« ボビーとバベット | トップページ | サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 »

2010年12月13日 (月)

リーガ第15節: 絶好調バルサ ソシエダに何もさせず完勝

Photo突然の列車・バス移動でも、Bチームでも勝ってしまうバルサ。いったいどうなっているんだろうと思いますが、ともかく好調であることには違いありません。故障者が少ないのは、選手の体調を計りながらうまく休ませてまわしているのが功を奏しているのでしょう。2~3年前には選手が明らかに疲労していて動きが鈍いことがよくありましたが、最近はほとんどそんな試合はありません。

今日はカンプノウでレアル・ソシエダとの対戦。FW:ビジャ・メッシ・ペドロ、中盤:イニエスタ・チャビ、底:マスチェラーノ、DF:マクスウェル・アビダル・プヨール・ダニ、GK:バルデス。ソシエダは4141の非常にきれいなフォーメーション。トップはジョセバ・ジョレンテです。

ソシエダは中央重視の守備で、わりとサイドはスカスカになることが多い感じでした。8分密集守備の中央から少しはずれた右にペドロが突入し、グラウンダーの高速センタリングがビジャにピッタリ合ってまず1点。守備が固められていた割には早めに先取点がとれました。29分には6人の最終ラインを完璧に突破したのですが、ダニが最後の仕上げを決め損なって得点ならず。しかし終わってみれば、これもご愛敬でした。

32分には密集守備をイニエスタ→ペドロ(ノールック)→イニエスタのワンツーで突破し、イニエスタが狭いニアサイドをぶち破ってゴール。ソシエダはほとんどチャンスもないまま前半終了。

後半も開始早々、ダニとメッシが3回のワンツーでディフェンスを突破。最後はメッシがゴールにパスして3点目。バルサは早々とマスチェラーノ→ブスケツ、ペドロ→ボヤン、チャビ→ケイタの選手交代でミニローテーションです。このような細かい配慮が、今シーズンの特徴的な選手起用です。

87分にはメッシの一人舞台。ゴールエリアを右から左にゴールラインに平行に疾走し、すきまをさがしながら結局DFの端点まで走りきり、鋭角にゴール右隅にシュートして4点目。タイムアップ間際にはボヤンがカウンターで疾走し、フリーのビジャを無視して自分でゴール。まあ彼も生活かかっているのでよしとしましょう。

野口さんがバルサは3バックにすべきだなどと言いたそうでしたが、そんな必要性は全く感じませんね。ダニが元気であるかぎり、実質3バックみたいなものですし、彼がやりやすいようなフォーメーションでやるべきでしょうね。何しろメッシと二人でDF全員をスルーできるお方ですから。ブラジル代表でもわかるように彼がMFやると何やってるかわかりませんし、3バックの右にすると攻撃の持ち味が消えてしまいます。でもあれだけの技術を持っていながら、4バックの右じゃないとダメというのは不思議な専門職の選手です。

|

« ボビーとバベット | トップページ | サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/50293203

この記事へのトラックバック一覧です: リーガ第15節: 絶好調バルサ ソシエダに何もさせず完勝:

» 第15節 「バルセロナ - レアル・ソシエダ」 [Yellow Submarine Ⅱ ~ リーガエスパニョーラ]
リーガ・エスパニョーラ10-11 第15節 「バルセロナ - レアル・ソシエダ」 5-0 バルサは無失点で大量得点。 【バルサ】 ビジャ            ペドロ メッシ イニエスタ      シャビ マスチェラーノ マクスウェル アビダル プ... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 17:20

« ボビーとバベット | トップページ | サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 »