« バルサ: 勝たねばならないエルクラシコ | トップページ | バルサ: マドリーに歯が立たず »

2008年5月 8日 (木)

タイガース激勝

連休はチケット獲得が無理とみて、本日東京ドームへ出撃。Y夫妻はどこからかチケットをみつけてきて、昨日も来たとのこと。頭がさがります。

Sannrui Kachusha 来てみると3:2でタイガースがリード。3塁側スタンドは超満員(図1)。まさしく東京ドームは第2のカーサです。赤星のカチューシャがかわいい少女もタイガースを応援(図2)。鳥谷と矢野の連続ホームランで逆転したのだそうな。大事なメインディッシュを逃したかと思いましたが、いやいやこの試合はこのあととんでもない展開になりました。

Kanemoto まず金本が頭に死球を食らって昏倒、退場しました。球場は騒然。まわりも顔面蒼白でみつめました。木佐貫に大ブーイング。しかし、しばらくすると金本は元気にベンチから出てきてほっとしました。どんな筋トレをしても頭蓋骨周辺は鍛えられません。よくまあご無事で。外野の守備についたときにワンショット(図3)。なおかつ次の打席でホームランとは・・・鉄人の面目躍如です。

このあと問題のラミレスの外野飛球ですが、これは近くで見ていました。フジテレビの画像でみると、ホームランをファンがはたき落としたように見えますが、実はあの打球は本来ならフェンスの最上部にあたるはずの打球でした。それを余計なことをしなければいいのに、最前列の男が手を出したため、手に当たってからフェンスに当たってややこしいことになったのです。

Shouri ともかく葛城のヒットで勝ち越し勝利。相手が不気味なジャイアンツだけにこれは大きい。今日は久保田は使わず、セットアップを江草でいったのは、最近の調子を見れば当然とはいえ、岡田監督の決断がひかりました。万歳三唱し(図4)、六甲おろしを熱唱してストレス消滅。気分良く凱旋です。

さすがのY夫人も風邪気味で声がかれていました。お大事に。

|

« バルサ: 勝たねばならないエルクラシコ | トップページ | バルサ: マドリーに歯が立たず »

タイガース(Hanshin Tigers)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガース激勝:

« バルサ: 勝たねばならないエルクラシコ | トップページ | バルサ: マドリーに歯が立たず »