« 赤血球の脱核 | トップページ | リーガ第20節: バルサ、イニエスタ→ペドロの一発でヒホンを振り切る »

2010年1月29日 (金)

JPOP名曲徒然草36:「Just one more time」 by 麻生よう子

麻生よう子は18歳で名曲「逃避行」でデビューしました。若いにもかかわらず、その湿度のある低音の魅力でこの曲を歌って大ヒットしました。

麻生よう子「逃避行」
http://www.youtube.com/watch?v=r0OEK41-N9c
http://www.youtube.com/watch?v=J5CDaIlZjbE
http://www.youtube.com/watch?v=4azO728sRRE
http://www.youtube.com/watch?v=W3JafrmiCc8

麻丘めぐみ version
https://www.youtube.com/watch?v=inM31AOAM-g

Old company version
https://www.youtube.com/watch?v=aHry3giYttM

雨のプレリュード
https://www.youtube.com/watch?v=OezMyMugNUw

西航路
https://www.youtube.com/watch?v=j-FuQ9lsJgA

淋しいイヴの夜
https://www.youtube.com/watch?v=f6YSKtb1R_0

ジョニーへの伝言
http://www.youtube.com/watch?v=A6AB6VraPMI

別れの朝
http://www.youtube.com/watch?v=TLyNzYRHn2A

午前零時の鐘
http://www.youtube.com/watch?v=RrgG4iq-2T0

淋しいイヴの夜
http://www.youtube.com/watch?v=f6YSKtb1R_0

愛は惜しみなく
http://www.youtube.com/watch?v=3dEIidyGbBU&feature=related

アルバム:「Just one more time」VICL-2061(ビクター音楽産業)は1991年発売ですが、いまだに現役盤だったのには驚きました。 ウィキペディアでは落ちています。6曲すべてタイトル横文字のアルバムで、歌謡曲歌手としては思い切ってポップス寄りに制作してあります。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0-%E9%BA%BB%E7%94%9F%E3%82%88%E3%81%86%E5%AD%90/dp/B000UVEA2I/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=music&qid=1264685372&sr=1-5

「Just one more time」はラスト6曲目に収録 作詞:Shikamon, 作曲:Shikamon 編曲:Masaki Iwamoto。

Shikamon というのは鹿紋太郎という方のようです(未確認)。しっとりしたバラードで、麻生よう子にぴったりの曲です。Shikamon という方はなかなかのメロディーメーカーで、歌詞も女性がカラオケで歌うにはぴったりだと思います。「C'est la vie」は特に英語圏のパートナーをお持ちの女性におすすめ。英語詞を男性が、日本語詞を女性が歌って溶けあえます。

試聴: http://music.yahoo.co.jp/record/dtl/LAA154928/

「Just one more time」以外にも数枚のアルバムがアマゾンなどで発売されており入手は容易です。

Photo_7

|

« 赤血球の脱核 | トップページ | リーガ第20節: バルサ、イニエスタ→ペドロの一発でヒホンを振り切る »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

このアルバムについての評論初めて見ました
麻生さんは「ソニーのカナリア」というキャッチフレーズで、レコ大最優秀新人賞まではよかったですが、「逃避行」「午前零時の鐘」の様な歌い上げるイメージがついてしまい、実力の割に残念なその後でした
ソニーからポリドールに移って、また男性誌にグラビアを出してから、すっかり姿を見なくなりましたが、このビクター移籍とヨーグルトのCFで私も安心しました
このアルバム持ってます
今は郷里の大阪で主婦をされているようですが、私はソニー時代の「102号室」が最も気に入ってます
久しぶりに聴いてみます

投稿: シーサイド貝掛 | 2011年5月10日 (火) 00:16

シーサイド貝掛さんは結構彼女のファンだったんですね。

「102号室」ですか・・・。その曲は私は聴いたことがありません。機会があったら聴いてみたいと思います。

「Just one more time」の収録曲は、なかなか名曲揃いだと思います。

投稿: monchan | 2011年5月10日 (火) 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/47416576

この記事へのトラックバック一覧です: JPOP名曲徒然草36:「Just one more time」 by 麻生よう子:

« 赤血球の脱核 | トップページ | リーガ第20節: バルサ、イニエスタ→ペドロの一発でヒホンを振り切る »