会

http://www.youtube.com/watch?v=0EAoYO_D8SE&feature=watch-vrec

|

« 高山植物12(千枚岳から悪沢岳) | トップページ | 30年前の北岳1 »

健康(health)」カテゴリの記事

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/55624525

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子改変作物・・・第二の原発か?:

« 高山植物12(千枚岳から悪沢岳) | トップページ | 30年前の北岳1 »