« 千葉NTのクリスマス | トップページ | ハードディスクの死と復活 »

2011年12月25日 (日)

JPOP名曲徒然草86:「愛しさの糧」 by 笠原弘子

1笠原弘子さんは1970年生まれで、小学生の頃からテレビに出演していたそうですが、CDデビューは1988年。本業は歌手というより声優なのかもしれません。「愛しさの糧」はアルバム「アリア」(SVWC7039 SONY MUSIC ENTERTAINMENT 1999年出版ですが現役盤) に収録されていて、ラストナンバーです。ゆったり聴けるバラードです。美しくディープで touching ですねえ。アップしてくれた ChocoBanana777 さんは美しい映像のみならず、各国語の翻訳もされていて素晴らしいです。

「愛しさの糧」作詞:山田ひさし、作編曲:岩崎琢
https://www.youtube.com/watch?v=CmRPGGcP3Ns

Sae Sakuraoka
https://www.youtube.com/watch?v=d7l6miWFnTw

「白いページの中に」
http://www.youtube.com/watch?v=IJyx6hIoN-E
http://www.youtube.com/watch?v=9TWNKwrlK7g&feature=related

「新宿北口ラプソディ」
http://www.youtube.com/watch?v=109bDjDXYdM

「Wind ~風の中に~」
http://www.youtube.com/watch?v=tJuaO3_Ku0M&feature=related

「空へ」
http://www.youtube.com/watch?v=XBnCMh-ygZc&feature=related

|

« 千葉NTのクリスマス | トップページ | ハードディスクの死と復活 »

音楽」カテゴリの記事

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

乱雑な投稿に、ご返答誠にありがとうございます。
…私、中学二年生の時に、たまたまつけたラジオで聴いた『沈丁花』に一発でやられました。

前の年に、一時期登校拒否に陥っていた私は、当時FM東京系列で放送されていた、『うたのプロムナード』というラジオ番組でこの曲を知りました。

去って行った恋人への想いを滔々と歌ったこの曲に、この曲こそは自分の為に創られたのでは、などという不遜な気分に陥ったのではないだろうかと、真に不遜な気分に陥った事実も否定出来ません。
ただ、中島みゆきさんに似て非なる歌を初めて知った私にとって、同じ年に引退した彼女(偶然でしょうか、二人ともヤマハポップの出身とは)。

堀江美津子さん、谷山浩子さん、島本須美さんなども、(もしかしてお好きならば)記事アップお願いします。

投稿: ボルサリーノ | 2012年1月 6日 (金) 19:39

> ボルサリーノ様

残念ながら「沈丁花」は聴いたことがありませんが、そのような歌があるということは、ボルサリーノさんの大きな財産ですね。

谷山浩子さんについては記事を書いていますよ↓
http://morph.way-nifty.com/grey/2011/11/by-0f69.html

これはこのブログのCMになりますが、カテゴリーの「音楽」をクリックすると、ボルサリーノさんのフェイバリットな音楽が出てくるかもしれません。

投稿: monchan | 2012年1月 6日 (金) 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/53570295

この記事へのトラックバック一覧です: JPOP名曲徒然草86:「愛しさの糧」 by 笠原弘子:

« 千葉NTのクリスマス | トップページ | ハードディスクの死と復活 »