« 今は亡き猫たち みんみんと子供たち編 | トップページ | 「印象」 by 三浦友里枝 »

2009年2月22日 (日)

バルサ: 不覚の敗戦

Braugrana最近はプレーに冴えがなく、敗戦を免れるのがやっとという暗雲漂うバルサ。すぐにチャンピオンズリーグでリヨンと戦わなければいけませんが、リーガが第一目標であることを忘れてはいけません。

最下位のエスパニョールとの対戦といっても、当然ペップは中間故障のイニエスタ、回復途上のプヨールを除いてはベストメンバーでスタート。FW:アンリ・エトオ・メッシ、中盤:ケイタ・チャビ、底:ヤヤ、DF:アビダル・マルケス・ピケ・ダニ、GK:バルデスです。エスパニョールは久しぶりでデラペーニャが復帰してきました。

開始間もなくなんとアビダルがファウルを受けて故障退場。大変なことになりました。お休みのはずのプヨールが急遽左SBで登場。かなりエキサイト状態になり、レフェリーも人違いでベンチのブスケツにカードを出すという大失態。さすがにペップも切れていました。

さらに泣きっ面に蜂で、ケイタのファウルが一発レッドをくらいます。足の裏が見えたとはいえ、非常にきわどいプレーで悪意があるものではありませんでした。イエローがいいところだと思いますが、これで中盤が一人になってバルサは大変です。

後半はアンリを下げてブスケツを投入。やっと中盤を補強しました。しかしネネに左サイドをズルズル走られて、3人もついていながらクロスを上げられてしまい、まっていたデラペーニャに頭で合わされて失点。さらにバルデスが、あろうことかデラペーニャにパスしてしまい、信じられない失点。茫然自失です。

バルサもヤヤがゴール前のこぼれ球を、きれいに押さえた低いシュートで得点しますが、今日はこれだけでした。最後はエトオを下げてグジョンセンを出し、ブスケツをトップにするという奇策にでますが不発。27年ぶりのカンプノウダービー敗戦でした。しばらくきつい戦いが続きそうです。

|

« 今は亡き猫たち みんみんと子供たち編 | トップページ | 「印象」 by 三浦友里枝 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/44142202

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 不覚の敗戦:

« 今は亡き猫たち みんみんと子供たち編 | トップページ | 「印象」 by 三浦友里枝 »