« JPOP名曲徒然草2: 「遠回り」 by 相沢巧弥子 | トップページ | 北京原人はいつごろ生きていたのか »

2009年4月19日 (日)

バルサ: 苦手のヘタフェ戦 へたくそレフェリーの危機をのりきる

Braugrana_2これからのバルサのスケジュールは殺人的です。固定メンバーで乗り切ることは不可能です(やれば最後はボロボロになる)。

4月
18 Getafe-Barcelona
22 Barcelona-Sevilla
25(26) Valencia-Barcelona
28 Barcelona-Chelsea(CL)

5月
2(3) R.Madrid-Barcelona
6 Chelsea-Barcelona(CL)
9(10) Barcelona-Villarreal
13 Barcelona-At.Bilbao (国王杯 決勝)

この厳しいスケジュールの先頭をきるヘタフェ戦、少しゆるめるかと思いきや、FW:アンリ・エトオ・メッシ、中盤:イニエスタ・チャビ、底:ブスケツ、DF:プヨール・ピケ・マルケス・ダニと、故障明けのアビダルとヤヤ以外はベストメンバーで臨みます。そうするとこのスケジュールで緩めるとすれば、フエラのバレンシア戦しかないような感じですが、さてペップは決断できるでしょうか? それもヘタフェとセビージャに勝てばの話です。ここでどちらかに負けてマドリーが連勝した場合、チェルシー戦を捨てても、バレンシア戦に全力投球しなくてはいけません。

今日は雨でピッチもびちょびちょで滑る状態。やりにくい試合ですが、さすがにバルサのメンバーはそれほど違和感なくプレーしていました。ヘタフェのGKストイコウィッチは今日大活躍でしたが、すべってあやうくオウンゴールという場面もありました。

バルサの得点は、エトオからドンピシャのスルーパスが右サイドに飛び出したチャビに通り、そのままでもシュートを打てる感じでしたが、チャビはもう一度中央のメッシにもどし、こっちはDFがついていたのでダメかなと思いましたが、さすがメッシ、大きく左に回り込んで巧妙にシュートを打って決めました。

エトオもアンリも今日はツキがないか、あるいは少し疲労がでているのか、何度シュートを打ってもあと一歩でゴールならず。それにしても今日のレフェリーは下手くそで、明らかなレッドカードクラスのファウルを再三見逃してPKが消滅するなどひどいもので、よく妙なアクシデントで負けなかったなと思います。

|

« JPOP名曲徒然草2: 「遠回り」 by 相沢巧弥子 | トップページ | 北京原人はいつごろ生きていたのか »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44719024

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 苦手のヘタフェ戦 へたくそレフェリーの危機をのりきる:

« JPOP名曲徒然草2: 「遠回り」 by 相沢巧弥子 | トップページ | 北京原人はいつごろ生きていたのか »