« バルサ ヌマンシアにキツーイ返礼 | トップページ | しわをのばす幹細胞 »

2009年1月26日 (月)

ノーベル賞にかみつく人々

2008年のノーベル医学生理学賞はエイズの原因ウィルスである HIV-I の発見者であるバレ・シヌーシ博士とモンタニエ博士らに授与されました。ギャロ博士は長年彼らと発見者の地位を争いましたが、ギャロ博士のウィルスが実はモンタニエ博士らから供与されたものであることが調査委員会によって明らかとなり、発見者はバレ・シヌーシ博士とモンタニエ博士であることが国際的コンセンサスになっています。ですからこのノーベル賞選定委員会の決定は妥当なものであると受け止められました。

しかし今年になって、サイエンス誌に多くの科学者の連名で、「Unsung Hero Robert C. Gallo」というタイトル(賛美されない英雄ロバート・ギャロ)のノーベル賞選定委員会に対する抗議文が掲載されました (1)。これは異例なことです。サイエンス誌は米国政府に近い雑誌なので、メンツをつぶされた米国政府の意思表示とも受け取れます。内容は、確かに発見者はバレ-シヌーシ博士とモンタニエ博士だが、エイズの原因ウィルスであることを確かめたのはギャロ博士であり、彼がいなければ多くの患者が死んでいたというというものです。

しかし常識的に考えて、他人から貰ったウィルスを新規のものとして発表したというのは致命的な失敗であり、そのような人物にノーベル賞を授与できないことぐらいわかりそうなものです。にもかかわらず、このような意見広告まがいの記事が、堂々とサイエンス誌に掲載されるというはいかがなものか?

大まかな経緯は文献 2) に、もっとうがった見方は 3) にあります。
日本のウィキペディアにはロバート・ギャロの記事がありません。多分毀誉褒貶が激しすぎて、記事に出来ないものと推測します。世話になった人が多い一方で、学会でも平気で発表者をどなりつけるという人だそうですから。

文献:

1) Science Vol 323, Issue 5911, 9 January 2009: 206-207
著者:Giovanni Abbadessa, Roberto Accolla, Fernando Aiuti, Adriana Albini, Anna Aldovini, Massimo Alfano, Guido Antonelli, Courtenay Bartholomew, Zvi Bentwich, Umberto Bertazzoni, Jay A. Berzofsky, Peter Biberfeld, Enzo Boeri, Luigi Buonaguro, Franco M. Buonaguro, Michael Bukrinsky, Arsène Burny, Arnaldo Caruso, Sharon Cassol, Prakash Chandra, Luca Ceccherini-Nelli, Luigi Chieco-Bianchi, Mario Clerici, Sandra Colombini-Hatch, Carlo de Giuli Morghen, Andrea de Maria, Anita de Rossi, Manfred Dierich, Riccardo Dalla-Favera, Antonina Dolei, Daniel Douek, Volker Erfle, Barbara Felber, Simona Fiorentini, Genoveffa Franchini, Jonathan M. Gershoni, Frances Gotch, Patrick Green, Warner C. Greene, William Hall, William Haseltine, Stephens Jacobson, Lars O. Kallings, Vaniambadi S. Kalyanaraman, Hermann Katinger, Kamel Khalili, George Klein, Eva Klein, Mary Klotman, Paul Klotman, Moshe Kotler, Reinhard Kurth, Alain Lafeuillade, Michelangelo La Placa, Jonathan Lewis, Flavia Lillo, Julianna Lisziewicz, Anita Lomonico, Lucia Lopalco, Franco Lori, Paolo Lusso, Beatrice Macchi, Michael Malim, Leonid Margolis, Phillip D. Markham, Myra Mcclure, Nancy Miller, Maria C. Mingari, Lorenzo Moretta, Douglas Noonan, Steve O'Brien, Takashi Okamoto, Ranajit Pal, Peter Palese, Amos Panet, Giuseppe Pantaleo, George Pavlakis, Mauro Pistello, Stanley Plotkin, Guido Poli, Roger Pomerantz, Antonia Radaelli, Marjorie Robertguroff, Mario Roederer, Mangalasseril G. Sarngadharan, Dominique Schols, Paola Secchiero, Gene Shearer, Antonio Siccardi, Mario Stevenson, Jan Svoboda, Jim Tartaglia, Giuseppe Torelli, Maria Lina Tornesello, Erwin Tschachler, Mauro Vaccarezza, Angelika Vallbracht, Jan van Lunzen, Oliviero Varnier, Elisa Vicenzi, Harald von Melchner, Isaac Witz, Daniel Zagury, Jean-Francois Zagury, Giorgio Zauli, and Donato Zipeto

2) http://www.botanical.jp/lib_id1-081009071706.php

3) http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/aids_genocide1.html

|

« バルサ ヌマンシアにキツーイ返礼 | トップページ | しわをのばす幹細胞 »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/43864188

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞にかみつく人々:

« バルサ ヌマンシアにキツーイ返礼 | トップページ | しわをのばす幹細胞 »