« サラとミーナ61: 興奮と沈静 | トップページ | 国家指導者の出身学部 »

2009年9月 6日 (日)

オランダvsジャパン

51mqオランダ代表と日本代表の親善試合。このブログにも昔しょっちゅう登場していた元バルサのファン・ブロンクホルストの顔もあって、なつかしい感じです。つい最近までレアルマドリーの選手で応援できなかったのですが、スナイデルは大好きな選手です。日本のサッカーには詳しくないので、あまりコメントしたくないんですが、見てしまうとやっぱり何か言いたくなるのはサッカーファンの性です。

久しぶりに日本代表の試合をみました。結論的に言って、あんなに後半バテバテになるのは恥ずかしいでしょう。それでいて選手の交代もしないのですから、相手に対して失礼です。前回のワールドカップの時から、「日本代表は後半がっくりとスタミナ切れになるのでつけ込める」とオーストラリアの監督に言われてきたような状況に全く変化なし。各選手の実力はかなりあるのに、作戦がまずくてスタミナを後半まで持たせることができないのは監督の責任でしょう。どうせ「前半は素晴らしいサッカーができた」などというコメントなのでしょうが、サッカーは90分あるんです。もう少しスタミナを温存できる作戦を考えないと試合になりません。自分の理想のサッカーを60分くらいできれば、あとの30分はどうでもいいという風にしか受け取れませんね。

こういう試合を何年も繰り返しているくらいなら、いっそのこと前半は徹底的に守備的なサッカーをやってもいいのではないかと思います。俊輔と遠藤は後半から出して、一気に攻撃というのはどうでしょう。FWは昔に比べるとカターニャの森本も含めて、いい選手が出てきたので、俊輔と遠藤がトップ下にいれば点はとれるでしょう。どうしてもプレッシング中心のサッカーがやりたいのなら、DFとボランチでぐたぐたボールを回すとか、いったん逆サイドに回してからSB経由でGKに戻すなどして、前を休ませる時間をつくらないと保ちません。

|

« サラとミーナ61: 興奮と沈静 | トップページ | 国家指導者の出身学部 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/46131482

この記事へのトラックバック一覧です: オランダvsジャパン:

» ミサンガ 作り 方 [ミサンガ 作り 方]
ミサンガ 作り 方を大至急お探しの方も、ミサンガについてじっくり研究したいかたも、どうぞ。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 18:56

« サラとミーナ61: 興奮と沈静 | トップページ | 国家指導者の出身学部 »