« サラとミーナ52: 桜咲く季節 | トップページ | 阪神タイガース東京開幕(付録ユーミンライヴ) »

2009年4月10日 (金)

バルサ: 絶好調でバイエルンを撃破

Braugrana いよいよチャンピオンズリーグも佳境に入ってきました。今回はFCバイエルンをカンプノウに迎えての準々決勝1stレグ。バルサはベストメンバーで、FW:アンリ・エトオ・メッシ、中盤:イニエスタ・チャビ、底:ヤヤ、DF:プヨール・ピケ・マルケス・ダニ。一方バイエルンは、トニは何とか間に合いましたが、クローゼが間に合わない上に、センターバックのルシオ・ファンボイテンが二人とも欠場ということで苦しい状況です。

開始早々、アンリ→イニエスタ→エトオ→メッシと、ピッチを左から右に横断するアルペジオのようなパスが決まって、最後はメッシが楽々とゴール。次は右からメッシが中央に移動し、左からクロスするように右に出たエトオにパス。これをエトオがGKの股抜きシュートで2点目。これも実に美しいゴールでした。

この後、メッシがDFにエリア内でひっかけられて倒れますが、これをレフェリーが見ていなくてメッシが激怒。イエローが出ます(シミュレーションをとられたのかも知れません)。これをみたペップが今まで見たこともないくらい激昂して退場。一気にお祭りムードが崩壊しました。さらにバイエルンのGKブットがアンリと激突して流血。厳しい雰囲気となりました。

しかしこれをもう一度お祭りムードにもどしたのはメッシ。アンリから中央に出たパスをあわせてのゴール。俊敏な動きでした。さらにエトオが中央でポストになって、こぼれた球をアンリがゴール。バイエルンにほとんど何もやらせないまま前半終了。後半も余裕で球を回して、ピンチも2回くらいで失点なく終了。

バイエルンはバルサのサッカーに慣れていない上に研究不足でしたね。メッシは本質的にドリブラーなので、今日のようにフリーでやらせてもらえる場面が多いと、バルサは非常に楽です。左SBはダニの面倒を見ないといけないので、メッシにはマーカーをつけるべきでしょう。

|

« サラとミーナ52: 桜咲く季節 | トップページ | 阪神タイガース東京開幕(付録ユーミンライヴ) »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44625131

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 絶好調でバイエルンを撃破:

« サラとミーナ52: 桜咲く季節 | トップページ | 阪神タイガース東京開幕(付録ユーミンライヴ) »