« 田部京子 シューマンプラス第6章 | トップページ | ドボルジャーク「交響曲第8番」 by 都響@サントリーホール »

2010年6月11日 (金)

ワールドカップ開幕

150pxfifa_world_cup_org

いよいよワールドカップがはじまりました。バルサの選手も世界に散ってがんばります。しかし何と言ってもスペイン代表がみものです。このメンバーで優勝できなかったらいつ優勝するんだという強力なチームです。トーレスとビジャのFWもさることながら、中盤がすごい。イニエスタ・チャビ・アロンソ・シルバ・セスク・ブスケツ・ハビ、誰が出るのでしょうか? イングランド・オランダも強力ですが、ドイツが全然注目されていないのは不気味です。ウルグァイ・コートジボアールあたりがダークホースか。ウルグァイのフォルランのシュート技術は、ブラジルのファビアーノやニウマールより上です。

ジャパンは岡田監督が何を考えているのかよく分かりません。まだフォーメーションで迷っているとは泣けてきますね。守備的に行くのか、攻撃的に行くのかも迷っているのではないかと疑われます。

守備的に行くなら451はかなり効果的なフォーメーションです。バルサもこれにやられたことがありました。SBとMFが両サイドに常駐するのでサイドアタックが完封されて、中央突破しか選択肢がなく、バルサをもってしても結局1点もとれませんでした。しかも無理に中央突破を狙うと、球をとられやすくなりカウンターをくってしまいます。これは日本代表の作戦として面白い選択だと思います。しかし実際には4321に近い作戦だったようで、「なーんだ」という感じです。イブラがCFやってるときのバルサに近いですね。ともかくあっというパスワークを期待します。あと川島の奇跡のセーヴも。

|

« 田部京子 シューマンプラス第6章 | トップページ | ドボルジャーク「交響曲第8番」 by 都響@サントリーホール »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/48604498

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ開幕:

« 田部京子 シューマンプラス第6章 | トップページ | ドボルジャーク「交響曲第8番」 by 都響@サントリーホール »