« サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 | トップページ | リーガ第16節: バルサ エスパニョールの最終ラインをスルーパスで突破 »

2010年12月18日 (土)

カセットテープをデジタル化

永年昔のカセットテープをどうしようかと悩んでいましたが、ついにデジタル化しようと決断しました。さてどんな機器でやるかですが、下記(1)のUSBカセットプレーヤー(写真)を使うことにしました。5000円くらいなので高価ではありません。

Aaaa

しかし付属のソフト「EZ Vinyl Tape Converter」(下記2)がくせ者でした。まずビニルテープという名前が納得いきません。ソフトを起動するとまずLPかテープかを選ぶ画面が出てきますが(テープコンバータという名前にもかかわらず!)、どちらをクリックしてもチェックボックスにチェックははいりません(???)。試しているうちに、うっすらと色がつく方がOFFで、無色の方がONだということに気がつきました。で、テープをチェックすると、ノーマルかクロームかを選ぶ画面がでてきます。これはグレーアウトしている方がONです(爆)。全く何というソフトなんでしょう。これで設定は終了。あとはスタートしてカセットのプレイボタンを押し込めばOKです。

Bbbb

写真のようなシンプルな画面が出てきて進行。進行のスピードはx1のリアルタイムです。終わりのメッセージが出たらネクストボタンを押します。取り込んだデータに名前を記入して次に進むと自動的に iTunes が起動し、データが変換されて取り込まれます。曲間はきちんと認識するようです。このソフトは iTunes と連携しているので、基本的には iPod で聴くためのソフトのようです。

1)USBカセットプレーヤー

http://www.comeon.jp/shop/rec_deck/ion.htm

2)ソフトウェアダウンロード
http://www.ionaudio.com/ezvc

|

« サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 | トップページ | リーガ第16節: バルサ エスパニョールの最終ラインをスルーパスで突破 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/50335710

この記事へのトラックバック一覧です: カセットテープをデジタル化:

« サラとミーナ100: 100に到達も平穏な毎日が一番 | トップページ | リーガ第16節: バルサ エスパニョールの最終ラインをスルーパスで突破 »