« バルサ: どん底 | トップページ | サラとミーナ27: サラはテレビが好き »

2008年4月14日 (月)

ヒゲ毛根の断面

Aaa感覚毛すなわち動物のヒゲは特殊な機能を持っています。細かい感覚神経が分布し、まわりは横紋筋で被われていて動かすこともできます。しかしそれ以外にも大きな特徴があります。それは毛根が巨大な血だまり(血洞)に浸されていることです。このおかげで普通の毛より大きく成長することができるのです。図は私が撮影した写真ですが、ラットの感覚毛の断面図です。

毛の本体は毛髄質+毛皮質+キューティクルで、内毛根鞘は将来フケになって捨てられます。外毛根鞘はエレベーターの壁のようなもので、内側で伸びていく毛を保護しています。外毛根鞘のはたらきは壁だけではないのですが、まだ謎の部分の多い組織でもあります。おそらく今流行の万能細胞を多量に含むのではないか・・・という期待もあります。詳しくはまた別の機会に。

外毛根鞘のすぐ外側には基底膜があり、その外側に真皮の細胞が張り付いていて、さらにその外側に内皮細胞(非常に薄い)が張り付いています。その外側が血洞になります。血洞のなかには多くの赤血球が見えます。血洞の外側は毛包カプセルという分厚い組織で被われています。

人間の顔の皮膚に埋め込まれている筋肉は、表情によるコミュニケーションをはかれるよう、他の動物に比べて非常に発達していますが、ヒゲを動かす筋肉だけは退化しています。動物のヒゲのようにセンシティヴで、可動性のヒゲを持つミュータントの人がいると面白いのですが。

電子顕微鏡関係は下記↓

http://www.amazon.com/Hair-Follicle-Differentiation-Electron-Microscope/dp/4431224297/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1251500656&sr=1-3

|

« バルサ: どん底 | トップページ | サラとミーナ27: サラはテレビが好き »

動物(animals)」カテゴリの記事

毛髪・皮膚(hair/skin)」カテゴリの記事

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/40879160

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゲ毛根の断面:

» フケに効くもの [毛のお悩み情報局]
ミヨシのせっけんシャンプー(オリーブ畑)とリンスを使ってみたら洗髪後のパリパリ音でも立ててるんじゃないかと思うほどのつっぱり感やピリピリ、チクチクした強烈な痒みが大分改善されました。 [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 09:26

« バルサ: どん底 | トップページ | サラとミーナ27: サラはテレビが好き »