« 北総線という妖怪 | トップページ | 吉村まさみのアルバム »

2007年12月 3日 (月)

バルサ:またフエラで勝てず

Braugranaエスパニョールは今シーズンは好調で4位の位置。いつのもように乾坤一擲をねらってくるという感じではなく、がっちり守るという慎重さも感じられました。バルサはFWは最近の定番イニエスタ、ボヤン、メッシのトリデンテ・カンテラーノ(3人ともバルサ下部組織出身)、中盤はグジョンセンとチャビ、底はヤヤです。しかし左サイドはアビダルですが、右サイドはエスパニョールで最も危険な選手リエラを押さえるためプヨールを起用。これは正解でしょう。ザンブロッタではリエラは押さえられません。CBはミリートとマルケス。

早速6分にメッシがエスパニョールDFを完全に振り切ってイニエスタにパス。最近の定番でイニエスタは合わせるだけのゴール。さい先の良い出だしです。このあとヤヤとDF陣のがんばりで、前半は危ないシュートはリエラの一発だけに抑えてエスパニョールを完封して終了。

しかし後半はエスパニョールも攻めてきて危ない場面も出てきました。ここでボヤンに代えてロナウジーニョを投入。やはり彼がいないとメッシのドリブル突破だけが頼りの単調な攻撃になりがちです。エスパニョールもアビダルに押さえられていたバルドをコロに交代。そのコロに大仕事をされてしまいます。リエラに左サイドを突破され、フリーでコロに絶妙のパス。これを強烈に決められて試合は振り出しに。

バルサはエスケーロまで出して(今期初出場)攻撃しますが、ロナウジーニョのヘディングシュートなどもカメニに好捕され1:1のエンパテ。くたびれもうけの引き分けでした。やれやれ。

エスパニョールは昨年よりかなりレベルアップしていると感じました。途中から出たコロやホナタンも良い選手で、エースストライカーのタムードが目立たないくらいでした。もちろんリエラ、ルイス・ガルシア、バルドがいますし、今日はメッシやロナウジーニョもエリア寸前でDFに止められていたので、これはメレンゲを負かしたというのも頷けます。

|

« 北総線という妖怪 | トップページ | 吉村まさみのアルバム »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/17264736

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ:またフエラで勝てず:

« 北総線という妖怪 | トップページ | 吉村まさみのアルバム »