« UEFA-CL:バルサvsシュツットガルト放映予定 | トップページ | 35億年前のメタン生成菌 »

2007年10月 3日 (水)

バルサ 勝つには勝ったが!

Braugrana_2ロナウジーニョが久しぶりに復帰して、イニエスタはお休みと思いきや、なんとボランチで起用。CBはマルケスとテュラム、左アビダル、右ウラゲーという布陣です。デコとチャビは代表戦も含めてずっと出ているので疲労が心配ですが、今日の所はなんとかもってほしい。シュツットガルトが現在不調なのが救い。

ところが開始早々マルケスが故障発生で、大事をとって休ませていたプヨールと交代。暗雲が漂いますが、ロニーは久しぶりとは思えないような気の利いた動きで一安心。ときどきカウンターで危ない場面もありましたが、前半は得点無しとはいえバルサペースで終了。

後半早々、CKをロニーがヘディングシュートしてこぼれたところを、詰めていたプヨールが決めてくれました。ところがそのプヨールが故障再発で非常事態になりました。昔取った杵柄とはいっても、練習でもやっていないと思われるアビダルCB、左はシウビーニョです。

しかし今日は攻撃陣が踏ん張りました。メッシ→アンリ→メッシとパスが決まって、最後はメッシが右足で決めました。あとはバルサには珍しい守備的なサッカーで、今日のところはなんとか終了。チャンピオンズリーグ連勝スタートとなりました。

しかし不安は一杯です。マルケスやプヨールを無理使いでつぶしたツケがきつい上に、デコ、チャビ、イニエスタのMFが動けなくなってくると致命的です。そろそろグジョンセンをMFで使う決断をしなければいけないでしょう。DFはもうどうしようもありません。神とバルデスに祈るのみです。

|

« UEFA-CL:バルサvsシュツットガルト放映予定 | トップページ | 35億年前のメタン生成菌 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16646752

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ 勝つには勝ったが!:

« UEFA-CL:バルサvsシュツットガルト放映予定 | トップページ | 35億年前のメタン生成菌 »