« サラとミーナ99: キャットタワーvs食卓椅子 | トップページ | JPOP名曲徒然草55: 「哀しみのオーシャン」 by 葛城ユキ »

2010年11月30日 (火)

リーガ第13節: マドリー壊滅 バルサ首位に浮上

Photoクラシコです。観客9万8千のカンプノウでの対戦。バルサのスタメンはFW:ビジャ・メッシ・ペドロ、中盤:イニエスタ・チャビ、底:ブスケツ、DF:アビダル・プヨール・ピケ・ダニ、GK:バルデス。ブスケツの体調に問題があるのかと思っていましたが、スタメンということで一安心。これがバルサのベストメンバーです。一方マドリーはトップ:ベンゼマ、2列目:Cロナウド・エジル・ディマリア、ピヴォーテ;アロンソ・ケディラ、DF:マルセロ・カルバーリョ・ペペ・ラモス、GK:カシージャス。イグアインが出ていないのは意外でしたが、体調に問題があったようです。ベンゼマはイグアインほどデンジャラスじゃないので、少しラッキーでした。

予想通りポゼッションはバルサ。早速メッシがゴール右角度のないところからカシージャスの頭越しを狙ったループシュートを放ちますが、これはポストにあたって不発。しかし10分にはすごい場面が待っていました。左サイドのイニエスタから、中央に抜け出すチャビにパスが出るのですが、これがおそらくDFにカスって、ぴったりではなく少し後側にずれます。これをチャビがヒールでトラップして体の前にはじき、シュートして1点目のゴール。芸術的なゴールでした。最近の試合ではやや精彩を欠くところもあったチャビですが、さすがにクラシコではやってくれました。

このあとさすがにマドリーも攻撃をしかけてきて、エジル→ディマリアのパスからディマリアがシュートを打ちますが、これはバルデスがはじきました。その後ベンゼマへのラストパスをぎりぎりでアビダルがクリアする場面などもありました。しかしマドリーがよかったのもこのあたりまで。18分にはビジャが左サイドフリーでパスを受けて、左サイドから中央へ深く進入し、ゴール前のペドロに強いセンタリングを行いますが、カシージャスがこれをはじいて止めようとします。しかしはじいた球がペドロの前にきて、有難くペドロが押し込んで2点目のゴール。

このあたりまでは両者無心でプレイしていた感じだったのですが、そのあとサイドラインで、ペップがロナウドに球を渡さず地面に捨てたのに怒ったロナウドがペップをこづくという事件がおこり、不穏な雰囲気が漂ってきます。メッシがカルバーリョにひじうちを食らいますが、なぜかメッシがイエロー。2:0で前半終了。

前半は完全なバルサペースだったので、モウリーニョは後半エジルをディアラに代えてきます。負けているのに守備的な選手を投入するのは変な感じもしますが、両サイドの上がりを促すという狙いなのでしょう。それでも今日の意気あがるバルサには無効でした。55分にはメッシのスルーパスがビジャにぴったり合ってゴール。3点目です。ビジャはクラシコ初出場初ゴールです。58分にはまたメッシから、こんどはかなり長いスルーパスが左サイドを抜け出すビジャにぴったり合って4点目のゴール。飛び出すカシージャスのサイドを抜ける右足アウトサイドのシュートでした。メッシがスルーパスの意識を持てば、バルサは得点チャンスが飛躍的に増えます。

4点とったのでバルサはもはやビジャ・チャビ・ペドロをひっこめ、ボヤン・ケイタ・ジェフレンを余裕の投入。終了間際そのボヤンが右からゴール前にセンタリング。飛び込んだイニエスタはわずかに間に合いませんでしたが、ジェフレンがファーサイドにいて合わせてゴール。5:0です。これに切れたのかセルヒオ・ラモスがメッシにキックをあびせて一発退場で乱闘寸前になりましたが、なんとかおさまって試合終了。スタジオに切り替わると、マドリディスタの大澤亜季子アナが泣きそうになっていました・・・ゴメンネ。

どうしてこんなスペクタクルな試合ができたのか? ひとつは選手の体調維持に成功したということ、そしてメッシが「俺俺サッカー」を捨て、スルーパスの意識を強く持ってくれたということ。最後にこれはマドリーの現在のサッカーに関してですが、相手に攻めさせながらミスをつき、スピードにものをいわせてカウンターで瞬殺するというという狙いで、バスケットボールのようなサッカーをやっているようなのですが、これがバルサと合わなかったことが上げられます。今日のバルサは非常にミスが少ないサッカーをやりました。攻めさせてくれるサッカーをやるとバルサは楽です。

バルサが困るのは、コペンハーゲンのようにコンパクトに選手を集めて、プレスでパス回しを妨害されるとか、下がってガチガチに守られるとか、テクニックで球を回されてポゼッションの時間を減らされるとか、ファウルを誘われてFKで空中戦で攻められるとか、いくつもパターンがあるのですが、マドリーはそのどれにも該当していませんでした。モウリーニョが選手の力を過信していたふしもあります。

これでバルサはついにマドリーを逆転して首位に浮上。ビジャも2得点でふっきれそうです。ただまだサンチャゴ・ベルナベウで負けると逆転される僅少ポイント差なので、まだまだリーガ制覇への道は続きます。

百聞は一見にしかず:

http://www.youtube.com/watch?v=XHOkE14XHwg

|

« サラとミーナ99: キャットタワーvs食卓椅子 | トップページ | JPOP名曲徒然草55: 「哀しみのオーシャン」 by 葛城ユキ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/50172490

この記事へのトラックバック一覧です: リーガ第13節: マドリー壊滅 バルサ首位に浮上:

» 第13節 エル・クラシコ [Yellow Submarine Ⅱ ~ リーガエスパニョーラ]
リーガ・エスパニョーラ10-11 第13節 「バルセロナ - レアル・マドリード」 5-0 バルサ圧勝でクラシコ5連勝。 【バルサ】 ビジャ    メッシ    ペドロ イニエスタ     シャビ セルヒオ・ブスケツ アビダル プジョル ピケ ダニ... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 15:47

« サラとミーナ99: キャットタワーvs食卓椅子 | トップページ | JPOP名曲徒然草55: 「哀しみのオーシャン」 by 葛城ユキ »