« バルサに激震 | トップページ | 蟹工船 »

2008年5月30日 (金)

ロナウジーニョ賛

Braugranaロナウジーニョは2005/2006の好調のシーズンでもよく球を敵に囲まれてとられた。多分バルサで一番とられたと思う。これは起点をつぶすために厳しくマークされているということもあるが、ゴールエリア周辺の状況をいつも見ているために「逃げ」のパスを出すタイミングが遅れるせいでもある。

バルサが得点するには、ロナウジーニョに球がわたった瞬間に、エリアの近くにいる選手は、「ゴールが見える位置」か「前にスペースがある位置」にスッと移動することがポイントだ。そうすればロナウジーニョが気づいてくれる。エトオやジュリはよく分かっている。ラルソンやリバウドはいつでもいい位置を知っているので、ロナウジーニョもやりやすい。ロナウジーニョがいれば、ボヤンやジョバニもこの技術を身につけられるだろう。

ロナウジーニョが素晴らしいのは、なんといっても観客を彼の頭の中に吸い込んでしまうことだ。彼が球を持つと、次は何をするのだろうというドキドキ感で彼と一体になれる。もちろん一番の狙いはシュートできる位置にいる選手にパスを出すことだ。・・・とここまでは彼がいつも心がけているおきまりの仕事だ。おデブなどと言われる前のロナウドやメッシがいると、これに至上の遊び心が加わる。ワンツーやフェイントで二人遊びをやるのだ。ゴール前にいてひとりのときは仕方なく受け手となってヘディングもバイシクルもこなす。ウィキペディアには彼は全く守備はしないと書いてあるが、それはウソだ。今年のチャンピオンズリーグでわが中村俊輔から突風のように球を奪っていった姿は記憶にあたらしい。俊輔もゴール前をよく見る選手なので、ロナウジーニョにしてみれば足許がおろそかになっているのはお見通しだ。

彼の脚が十分なコンディションにないのは本当に残念だ。しかしそんな状態でセリエAやプレミアに移籍しても不幸な結果が待っているだけだ(一昔前のACミランならインザギやルイコスタと良いコンビネーションを作れたかもしれないが)。2010年まで契約が残っているならバルサに居座るべきだ。その間にうまくいけば体調がもどるかもしれない。もどらなければ引退した方がよいだろう。兄貴が止めるなら決別すべきだ。ロナウドのようにずるずると醜態をさらすのは見習うべきではない。マラドーナも言っているように多分彼は「史上最高のサッカー選手」なのだから。

|

« バルサに激震 | トップページ | 蟹工船 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
コメントさせていただくのは、多分初だと思うのですが
ドイツW杯あたりから、時々拝見しています。
(以前はアールグレイでしたね)
ロナウジーニョとともに、バルセロニスタになった者です。
この記事はロナウジーニョへの愛に溢れていますね。
以前のパフォーマンスが戻らないのなら、引退しても
やむを得ないかと、わたしも思います。
よそのチームに行ったとしても、周りに彼のプレーを
理解できる選手がいなければ、フィット出来ませんし。
わたしの望みはとにかく彼が楽しくプレーするのを
観ることです。

それから、生物学のお話も興味がある分野なので
興味深く読ませていただいています。
専門的で難しいところもありますが、面白いです。


投稿: rozie | 2008年6月 7日 (土) 14:29

rozie さん はじめまして

アールグレイの頃からご存じですか・・・
渋めのアールグレイってちょっと味がいかんかな
ということでダージリンにしました。

バルサはいくら金に困ってもロナウジーニョは
売らないでほしいですね。

投稿: monchan | 2008年6月 8日 (日) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/41367218

この記事へのトラックバック一覧です: ロナウジーニョ賛:

» ロナウジーニョが北京五輪出場へ [スポーツ総合情報サイト 北京への道]
鮮やかな復帰を果たす準備ができたといううわさを裏付けるかのように、ロナウジーニョは北京五輪への出場に興味を示していた。その彼に強力な援軍が現れた。おそらく、これ以上はあり得ないほどの最強の味方である。 ドゥンガ監督に助言を送ったのはブラジルサッカー協会のリカルド・テイシェイラ会長。むしろ命令だと言っていいだろう。「ロナウジーニョのセレソン(ブラジル代表の愛称)復帰を望んでいるのは私ではない。ブラジルの全国民だ。彼は五輪で活躍できる条件をすべてそろえた選手であり、ワールドカップ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 15:43

« バルサに激震 | トップページ | 蟹工船 »