« パソコンの落とし穴 そして哀しき阪神タイガース | トップページ | ブダペスト・ストリングスのアルビノーニ協奏曲集 »

2009年5月 8日 (金)

バルサ: 10人でローマへの道を切り開く

BraugranaUEFAチャンピオンズリーグの準決勝、スタンフォードブリッジでの 2ndレグ。カンプノウでの 1stレグでは0:0に終わったので、今回1:1以上の同点ならアウェイゴールの利でバルサ勝ち。とはいってもクラシコ直後のアウェイ戦ということで、バルサとしてはコンディション的に非常に苦しい試合です。

アンリとマルケスが故障。プヨールがカード蓄積で出場停止ということで、バルサはCBの人選が厳しく、今日はピケとヤヤという非常事態。左はアビダル、右はダニ。FW:イニエスタ・エトオ・メッシ、中盤:ケイタ・チャビ、底:ブスケツ、GK:バルデスです。

チェルシーはホームですが、基本的にはカンプノウと同様守備的な作戦。ドログバの一発を狙っています。しかし先制点は意外にあっさりとチェルシーがとりました。ランパードの打っとけシュートがヤヤに当たって、エッシェンの前にフワッとあがり、これをエッシェンがボレーシュートすると芯にあたって、ボールはバーに当たってゴール。これはもうどうしようもありません。

チェルシーは全員自陣でバルサの選手の前へのパスコースを徹底的に遮断して、シュートへの体勢を許さない作戦。これにバルサは苦しみました。チャビの調子が悪く、パスの精度が悪かったのも問題。エトオがチャビに本気で怒っているのをはじめて見ました。たまにボールをとられると、飛び出すドログバにパスされて、たちまち大ピンチですが、バルデスの活躍でなんとか失点を防ぎます。チャビからダニの頭に合わせたのがバルサ最大のチャンスでしたが、DFに寄せられてゴールならず前半を終了。

後半も早速ドログバがフリーになる場面がありましたが、なんとかバルデスがシュートを足で止めて命拾いです。そのうち大変なことが起きてしまいます。アネルカが飛び出して勝手に転倒したところ、1メートルくらい離れた位置にいたアビダルが一発レッドで退場。無茶苦茶です。もし東スポの言うように、UEFAの陰謀でバルサが勝ったというなら、こんな判定はあり得ません。百歩譲ってもカードなしのファウルでしょう。これでバルサは残り30分左サイドバック無しでの試合を強いられることになりました。

チェルシーもこのあたりでドログバは限界で、ベレッチを投入。守備固めにはいりました。36分、問題のピケのハンドは確かに手に当たっています。PKとられても仕方のない場面でしたが、シュートやラストパスを阻んだわけではないので、レフェリーとしてはとりにくいところでした。まあアビダルの一発退場と相殺です。

40分にはブスケツを下げてボヤンを投入。ペップも最後の賭けに出ました。43分にはペップがヒディングの肩を抱いて健闘をたたえる場面も映りました。そしてロスタイムに突入。ここで右サイドを駆け上がるダニからクロスがゴール前にあがり、これをエトオがポストになってメッシにパス。メッシがイニエスタにもどして、ドカンとイニエスタがミドルシュートを決めました。ウヮー。ペップもピッチ脇を全力疾走。

しかしこれでは終わらず。バラックが最後の強烈なシュートを打ちますが、ケイタが脇の下でクリア。バラックは猛抗議をしますがレフェリーは受け付けず、逆にカードを発行。バルサは10人でチェルシーを打ち破り、ローマへの道を切り開きました。決勝は5月27日ローマで、マンUと一発勝負での頂上決戦になります。

|

« パソコンの落とし穴 そして哀しき阪神タイガース | トップページ | ブダペスト・ストリングスのアルビノーニ協奏曲集 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44939421

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 10人でローマへの道を切り開く:

« パソコンの落とし穴 そして哀しき阪神タイガース | トップページ | ブダペスト・ストリングスのアルビノーニ協奏曲集 »