« 沈潜するピアノ エルフルン・ガブリエル | トップページ | もっと世界を、あたしは見たい by 白川由紀 »

2007年9月30日 (日)

サラとミーナ14: 洞毛

Sarah洞毛というのはヒゲというわけじゃなくて、ネコの場合まゆげも洞毛です。観察すると、長くて太くて動かせるというのが特徴ですが、毛根を調べると、洞毛の場合普通の体毛と違って、まわりを血洞(太い血管)で覆われています。

普通の体毛は、自分の意志では動かせません。ネコの場合、そっとヒゲにふれると、きゅっと顔に近い方に寝かせます。獲物をねらうときはその反対で、獲物の方向に立てる感じです。まゆげの方は、残念ながら自在に動かすことはできないようです。

ほとんどの哺乳動物は洞毛を持っていますが、残念ながら人は洞毛を持っていません(人のヒゲは洞毛ではありません)。鼻孔の両脇の皮膚はミスタシアル・パッドと言います。この部分の皮膚は普通の皮膚と違って、筋肉がすごく発達しています。

どうして人には洞毛がないかというと、人は二足歩行をはじめたために、暗闇だと両手を前に出して動けます。しかし四足歩行の動物は洞毛に頼らなければなりません。それぞれの洞毛には特殊な神経が伸びてきていて、洞毛の動きは脳に伝えられ、1本1本きちんと情報処理されます。つまり何にさわったかがある程度判定できるわけです。

|

« 沈潜するピアノ エルフルン・ガブリエル | トップページ | もっと世界を、あたしは見たい by 白川由紀 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

動物(animals)」カテゴリの記事

毛髪・皮膚(hair/skin)」カテゴリの記事

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16621655

この記事へのトラックバック一覧です: サラとミーナ14: 洞毛:

« 沈潜するピアノ エルフルン・ガブリエル | トップページ | もっと世界を、あたしは見たい by 白川由紀 »