« 都響:グルーバー狂熱の「田園」と菊池洋子のモーツァルト | トップページ | サラとミーナ48: 寒いけれど冬の楽しみ »

2009年2月 3日 (火)

バルサ: ラシンに逆転勝利

国王杯も佳境に入ってきて、そうそうメンバーを落としてやるわけにも行きません。メッシエトオ・チャビなどを起用し、ボヤンの活躍もあってエスパニョールを撃破しましたが、そのぶんリーガが難しくなります。ましてプヨールが負傷してしまいました。第21節エル・サルディネロでのラシン戦のFWはアンリ・エトオ・イニエスタ、中盤はブスケツ・チャビ、底はヤヤ、DFはアビダル・ピケ・マルケス・ダニです。ラシンはヘタフェ、セビージャを連破して意気あがっているところです。

イニエスタは右エストレーモとしてのプレイはやらない上に、だいたい右にいません。そうすると相棒がいないのでダニも非常に出にくい感じで、みんな中盤の真ん中に滞留していることになります。中盤はほぼ支配できるのですが、エトオやアンリはきっちりマークされているので、なかなか球がでません。シュートもほとんどなしです。ラシンはパスカットを狙っていて、成功すると一気にカウンターに出ます。ラシンは今期ジキッチ(2m以上の上背がある)を獲得し、ペレイラという俊敏なFWもいるので、カウンターはあなどれません。チャンスはむしろラシンに多い感じで前半を0:0で終了しました。

後半ペレイラのスピードにやられて、マルケスがエリア内でひっかけPK。角度がなかったので、無理にチャージにいくこともなかったようにおもいます。ジキッチに決められて失点。そこでメッシを投入。メッシが右サイドにはいり、イニエスタが左の中盤に変わるとバルサも生き返りました。チャビのバックヘッドがバーにあたって跳ね返った球が、ちょうどメッシの目の前に落ちて軽く同点。さらにこぼれ球をうまいボディーバランスで、右足でけり込み、バルサのリーガ5000得点目もメッシが記録しました。

これで逆転勝利はいいのですが、マルケスとピケが2枚目のイエローで退場になってしまったのは痛すぎます。特にピケの二枚目は、ロスタイムでの中盤の抱きつきですが、必要なかったですね。若いね。プヨールは負傷で当分出られないし、ミリートはまだまだ。センターバックが過剰人員と言われていたのが、なんと足りなくなってしまいました。

|

« 都響:グルーバー狂熱の「田園」と菊池洋子のモーツァルト | トップページ | サラとミーナ48: 寒いけれど冬の楽しみ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/43942859

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: ラシンに逆転勝利:

» 第21節 「ラシン・サンタンデール ‐ バルセロナ」 [Yellow Submarine 〜 リーガエスパニョーラ]
リーガ・エスパニョーラ 第21節 「ラシン・サンタンデール ‐ バルセロナ」 1‐2 バルサはメッシの登場で逆転。 {/m_0025/} 【バルサ】 アンリ  エトー  イニエスタ セルジ・ブスケス   シャビ トゥーレ・ヤヤ アビダル ピケ マルケス D・アウベス ビクトール・バルデス {/m_0025/} 天気は雨。 満員御礼。 黙とうです。 スペインサッカー連盟元会長が死去のため。 ラシンは、 右からが多いかな。 しかし、 アビダルが止めてます。 ラシンのジギ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 15:28

« 都響:グルーバー狂熱の「田園」と菊池洋子のモーツァルト | トップページ | サラとミーナ48: 寒いけれど冬の楽しみ »