« 江ノ島2 ・・・ 江ノ島の猫 | トップページ | JPOP名曲徒然草65: 「海のキャトルセゾン」 by とみたゆう子 »

2011年3月 7日 (月)

リーガ第27節: 内容圧倒もバルサ、サラゴサに薄氷の勝利

Photoバルサの日程は厳しく、ミッドウィークのバレンシア戦をなんとか勝って、今回カンプノウでサラゴサ戦。そして火曜日にはアーセナルとの重要な一戦。同じメンバーでやっているとボロボロになってしまいます。ここはペップの腕の見せ所ですが、そのペップは椎間板ヘルニアで入院していたとのこと。椎間板ヘルニアの場合、初期だとブロック注射(局所麻酔剤+消炎剤)で経過をみるのでしょうから、ペップも多分そうしたのでしょう。

スタメン免除になったのはビジャ・イニエスタ・アビダル・ブスケツ。本当はメッシやダニも休ませた方が良かったのではないかと思いますが、彼らは一見非常に元気に見えるので、お休みはなしです。しかし反射神経の鈍化がみえるメッシを休ませられないというのは、ペップの采配に問題があると言わざるをえません。

FW:ペドロ・メッシ・ボヤン、中盤:ケイタ・チャビ、底:マスチェラーノ、DF:マクスウェル・ミリート・ピケ・ダニ、GK:バルデス。サラゴサはシナマ=ポンゴルのワントップでベルトロがトップ下の1135。中盤左のエンダウという選手がメッシをマーク。これがなかなか守備のうまい選手で、バルサでやってくれないかなと思うくらいでした。

バレンシアと比べると実力的にかなり下のチームなので、このメンバーでもバルサは苦戦することなく、ボールを持ってどんどん攻撃します。ダニもがんがん上がって、メッシとのワンツーで攻撃しますが失敗。左SBのマクスウェルも上がって、シュートやクロスで勝負しますが得点ならず。ポンゴル→ベルトロのカウンターはピケがなんとかクリア。

19分にはCKからサインプレーでペドロがボレーシュートを放ちますが、GKドブラスに止められてしまいました。チャビのミドルもドブラスが止めます。ボヤンやメッシもシュートを打ちますが決められません。29分にはダニの浮き球をケイタがヘッドでたたき込みますが、オフサイドの判定。スローで見るとオフサイドではありませんでした。マスチェラーノの素晴らしいミドルもドブラスにセーヴされてしまいます。

前半終了間際の43分、メッシが右サイドを切り込み、ラインぎりぎりから中央に戻す球をサラゴサDFがクリアミス。これをケイタが拾ってゴール。ラッキーな得点でした。これでブレイク。

後半開始早々、ベルトロの左サイド突破をピケがおさえそこね、カバーリングも悪くてシュートを打たれますが、はずしてくれて結果オーライ。今日のサラゴサのGKドブラスは当たっていて、バルサのいいシュートも止められてしまいます。そうこうしているうちに、サラゴサはなつかしいもとバルサのエジミウソンを投入。16分早速そのエジミウソンからロングパス1発がシナマ=ポンゴルに通って大ピンチ。しかし1:1の局面でバルデスがなんとかはじいて危機を回避しました。

このあとビジャ・アビダル・イニエスタを投入して優勢を維持しつつ試合終了。1:0の僅差ながらサラゴサを振り切りました。今日は良かったのですが、さてミッドウィークのアーセナル戦はどうなるのでしょうか? メッシがどこまで保つかちょっと心配です。

|

« 江ノ島2 ・・・ 江ノ島の猫 | トップページ | JPOP名曲徒然草65: 「海のキャトルセゾン」 by とみたゆう子 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/51056446

この記事へのトラックバック一覧です: リーガ第27節: 内容圧倒もバルサ、サラゴサに薄氷の勝利:

« 江ノ島2 ・・・ 江ノ島の猫 | トップページ | JPOP名曲徒然草65: 「海のキャトルセゾン」 by とみたゆう子 »