« バルサ: 攻撃練習のような試合にお祭り騒ぎ | トップページ | サラとミーナ51: ベッドを占拠する »

2009年3月24日 (火)

胃のポリープ

3186 3月はともかく忙しい毎日でした。そんな中で泣きっ面に蜂というか、胃に多数のポリプが見つかり精密検査を受けることになりました。写真は私の胃のレントゲン写真で、矢印で3つだけ示してありますが、多数のポリープがあります。素人でもよくわかります。

鼻から内視鏡というのもやりました。これは口からに比べて大幅に楽です。昔はポリープがあるとすぐに切除したもので、私もとられましたが、今はともかくバイオプシーで組織をとって検査してから、ということになっているようです。

そういうわけで今回はバイオプシーのみ。担当医の話では「まあ悪性じゃないでしょう」ということでしたが、検査結果が出るのは2週間後。で2週間後に結果を教えてもらえるのかというとこれが甘い。3週間近くまで予約が一杯で、その後じゃないとダメって事で、日本で病院にかかるのは大変なことだと実感しました。

それにしても腸に多数のポリープができるのは有名な病気ですが、胃にできるというのはめずらしい病気なのではないでしょうか? ただ胃のポリープは癌に発展しにくいというのが救いです。

|

« バルサ: 攻撃練習のような試合にお祭り騒ぎ | トップページ | サラとミーナ51: ベッドを占拠する »

心と体」カテゴリの記事

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44456954

この記事へのトラックバック一覧です: 胃のポリープ:

« バルサ: 攻撃練習のような試合にお祭り騒ぎ | トップページ | サラとミーナ51: ベッドを占拠する »