« パワーショット S95: 私的評価 | トップページ | イテッ »

2010年10月26日 (火)

リーガ第8節: バルサ システム変更で最下位サラゴサに勝利

Photo今日の対戦相手サラゴサはまだ今期未勝利のチーム。アウェイのラ・ロマレダでの対戦とはいえバルサは負けられませんが、チャビは故障回復が思わしくなくベンチ。これでペップはかなり考えたようです。FW:イニエスタ・ビジャ・ペドロ、中盤:ケイタ・メッシ・ダニ、底:ブスケツ、DF:アビダル・ピケ・プヨール、GK:バルデス(風邪が回復して復帰)という布陣でした。これだけはっきりした3バックは、バルサとしては大変珍しいケースです。もっともダニはたいてい前の方にいるので、結果的に3バックになるのはいつものことですが・・・。あとチャビがいないので、メッシがトップ下・イニエスタは左というシステムは問題ありません。バルサ3133、サラゴサ532という珍しい対戦になりました。

サラゴサはウチェもシナマボンゴルも体調不良で不在。しかも5バックの守備的なシステムで、明らかに攻撃力不足です。バルサは開始から攻めまくりますが、例によってビジャがツキから見放されておかしくなっているのと、メッシもシュートは打つものの決まらず得点できません。そのうち中盤でとられて、右サイドからゴール前のブラウリオにクロスを通され1:1。これはブラウリオがはずしてくれました。さらにCKからヤロシークの頭にあわされましたが、バルデスがからくもはじいて失点は免れました。

ビジャはシュートがはいらないので中盤で頑張ろうと思ったのか、さかんにドリブルやパスで動いていました。35分のペドロへのパスは得点に結びつきませんでしたが、ついに42分右からドリブル突破とみせてDF3人を集め、フリーで中央に飛び出すメッシにスルーパス。これがドンピシャで決まって、メッシが1:1からきっちりゴールを決めてくれました。

後半かなり鬱積していたのでしょうか、開始直後ポンチオが試合と関係ないところでダニの耳にパンチ。見えてないつもりだったのでしょうが、ラインズマンが見ていて一発退場。これでサラゴサはがっくりきました。66分にはイニエスタのミドルシュートの跳ね返りをメッシがたたきこんで2点目。こうなるとバルサはイニエスタとペドロを下げる余裕です。ビジャは終了直前にもポストに当てるなど、ゴールから嫌われるという病気はまだまだ治りません。

|

« パワーショット S95: 私的評価 | トップページ | イテッ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/49852357

この記事へのトラックバック一覧です: リーガ第8節: バルサ システム変更で最下位サラゴサに勝利:

« パワーショット S95: 私的評価 | トップページ | イテッ »