« ネアンデルタール人のゲノム | トップページ | 地獄の日本兵 by 飯田進 »

2010年5月15日 (土)

山崎ハコ バースデイライヴ@STB139

Hako

山崎ハコの35周年記念バースデイライヴに行ってきました。彼女は文化人受けする人で、会場のSTB139はテレビなどで顔が知れた人がいっぱい。彼女のファンであるということは、ちょっとした文化人の裏ステータスかもしれません。ミーハーじゃないけれど、田勢康弘氏を間近でみられて感激。彼の「週刊ニュース新書」という政治経済評論の番組では、スタジオで猫が放し飼いにされています。そこまではよかったのですが、私の席のすぐ近くにノーベル賞受賞者の某先生が着席されたので、ちょっと緊張してしまいました。

昔のハコちゃんは無敵の凶器という感じもありましたが、安田裕美氏と結婚してからは幸せオーラいっぱいで、かなり雰囲気がかわりました。ライヴは定番の「望郷」の前に、彼女の出身中学校の校歌からスタート。ステージにいるのは彼女と安田さんだけですが、今回は演出家に構成を頼んだと言うことで、かなり凝ったステージでした。「ヨコハマ」はサマータイムからはじまるブルース仕立て。「ヨコハマホンキートンクブルース」は以前にこのブログでもとりあげたことがあります(http://morph.way-nifty.com/grey/2006/11/post_17ea.html)。そういえば30周年ライヴにも行ってましたね(2006年でした。今は2010年・・・むむ ちょっと計算合いませんが、細かいことはまあいいか)。今日はオリジナルの原田芳雄氏もみえていたようです。

彼女は自称「なんでも歌うフォーク歌手」だそうです。なんでも・・・といってもシャンソン・カンツォーネ・南米音楽(ポルトガルのファドは歌っていますが)・ハワイアンなどはあまりやっていませんが、「エデンの東」を歌ったのにはびっくりしました。「リンゴ追分」ではファルセットで絶叫という離れ業。「100万本のバラ」はお客さん用の入り口からはいって、フロアを一周しながら歌いきりました。これはなかなか良い演出だと思いました。「気分を変えて」の前には「今日はブチ切れるぞー」などと宣ってがんがんやっていました。淡谷のり子「昨夜の男」や北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」のカバーもやっていました。ものすごく完成度の高いコンサートだったと思います。今年の秋にはなんと映画俳優としてデビューするそうです。

山崎ハコのHP:http://www31.ocn.ne.jp/~hako/

|

« ネアンデルタール人のゲノム | トップページ | 地獄の日本兵 by 飯田進 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/48363457

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎ハコ バースデイライヴ@STB139:

» 山崎ハコ 全作品 1 [懐かしいアナログ盤♪]
山崎 ハコ (1957年5月18日 ) 大分県日田市出身。 本名、安田 初子(やすだ はつこ、旧姓・山崎)。1975年にアルバム『飛・び・ま・す』でデビュー。演奏・作編曲など長く仕事を共にしたギタリストの安田裕美と結婚。 1998年に所属事務所が倒産したことで一時期ホームレスにも近い極貧生活をしていたこともある。その為にマネージメント、所属事務所、営業活動などは全て自分で行い、生活のためにアルバイトで生計を立てていた。しかし、バイト先の有線放送でたまたま自分の曲がかかったときに「自分は歌わな... [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 23:01

« ネアンデルタール人のゲノム | トップページ | 地獄の日本兵 by 飯田進 »