« バルサ:レンジャース戦放映予定 バルサ最大の危機 | トップページ | 2足歩行 »

2007年10月25日 (木)

バルサ:引き分けやむなし

Braugrana 故障者が多く非常事態のバルサにとって、今日のアウェイ戦はきつい試合です。デコの替わりにグジョンセンを起用。しかしロナウジーニョが実質トップ下なのに、グジョンセンがいつもMFの位置にいるのがいけません。もっとゴール前につっこまなくては攻撃に迫力が出ません。とはいえロナウジーニョが出ると、イニエスタとチャビのダブルボランチという感じになるので、中央突破は許しません。CBはテュラムとミリート、右サイドはなんとプヨールで、これが昔取った杵柄とはいえ、結構はまっていてかっこよかったです。

レンジャーズはホームなのに徹底した守備的なサッカー。カウンター以外の時はクーシャンひとり残して全員守備。これではなかなか突破は困難ですが、それでもプヨールのヘディングなどいくつかのチャンスはつくりました。ひどかったのはロニーのシュートを二人目のGKハットンに手で止められたことです。普通ならレッドカードでPKでしょうが、今日はレフェリーがレンジャーズよりでどうしようもありません。

後半になってもメッシ、アンリともに決定打なく、どうにもなりませんでした。終わってみれば、最後は危ない場面もあって、まあこの非常事態で負けなかっただけよかったなという感じでしょう。おそらくベンチがグジョンセンに厳しく指示を出していて、それが裏目に出たように思います。レンジャーズのなりふり構わぬ守備にも敬意を払いたい。

|

« バルサ:レンジャース戦放映予定 バルサ最大の危機 | トップページ | 2足歩行 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16864540

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ:引き分けやむなし:

« バルサ:レンジャース戦放映予定 バルサ最大の危機 | トップページ | 2足歩行 »