« 原発 危機一髪 | トップページ | サラとミーナ108:疎開先より帰還 »

2011年3月17日 (木)

サラとミーナ107:疎開

電話が止まり
ガスが止まり
ガソリンはなし
スーパーにものはなし
ペットショップも閉鎖

これがわが家、および周辺の状況です。生活するのが困難な状況です。

福島原発は「もうダメかも」状態。
現場の方々は本当に頑張って、メルトダウンしそうな原発をよくここまでもたせたと思います。素晴らしい活躍に脱帽するしかありません。

Aaa

生活が成り立たないので、まず猫たちを疎開させました。
写真上は疎開先の猫たちです。
眺めるものがあまりなくてかわいそう。

猫たちの疎開には、このガソリン不足の折り、プリウスの低燃費が絶大な威力を発揮しました。

Bbb

写真下は疎開先から私が上京するときの新幹線。
この危機に東京に来る人は少ないようです。
そのかわり北総線は体が浮く大混雑。
ひさしぶり。でも何かバランスの悪さを感じます。

私も明日から数日北総を離れることにしました。

ネット環境がありませんので、ブログも開店休業です。
もっともこういう状態でサッカーの記事を書く気もしませんが。

最後に少し注意を喚起したいのですが、よくテレビなどで
マイクロシーベルトだから安心などと言っていますが、
吸い込んで内部被曝すると、場合によっては1年たてば
24hour x 30day x12 month= 8640 倍の被曝ということになります。

プルトニウム239などは半減期が2万4千年で、その間ずっとα線を
出すそうなのでたまったものではありません。1年で癌にならなくても
数年たってから影響が出ることも考えられます。

|

« 原発 危機一髪 | トップページ | サラとミーナ108:疎開先より帰還 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラとミーナ107:疎開:

« 原発 危機一髪 | トップページ | サラとミーナ108:疎開先より帰還 »