« 万福ファンタジー (阿修羅像の東京国立博物館展示によせて) | トップページ | サラとミーナ46: サボテンと段ボール »

2008年12月23日 (火)

バルサ: 究極のクロスでイエローサブマリンを撃沈

Braugrana_2今年最後の試合となりました。エル・マドリガルでビジャレアルと対戦です。FW:アンリ・エトオ・メッシ、中盤:ケイタ・チャビ、底:ブスケツ、DF:アビダル、プヨール、ピケ、ダニ。4バックといってもダニは常時中盤より前で、ピケが右サイドバックの位置にいる実質3バックです。

前半は中盤の攻防が熾烈な激しい試合で、バルサも好調な動きですが、さすがにビジャレアルも一歩も引かないのは立派。そのまま0:0でブレイクです。後半はまずビジャレアルが得点しました。DFのウラにポンとあげられ、カニがきれいなループでGKバルデスの肩口を抜いてゴール。

バルサも最近の定番、一発のパスで決めるという技で対抗します。ダニが右からクロスをゴール前にあげ、ケイタが頭で合わせて同点。次はチャビがやはり右から鋭くゴール前に低いクロス。これをアンリが軽くミートしてゴール。逆転しました。

その後ピケが訳のわからないカードで退場でピンチになりましたが、ビジャレアルのギジェ・フランコやニハトなどがフリーのシュートをはずしまくって大助かり。満杯のファンはがっくり。この試合で結果勝てたのは、バルサにとっては非常に大きいです。12月は優勝を狙う上位チームをすべて粉砕して、よいクリスマスを迎えることができました。

|

« 万福ファンタジー (阿修羅像の東京国立博物館展示によせて) | トップページ | サラとミーナ46: サボテンと段ボール »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/43503011

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 究極のクロスでイエローサブマリンを撃沈:

« 万福ファンタジー (阿修羅像の東京国立博物館展示によせて) | トップページ | サラとミーナ46: サボテンと段ボール »