« こころノート | トップページ | バルサ: リーガ最終戦 »

2008年5月17日 (土)

一週遅れのバルサレポート:カンプノウ最終戦

Braugrana 一週間遅れのバルサレポートです。今期最後のカンプノウ。ガラガラのスタンドになんと黒い大きな旗が何本かはためいています。このときのためにあの旗を家にしまっているクレはある意味すごいと思いました。ついでにみんな黒いハンカチを持ってこんかい!

試合が始まると、クラシコを欠場したデコとエトオにたいするブーイングはすごかったです。わざとカードをもらって欠場したのではないかと思われているようです。試合は終了寸前にグイサに慎重かつ豪快に決められて敗戦。マヨルカのUEFAカップ出場をアシストする結果になってしまいました。チームの中心が誰もいない上に、デコとエトオは上のような有様なので、メッシとアンリがコミニュケートして何とか格好をつけていただけの試合でした。

この試合を受けて、デコはチームを去ることを決意したようです。まあデコの代わりは獲得できないでしょう。カタラン人のクレという人種はあまりに感情的で軽薄だと思いました。デコはどこに移籍してもやっていける人間だと思いますが、エトオはどうするのか非常に心配です。彼はメンタルがダメな人間で、まわりでサポートしてあげないとグチャグチャになる情けない性格の持ち主です。彼にとって精神的に環境の良いところに移籍しないと、とんでもないことになりそうです。デコ以上にバルサに特別な貢献をした選手をこうした形で追い出すことにカタラン人は疑問を感じないのでしょうか? 新監督グァルディオラの最初の仕事は、なんとかエトオとクレを説得して来期もバルサで気分良くプレイさせることだと思います。

そもそも今期マドリーに優勝を許したのは、マラドーナはロナウジーニョの不在だと言っていますが、故障は仕方がないでしょう。私はチームがエトオのアフリカ選手権全試合出場を認めたことにあると思っています。日本代表はワールドカップ予選だって海外の選手を代表に招集するのに遠慮しているのに、どうして故障が癒えたばかりのエトオをアフリカ選手権に強奪されなければならないのでしょうか? そんなことなら仮病を使ってでも全休させたほうがよほど良かったでしょう。

これでロニーも売ってジョバニは出て行き、メッシとアンリが今期と同様故障したら誰が試合をやるのでしょうか? 今のバルサに来てくれる一流選手がいるのでしょうか? ボヤンが代表招集を断ってくれと要求しているのが唯一の救いとは・・・。

|

« こころノート | トップページ | バルサ: リーガ最終戦 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/41238786

この記事へのトラックバック一覧です: 一週遅れのバルサレポート:カンプノウ最終戦:

« こころノート | トップページ | バルサ: リーガ最終戦 »