« 西島三重子 スーパーベスト・コレクション | トップページ | バルサ: 消化試合で安全運転 »

2008年11月30日 (日)

博多駅の中華料理店

1 金、土と福岡で仕事をしてきました。新幹線は混みますねえ。ほとんど行きも帰りも満杯でした。最近は旅行代理店にホテルと抱き合わせで頼むと、びっくりするくらい新幹線代金が安くなることがあります(遅刻したときなどに若干の制限はかかりますが)。航空機がディスカウントしているせいでしょうか?

博多駅内食堂街の中華料理屋で食事したのですが、チャーハンを頼むとウェイトレスが「チャーハンのみですか?」と聞き返してきました。これでちょっと動揺しました。ひとつは、チャーハンしか注文しないケチな客だと言われている?・・・というのと、言葉が文語体なので異様な感じでした。ともかく「のみ」ですとうなだれて答え、そのチャーハンを食べました。「のみ」という割には、ちゃんとスープもついていました。

味は具が多すぎて、ちょっと変な味でした。ひょっとしてレシートにも「のみ」と書いてあるのかなと注目したら、やっぱり書いてありました<チャーハンノミ> いや<ヤキメシノミ> でした レトロですねえ。

|

« 西島三重子 スーパーベスト・コレクション | トップページ | バルサ: 消化試合で安全運転 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/43272529

この記事へのトラックバック一覧です: 博多駅の中華料理店:

« 西島三重子 スーパーベスト・コレクション | トップページ | バルサ: 消化試合で安全運転 »