« デスモソーム | トップページ | ウォルフ都響のメンデルスゾーン@サントリーホール 2011/06/04 »

2011年6月 1日 (水)

Windows XP を遅くする要因 --- 劇的改善の一例

最近非常にパソコンが遅くなってしまったので、いろいろやっていたのですが、最も有効だったのはスタートアップツールの削除でした。

スタートボタンを押して、「ファイル名を指定して実行」 を起動して、ボックスに msconfig と入力して OK を押す。出てきたリストから不必要と思われるプログラムのチェックをはずす・・・というのが実際に行った作業です。

私の場合下記のプログラムのチェックをはずしたところ、劇的に状況が改善され、いまのところ問題も発生していません。どのプログラムの停止が最も有効だったかは確認していませんが、これだけ効果が顕著だと、困っている方はやってみる価値がありそうです。

AdobeARM
apdproxy
Reader_sl
AppleSyncNotifier
iTunesHelper
JustOnlineUpdate
NeroCheck
qttask
SSS
JSクイックサーチファイル
JSクイックランチ
WinZip Quick Pick
インフォメーションメニューランチャー
スタートアップツール for ATOK 2008

|

« デスモソーム | トップページ | ウォルフ都響のメンデルスゾーン@サントリーホール 2011/06/04 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/51829580

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP を遅くする要因 --- 劇的改善の一例:

« デスモソーム | トップページ | ウォルフ都響のメンデルスゾーン@サントリーホール 2011/06/04 »