« 雪が降る: 都響好調 | トップページ | 東京文化会館のダブルブッキング »

2008年2月 4日 (月)

バルサ: 雨中の難戦を制す

Braugrana 国王杯勝利の余勢をかってオサスナも粉砕したいところですが、試合前の豪雨でピッチはびちょびちょで、ディフェンサがすべると簡単に点が入りそうな危険なゲームになりました。

アンリ、ボヤン、メッシのFW、中盤はチャビを温存し、デコ、イニエスタの先発。底はマルケス、左アビダル、右ザンブロッタ、CBミリート、テュラムです。21節とちがって、意識してアンリを使う、縦のミドルパスを多用という作戦が目立ちました。デコの調子が明らかにあがってきていて、バルサらしい動きも復活の兆しがありました。

しかしピッチがすべって、お互いに後一歩で攻撃がうまくいきません。そのまま0:0で前半終了。後半はアンリに替わってジョバニ、メッシに替わってロナウジーニョを投入。なんとか得点をねらいますが、またもや土砂降りになり、すべりまくりで時間がたつばかりです。ただジョバニはそんななかで何度も左サイドを突破して良い動きです。

81分になって3枚目のカード、デコを下げてチャビを投入。ここでジョバニの突破が功を奏します。折り返しをイニエスタがシュートし、リカルドがパンチで逃れた球が、ピッチに入ったばかりのチャビの前にころがり、チャビが千金のシュートを蹴りこみました。同じような場面でデコが失敗していたこともあり、これはバルサの命をつなぐ貴重な得点でした。

ついに土曜日の試合でマドリーがアルメリアに負けたそうなので、なんとポイントが6点差に・・・。

|

« 雪が降る: 都響好調 | トップページ | 東京文化会館のダブルブッキング »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/17959500

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 雨中の難戦を制す:

« 雪が降る: 都響好調 | トップページ | 東京文化会館のダブルブッキング »