« 無謀戦士ヴィエ | トップページ | バルサ: カンプノウで不可思議な判定に泣く »

2009年4月28日 (火)

東大医学図書館

出版社もタダで論文を閲覧されると倒産するので、通常閲覧は有料です。これが結構高価で一件2000-3000円くらいかかるのが普通なので、所属機関が負担してくれない場合は大変です。結局まだまだ図書館に頼らざるを得ません。

Img_0085 今日は久しぶりに東大の医学図書館に行ってきました。裏通りに新しい門(懐徳門というらしい)ができていました(写真上)。学士会館分館は閉鎖、ビヤホールも閉鎖だそうです。

Img_0089 医学図書館は新装開店していました(写真中)。耐震に問題があったので、補修改装したそうです。ついでに書架なども大幅に整理したようで、大変使いやすくなっていましたが、飲食店がなくなっていました。書庫の階段は相変わらず鉄製で、絨毯を敷いても大きな音がします。設計ミスですが改善されていません。エレベータなどはないので、地下から3Fまで(中二階があるので実は4F)、重い本を持ってウロウロしているとかなり疲れます。

Img_0086 飲食店がなくなっていたので、やむなく龍岡門を出て蕎麦屋に。このはじめて突入した蕎麦屋のそばがなつかしいものでした。いまやもう滅多にお目にかかれない真っ黒なそばつゆ(写真下)。はじめて東京に出てきたときには、おぞましいほどの色の濃さにびっくりしました。いまでもこの江戸前の色と濃い醤油味は苦手です(でも完食)。

http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/

|

« 無謀戦士ヴィエ | トップページ | バルサ: カンプノウで不可思議な判定に泣く »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44827318

この記事へのトラックバック一覧です: 東大医学図書館:

« 無謀戦士ヴィエ | トップページ | バルサ: カンプノウで不可思議な判定に泣く »