« ミーアキャット | トップページ | サラとミーナ24:ときには寄り添って »

2008年3月 2日 (日)

バルサ: アグエロにやられる

Braugrana アトレチコは妙に慎重な出だしでバルサも攻めあぐねますが、この沈滞を打ち破ったのはロナウジーニョ。チャビからのパスをドンピシャのバイシクルで決めました。これで今日も圧勝の予感でしたが、これをひっくり返したのは神様のいたずらでしょうか。アグエロのシュートかクロスかわからないような球がプヨールに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれました。

これで一気に勢いづいたアトレチコのマキシ・ロドリゲスにゴールを決められて、前半終了。後半はアンリをメッシに替えて攻撃態勢を整えますが、ここでわけのわからないPKで気勢をそがれてしまいます。普通これはとらないでしょう。シモンが後ろから迫るザンビーのパンツの下端をつかんだまま倒れて、なんとザンビーのファウルになるなど非常にまずいレフェリーで、これはだめです。あれをエリア内でやられると、どうなるのでしょうか。

エジミウソンをグジョンセンに替えてやけくそモードですが、グジョンセンもいいストライカーですがMFとしてはプレイが雑で困ります。そのうちアグエロにドリブル突破されて、きれいなシュートを決められてしまいます。その後グジョンセンのつっこみの跳ね返りをエトオが決めますが、これで打ち止めでした。結果は4:2で敗戦。攻撃がよくなると平行に守備に破綻が生じてきたのは大きな問題で、守備というのは素人にはよくわかりません。どこに問題があるんでしょうかねえ?

|

« ミーアキャット | トップページ | サラとミーナ24:ときには寄り添って »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/40337408

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: アグエロにやられる:

« ミーアキャット | トップページ | サラとミーナ24:ときには寄り添って »