« 油壺紀行 | トップページ | バルサ: 盛り上がらない »

2008年5月 1日 (木)

バルサ: 1点もとれず

Braugranaどうあがいても情報遮断は無理でした。非常にむなしく、フジテレビでUEFAチャンピオンズリーグ準決勝 2nd レグを観戦。スタメンはFWイニエスタ、エトオ、メッシ、中盤デコ、チャビ、底ヤヤ、左アビダル、右ザンブロッタ、CBミリート、プヨール。

さすがに非常に激しいゲームになりました。しかも最後まで。ザンブロッタもクリロナをきっちり押さえたのですが、得点されたときに限ってスリッピーなピッチに足をとられてずっこけたんですよね。あわてて球を取り返したのですが、余裕がなくスコールズにパスを出してしまいました。

得点がとれなかったのは、もちろんマンUにうまく守られたということは事実なのですが、バルサのパスも風間さんが指摘していたように50cmくらいずれる場合が多く、あと一歩で得点できていたのにというシーンが何度もありました。これも風間さんが指摘していたことですが、後半イニエスタを引っ込めてアンリを出したのは納得いきませんね。実際アンリはほどんど役に立っていませんでした。

こんなゲームができるのなら来期も大幅に選手を替える必要はなく、
FW:ロニー、エトオ、メッシ、ボヤン、+補強一人(ヘディングが強い選手)
(アンリはいらない、メッシの故障に備えてジョバニは残す)
中盤:デコ、チャビ、イニエスタ、グジョンセン
底:ヤヤ、マルケス、+補強一人(ヤヤの手術失敗、マルケスの足不調にそなえて一人補強 エジミウソンは不要)
左SB:アビダル、シウビーニョ(一人故障すると、一人ではできないポジションなのでラームをとるのも過剰ではない)
右SB:ザンブロッタ、ウラゲー(左SBと同、ザンブロッタも残すことを前提)
CB:ミリート、プヨール、+補強一人(テュラムは不要)

こんなところでしょうか。

まだリーガの試合がありますが、2位にはいることはチャンピオンズリーグの予選回避のために非常に重要。ツァーがなくなるのでいいという説もありますが、どんでもありません。遊び半分のツァーとガチンコの予選では全然違います。

|

« 油壺紀行 | トップページ | バルサ: 盛り上がらない »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/41059921

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 1点もとれず:

« 油壺紀行 | トップページ | バルサ: 盛り上がらない »