« リーガ第31節: バルサ敵地でのクラシコに完勝 | トップページ | リーガ第32節: バルサ:カンプノウに凱旋 »

2010年4月12日 (月)

ポシュナー・都響のブラ4

Photo

都響のブラ4を聴きに行ってきました。指揮者はマーカス・ポシュナーというブレーメン歌劇場の音楽総監督。今年の秋からドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任するそうで、かなり期待されている若手指揮者のようです。多分初来日なのではないでしょうか。

音楽は若さにあふれた情熱的で豊麗なものでした。よく交響曲第4番はブラームス枯淡の境地といわれますが、こんなに明るく元気の良い音楽もなかなかいいものです。第1楽章のセクシーさ、緩徐楽章しなやかな美しさ、第3楽章の推進力、フィナーレの爆発的な迫力、指揮者の意図を都響が見事な演奏で実現していました。この演奏で結構空席があるというのはもったいない現実です。

プラハ・フィルのフルシャがプリンシパルゲストコンダクターに就任したそうですが、ポシュナーもまた来演して欲しいですね。第9とかブラ1などを聴いてみたいと思いました。

|

« リーガ第31節: バルサ敵地でのクラシコに完勝 | トップページ | リーガ第32節: バルサ:カンプノウに凱旋 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/48069918

この記事へのトラックバック一覧です: ポシュナー・都響のブラ4:

» クラシコ ネット [20秒で丸わかり!話題のニュース]
コラム:クラシコで明らかになった「差」 9 レアル・マドリーとバルセロナによる、サンチャゴ・ベルナベウでの“クラシコ”。両チームは勝ち点77でリーガエスパニョーラの頂点に並んでおり、メレンゲスがブラウグラナを得失点差わずか1の差で上回り、リーガ首位の座に着いていた。 だが2つのチームの差は、ピッチの ... (続きを読む) カカー&イブラ、クラシコに間に合わず 201049... [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 10:00

« リーガ第31節: バルサ敵地でのクラシコに完勝 | トップページ | リーガ第32節: バルサ:カンプノウに凱旋 »