« バルサ: こんな試合も時にはね | トップページ | サラとミーナ41: 座布団争奪戦 »

2008年10月26日 (日)

バルサ: クレも呆然のバルサショウ

Braugranaリーガ上位で頑張るアルメリアとカンプノウでの対戦ということで、バルサも現時点でのベストメンバーをそろえました。FWはアンリ、エトオ、メッシ、中盤はイニエスタとチャビ、底はヤヤ、DFはアビダル、プヨール、マルケス、ダニです。

アビダル、ダニの両サイドが好調で非常に安定感のある出だし。かなり今日は期待できそうです。早速5分、ヤヤからゴール前に飛び出すイニエスタへの浮き球をDFがクリアするところを、ちょうどエトオが詰めていてゴール。さすがにいいところに出てきます。

13分には右サイドのメッシから飛び出したイニエスタに出て、イニエスタが突っ込んで中央のメッシに返し、メッシがシュート(だと思う)するも少し外れて、アンリの前へ。これをアンリがうまくはじいてゴール。さらに直後、イニエスタから素晴らしいスルーパスがゴール前のチャビに通り、そのままシュートにも行けたと思いますが、GKをかわして丁寧にエトオにパスし、エトオが無人のゴールに押し込んで3点目。

23分にはメッシが右サイドを突破して、中央のエトオにパス。エトオはゴールを背にしてDFを押さえながら、ヒールでゴール。これでエトオはハットトリックです。36分にはFKをダニが志願して鋭いワンバウンドの球でゴール。これはダニのバルサでの初ゴールになりました。

アルメリアも切れて、ストライカーのネグレドがマルケスを踏みつけてレッドカード退場はいただけません。これで事実上試合は終了してしまいました。後半はあってもなくてもいいようなものでした。後半サンチェスを入れたときに、3バックにしましたが、いくら5点差でもこれは非常に危険なシステムなので、やめた方がいいと思います。右のプヨールと左のアビダルが端に寄りすぎて、まるでマルケスひとりで守っているようなときがある感じがこわい。

しかし長い間バルサの試合を見ていますが、こんな凄みのあるバルサははじめてです。出場選手がみんな好調で、コンビネーションもだんだんレベルが上がってきたので、上位のチームとも優位に戦えそうです。イニエスタとチャビが好調のバルサは粘りがあっていいですねえ。今日のバルサをみた下位チームは、またガチガチに守備を固めてくるだろうというのがむしろ不安の種です。

|

« バルサ: こんな試合も時にはね | トップページ | サラとミーナ41: 座布団争奪戦 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/42909972

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: クレも呆然のバルサショウ:

« バルサ: こんな試合も時にはね | トップページ | サラとミーナ41: 座布団争奪戦 »