« 京都 | トップページ | サラとミーナ104: 続・本棚のミーナ »

2012年8月30日 (木)

2012スーペルコパ 2ndレグ: バルサ完敗

Braugrana


サンチャゴベルナベウでのスーペルコパセカンドレグ。バルサはソング、マドリーはモドリッチの新加入選手がベンチ入り。実際に後半出てきました。ソングはまだ動きが鈍い感じ、モドリッチは鋭さが感じられました。

バルサ FW:ペドロ・メッシ・サンチェス、MF:イニエスタ・チャビ・ブスケツ、DF:アルバ・マスチェラーノ・ピケ・アドリアーノ、GK:バルデス。
ダニがウォームアップ中に故障で、ジョルディ=アルバが急遽出場。ダニがいないというのはバルサにとって非常に困る事態です。

マドリー FW:イグアイン、2列目:ロナウド・エジル・ディマリア、ボランチ:アロンソ・ケディラ、DF:マルセロ・ラモス・ペペ・アルベロア、GKカシージャス。
イグアインは放出の噂がありましたが、よく思いとどまったものです。私はベンゼマよりイグアインがすごいと思います。どこからでもしぶとくゴール前に出てシュートしてくるという不気味さがありますね。

ホームとあって、マドリーは激しくプレスをかけてきますが、これは予想されたことで20分くらいはがまんすることが大事です。しかしそれができませんでした。

7分早速イグアインに抜け出されGKと1:1。これはバルデスがスーパーセーヴで止めてくれました。しかし11分、中央でマスチェラーノが浮き球を処理できず、イグアインに抜け出されてまた1:1。こんどはやられてしまいました。

19分C・ロナウドのカウンターで右を突破され、一応ピケが間に合ったのですがロナウドには絡めず、GKと1:1。ロナウドの強烈なシュートをバルデスが体に当てましたが、リフレクションがゴールに吸い込まれ、また失点。

22分イグアインにスルーパスが決まって、またもや1:1。これはバルデスが阻止しました。これだけ最終ラインが突破されるというのは、バルサの戦術に問題があるとしか思えません。相手の選手が替わっているわけではないのですから。CBの技術が間に合っていないこともありますが、SBにも大いに問題がありました。アドリアーノとアルバはもっときちんと守備をやらないとダメですね。

28分には中央を楽々とロナウドに独走され、たまりかねたアドリアーノが後ろからねじ伏せてレッドカード退場。これは早くも致命傷です。これでサンチェスをさげてモントーヤを出さざるを得ないことになりましたが、まあ心細い感じです。オリンピックで大津にも完全にやられてましたから・・・。イニエスタから一発ゴール前のモントーヤにすごいキラーパスが出ましたが、モントーヤは足を出せず球が通り抜けました。さすがにこれにはイニエスタもがっかりです。後半終了直前にも、ゴール前で1:1のチャンスがありましたが、乾坤一擲を狙って欲しかったのですが、正面に平凡なシュートでGKに止められ万事休す。運動量も少ないし、鋭さもなく、無難だけが取り柄ではバルサのSBとしての力量には疑問符がつきます。酒井弘樹・高徳の方がややハイレベルだと思います。

しかしこんなボロボロの試合に格好をつけてくれたのはメッシ。前半終了直前にかなり遠めのFKを、左から巻いて左隅に決めました。後半になっても相変わらずマドリーペース。バルデスが大活躍で、ケディラやロナウドのシュートを止めてくれたので2:1でしたが、ボロ負けしていても不思議ではない試合でした・・・orz。

結局トータル4:4ですが、アウェイゴールの2点が効いてスーペルコパはマドリーが優勝です。

http://www.youtube.com/watch?v=_n9KvsuxoFs

http://www.youtube.com/watch?v=qj4DYcQ_uLU

|

« 京都 | トップページ | サラとミーナ104: 続・本棚のミーナ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/55543570

この記事へのトラックバック一覧です: 2012スーペルコパ 2ndレグ: バルサ完敗:

« 京都 | トップページ | サラとミーナ104: 続・本棚のミーナ »