« 300年保証 | トップページ | サラとミーナ38: 暑い日はゆっくりしましょう »

2008年9月 1日 (月)

バルサ: リーガ緒戦みじめな敗退

Braugranaリーガ緒戦のヌマンシア戦。FW:アンリ、エトオ、メッシ、中盤:イニ、チャビ、底:ヤヤ、DF:アビ、マルケス、プヨール、ダニのほぼベストメンバーです。ダニはやはりガンガン上がって、さらに中央に出てきます。開始1分、2分と続けてメッシが球をとられましたが、そのときダニはメッシより前。当然カウンターを食います。

前途多難だと思っていたら、ダニが前の方で軽率なトラップミス。これをとられてダニのサイドに深く切り込まれ、クロスをマリオ・マルチネスにドカンと決められる(12分)。これでヌマンシアは俄然元気付きました。ヌマンシアの守備は最後列が4人、その一つ前が5人という二列の布陣。外も中央も厚いです。ただそれだけじゃなくて、バルサの攻撃もさえなくて結局得点できず。

FWの成果主義が行きすぎると、みんなセルフィッシュになって却って逆効果になりそうなので、それだけは避けて欲しいと思います。ダニがバルサの布陣をぐちゃぐちゃにしている感じなので、なんとか対策を考えないとどうしようもありません。私が思うに2トップにして、ダニをMFとして起用するしかないのではないでしょうか。メッシも中の方でやりたいみたいなので、その方がいいでしょう。今回はいくらフエラといっても、ふがいない試合で恥ずかしいバルサでした。

|

« 300年保証 | トップページ | サラとミーナ38: 暑い日はゆっくりしましょう »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/42351572

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: リーガ緒戦みじめな敗退:

« 300年保証 | トップページ | サラとミーナ38: 暑い日はゆっくりしましょう »