« 11/12 リーガ・エスパニョーラ第8節 バルサ圧勝するもピケまた故障 | トップページ | サラとミーナ122: ロータッチとしっぽタッチ 都響2012ラインアップ »

2011年10月18日 (火)

村治佳織のアランフェス with 都響@東京文化会館2011

Photo昨夜は東京文化会館大ホールに出かけました。音響はサントリーホールに劣ると思いますが、ここは近いので9時に終わると10時半には帰宅できるので便利です。サントリーホールだと、どうしても11時を過ぎてしまいます。

村治佳織がアランフェスをやるというので、会場は5Fまでぎっしりです。本日のマエストロ、アラン・ブリバエフ(カザフスタン人)はとってもお茶目な人で、コンマスの山本さんも苦笑していました。そんな人ですが、お仕事はきっちり手堅くまとめていました。最初のグリンカ「ホタ・アラゴネーサ」は都響のアンサンブルもよくて「おおっ」と思いました。

そしてロドリーゴのアランフェス協奏曲。村治佳織が赤いドレスで登場です。昔彼女がもう寝たきりになっていたロドリーゴの自宅を訪ねるというテレビ番組をみましたが、そのような想い出もある曲で、最初の数秒で吸い込まれてしまいました。彼女のギターは情緒たっぷりなのに、わざとらしくない感じがいいですね。ファンが多いのも納得できます。

エッセンスは You Tube でも聴けます。
ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999)作曲 アランフェス協奏曲
http://www.youtube.com/watch?v=zGT83feJTQI

さらに聴衆の拍手に答えてアンコールまでやってくれましたが、これがまたすばらしい演奏でした。ディアンス自身は、この曲は下品に演奏しろなどと言っていますが、村治さんの上品な演奏も、この演奏会にはフィットしていて素晴らしかったと思います。

アンコール:ローラン・ディアンス作曲 タンゴ・アン・スカイ
http://www.youtube.com/watch?v=BZJwZYjh4bY
作曲者本人の解説
http://www.kayatsuri.co.uk/guitar/report/tango.htm

最後はスクリャービンの交響曲第2番。良くも悪くもロシアらしい金管大咆哮の爆音シンフォニーです。普通指揮者が演奏効果を高めるためにためたりするのでしょうが、それがあらかじめ楽譜に書いてあるようなえぐい感じもします。こんなのを年中やっていると、都響が下品になってしまいそうで不安ですが、まあ年に1~2度はこんな曲も良いのではないでしょうか。それに第3楽章(アンダンテ)は弦や木管が美しくて、また聴いてみたいと思いました。

|

« 11/12 リーガ・エスパニョーラ第8節 バルサ圧勝するもピケまた故障 | トップページ | サラとミーナ122: ロータッチとしっぽタッチ 都響2012ラインアップ »

音楽」カテゴリの記事

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/53021846

この記事へのトラックバック一覧です: 村治佳織のアランフェス with 都響@東京文化会館2011:

« 11/12 リーガ・エスパニョーラ第8節 バルサ圧勝するもピケまた故障 | トップページ | サラとミーナ122: ロータッチとしっぽタッチ 都響2012ラインアップ »