« バルサ: いよいよ佳境の季節です | トップページ | サラとミーナ23: 冬の日 »

2008年2月26日 (火)

バルサ: 久しぶりのフィエスタ

Braugrana カンプノウで最下位のレバンテとの一戦ですが、ロニー、エトオ、メッシのそろい踏みは本当に久しぶり(開幕戦以来か)。中盤はイニエスタとチャビ。底はヤヤ、左シウビーニョ、右ザンブロッタ、CBはミリートとプヨール。

まずイニエスタからエトオに、そしてエトオがつぶれながらチャビに流して、チャビのゴール。さい先良い出だし。しかしザンビーがエリア内でハンド。リガにPKを決められる。このほかにも結構あぶないシーンも多くありましたが、なんとかツキもあってPKだけでくいとめる。このまま前半終了かとおもったら、最後にチャビのエリア内からのヒールパスをメッシが持ち込み、非常に狭いところに絶妙のゴール。

後半は全くバルサフィエスタでした。メッシから飛び出したエトオにパスが通り、エトオがGKを交わしてゴール。次はヤヤの浮き球がメッシに通り、エトオにパスしてお気楽なゴール。こういう小器用さがヤヤの特徴です。エトオのハットトリック目に至っては、トラップミスがそのままゴールになり唖然。5:1の勝利でした。

終了数秒前のジョバニはあと数センチ足が届かなくて、リーガ初ゴールならなかったのは残念でした。少しでもガブちゃんを休ませることが出来たのはよかったと思います。ロナウジーニョはまだ少し遠慮しているようなところがあって、もっと思い切りプレーして欲しいですね。さて次は国王杯のバレンシア戦です。

|

« バルサ: いよいよ佳境の季節です | トップページ | サラとミーナ23: 冬の日 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/40269555

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ: 久しぶりのフィエスタ:

« バルサ: いよいよ佳境の季節です | トップページ | サラとミーナ23: 冬の日 »