« サラとミーナ51: ベッドを占拠する | トップページ | インバルと都響のチャイコフスキー交響曲第5番 »

2009年3月28日 (土)

SA-15S2

Img_0038 十数年前から使用していたソニーのCDプレイヤー CDP-555ESA がトレースしなくなったので、買い換えることになりました。長い間お疲れ様。考えてみれば、これが発売された頃がソニーオーディオの全盛期だったのでしょう。素晴らしい製品でした。

新しい友機はマランツ SA15S2 に決めました。秋葉原のヨドバシカメラで試聴させてもらったのですが、非常に精緻で分解能がいい感じの音でした。WEB情報では、この機種はCD-Rなどもきちんとトレースする良い製品とのこと。さて購入しようとしたところ、なんと飛ぶように売れている製品で、秋葉原のどこにもありません。仕方がないので1ヶ月半待ちを了承して、ヨドバシカメラで予約し、ようやく今日届きました(写真)。

とりあえず仮接続して西島三重子「十三夜」を聴いてみました。最初はアイドリング不足で頼りない音でしたが、1時間後くらいにはかなりいい音になってきました。三浦友理枝の「印象」を聴く頃には、もう音のことなど忘れるくらい音楽に没入していました。長い付き合いになると思います。期待してるよ。

|

« サラとミーナ51: ベッドを占拠する | トップページ | インバルと都響のチャイコフスキー交響曲第5番 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44493530

この記事へのトラックバック一覧です: SA-15S2:

« サラとミーナ51: ベッドを占拠する | トップページ | インバルと都響のチャイコフスキー交響曲第5番 »